FANDOM


DQN(ドキュン)とは、非常識な人間を指すインターネットスラング。

ウィキペディアの項目「DQN」も参照のこと

概要編集

基本的に「人として非常識な人間を揶揄する言葉」である。人によってその定義は様々であるが、一般的に

  • 素行が悪く暴力的
  • 礼節を知らない
  • マナーや法律を守らず、反道徳的である
  • いろんな面で非常識な点が目立つ

というような人間の事を指す。つまり一般社会において、周りの人間に迷惑をかけながら自身には罪悪感が無い「人間のクズ」という意味を持っている(なのである程度の仁義を通している悪をDQNと呼ぶ事は無い)。

学校生活に於いてのDQNとは少し定義が広がって、「騒いだりおしゃべりしたりして妨害を行う」「校内で大騒ぎするなどの迷惑行為をする」などの人間は学歴の有無に関係なく「DQN」と認定される。この定義だとどんな学校にも必ずDQNはいる計算になる。そのため、DQNは意味合いが異なる。

由来はテレビ朝日系のヒューマンバラエティ番組「目撃!ドキュン」。この番組は「崖っぷち夫婦に出演者がアドバイスやダメ出しをする」「一般人の出演者を生き別れた両親や大切な人に再会させる」企画が人気を博していたのだが、何故か出演する一般人に元不良や非常識な人間が多く(継親の元で虐げられ、グレたというのが主な理由)、「目撃ドキュンに出てそうな奴」ということでこれらのような人間を「DQN」と呼ぶようになったのが始まり。

やる夫スレでのDQN編集

やる夫スレ住民の中にはDQNから被害を受けた経験がある人間もいるため、その加害者であるDQNはトラウマを思い出させるためか、悪い評価を受けることがある。DQN認定される伊藤誠西園寺世界亀田三兄弟評価ぷりからも分かるとおり、スレ住民の心象を大きく下げる存在である。

学校生活などの日常世界が舞台であるやる夫スレにもDQNが出てきて、スレ住民からレスが飛ぶこともある。しかしたいていの場合は「勧善懲悪」といった形でお仕置きされる事も多かったりする。その場合心底で「やったぜ。」と思い、賞賛のレスを行うことも多い。

しかし、DQNが勝つようなストーリーであったり、主人公がDQNとなってしまうストーリーだと過剰に反応するやる夫スレ住人もいる。たいていの場合言い争いになったり、ストーリーを作った作者にも批判が飛び、スレが大いに荒れることも見られる。「北海道B級グルメスレ」や「やる夫は幸せになりたかったようです」がその主たる例で、物語が投下されるたびに読者同士が喧嘩をするため、作者に「喧嘩をするな」と苦言されたり最悪作者が投下をやめてしまう場合もある。また原作でDQNでないキャラを、やる夫スレでDQNキャラ扱いにしたりするなども荒れる原因となる。スレが荒れないためにはある程度のフォローが必要であり、DQNなストーリーというのはそのイメージに反して非常にデリケートな扱いが求められるのだ。またこちら側もDQN住人にならないように、対応についても弁える必要もあるだろう。

DQN役というのは物語を進ませる上で「要る」とされることも全く無い訳ではない。そのためDQNを上手く物語で調理できるかは、作者の腕次第なのである。

主な作品編集

やる夫スレでよくDQN認定されるキャラ編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki