FANDOM


              /:::::〃:::::::::::::::|:::::::l::|::|  \|::トヽ:::::ヽ:::::\
          .::::::::::l:::::|::|::::::l::|:::::::|:|:::|  /|::lハ:|::::::: ', :::::.│
.          //::::/::::|:::::|::|::l/|::|l::::::|| ノ/  j/| |l :::::::: l::::::::.ヽ
        //:::::::::::::|:::::ト|、{ j::八::::リイ ≫テ气セリ::::::::|::|::::::::.│
          〃 l::::l:::::l|ヘ::::|八|_≧|::\ 〃 ヒン彡:::::::::|::ト、::::::.ヽ
         ll |::::|:|::||::::ヽトィ灯う|::/         /::::::::::::_|)}::.:::.│
         || |::::|:|::|ヘ:::::::ヾミ ゝ |〈      /:::/:::〈 ::::::::::::.│
         || |::::|:|∧:::\{\           //|::l::::|:|   ::::::.│
         || |::::|:|:::::〉、::::|ヘ     ,...、    |::|::::|:|:::::::::::::::.│
        l| ∧::|:l//::\|::::\        /|::|::::|:|::::::::::::::::│
        /:: ヘい /l:::::|::|::l::::/> 、      _ l::|::::|:|\::::::::::.│
          //  ヽ〈 |:::::|∧∨::::::::::._〕T´ /  l:|::::|:|   .>、.___
            l| |:::::|::∧'、::::/   | /ヘ、  l|::::l:|:////::.::.::/\
              /::|| |:::::|/|:::\::|「\ ∨   \Ol:::l:|////::.::.:://\
          /::/l|/ ̄ ̄`V::リ/r=厶-<:::::: ヽヘ:::l|::::::: /::.::.::/    ヽ
           //´ /   \┐├く_,//lロく | |/ ̄ ヽ| ̄ /::.::.::∧   <_>、
           〃 / \_ `l ノ/〈〈ノハこノ‐< ̄ ̄`< ̄\/::.::\|「∪T V|\
          /  /  、  ヽノ:://`7/ | ト、  \::.::.::.::.:\ ヽ::.::.:: ||_H_|_h」. |
          /  /    \ノ//  〈/  |_|  \   \::.::.::.::.:ヽ ∨::.:: ̄ ̄ ̄.::.:\
黒神めだか
原作・出典元 めだかボックス
性別
愛称・呼び名 めだかちゃん
一人称
特徴 巨乳 アホ毛 完璧超人
備考 幼馴染:人吉善吉
  

黒神めだか(くろかみ -)は、西尾維新原作の漫画「めだかボックス」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「黒神めだか」も参照のこと

概要編集

主人公兼ヒロイン。箱庭学園第98・99代生徒会長。容姿端麗・文武両道、家は大金持ちという完璧超人。 人間離れした頭脳と身体能力を持つため「化け物女」と学内では畏怖されている。 「見知らぬ他人のために生まれてきた」を信条としており、性格は行き過ぎたレベルでの性善説信者(通称「上から目線性善説][1])である。また、制服を改造して胸元を大きく開いた生徒会専用制服を好んで着用するなど、露出狂の気がある。

幼い頃、自分の能力が規格外である事で他者に劣等感を抱かせ、数々の人物に挫折を味あわせていった結果、自らがなぜ絶大な才能を持っているのかに対して答えを見出せず、人生や世界を無意味で無価値な物だと思うようになった、という過去を持つ。その時に同じ病院に偶々居合わせた人吉善吉の「きっと、君はみんなを幸せにするためにうまれてきたんだよ」という言葉を受け、自らの「生きる意味」を他者の幸福にのみ見出すようになった。

基本的に肉弾戦を好み、戦闘でスキルを使う事はあまりない。また強い敵と相対するとテンションが上がる、言うなれば「ラスボス気質」の持ち主である。激昂すると「乱神モード」の状態になり、髪が薄紅色に変化し戦闘能力が向上するが、やや暴走気味になる。他人のスキルをその所持者よりも優れた状態で獲得(ラーニング?)する「完成(ジ エンド)」を持つ。対象は自身が認識できたものに限られ、また「過負荷(マイナス)」のスキルは自分が壊れてしまうために習得できなかったが、のちにそのスキルを又聞きした程度でも使用することが出来るようになった。

主な作品編集

脚注編集

  1. 悪行は悪として咎めるが、「本人が悪いのではなく、何らかの理由があるはず」と勝手に断定する。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki