FANDOM


           ___ _
  ,ヘ     , <:::::::::::::::::::::::::> 、
  |::::\_ イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    〉::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::∧
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ∨:::::::::::::::::::::∧
   |::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、_∨::::::::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::,|::::::/___|::::::::::: :::::::::∧
   /::::::::::::::::::::::::/.|::::/ ゞツ,|::::/::::::::::::::::::::\
.  /:/:::::::::::::::::/ :|:/ ー‐' |:/::::::::::::::::::::::::::::\
 / |::::::::::::::::/.  /   u. / |:::::::::::::::::::::| ̄ ̄`
    |:::::::::::::/、 マ==-'  /:::::::::::::|:::::::|
    |::::::::::/::::::> `二´ .</:::::::::::::/::::::::|
    |:::::::/::::::::::, <i  ノ /:::::::::::::/:::::::::∧
    |:::/::::, < / |_/三〉 /::::::::::::/ > 、:::∧
    |/|:::/ , ./ |ヽ三i |:::::::::::/  / ヽ:∧
   / .|:::| i ヽ | |||| |:::::::::/  /   |:::::,
     |:::| | ノ | |||| |::::::/   :|   |:::::|
     |:::| | ヽ | |||| |:::/    |   |:::/
    ノ/| ,   r'⌒ユヽレ' =   |   |/
    /  | ∨  〉    .〉、     ノ   |
        | ヽ ゝ __  /  > 、 :|   |
.      |  |    ` <    >、   |
.      |  |   ○ |  `<         |
.       |  |     |    `<     /
      |  :|   ○ |       ` ー
       |   |       |        i
黒木智子
原作・出典元 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
性別
愛称・呼び名 もこっち
一人称
性格 コミュ障 自意識過剰
特徴 非リア オタク
口調 口下手
備考 弟:智貴
  

黒木智子(くろき ともこ)は、谷川ニコの漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「黒木智子」も参照のこと

概要編集

主人公。高校生になれば何もしなくてもモテると思い込んでいた、オタクかつぼっちの「喪女」(誤解されがちだが腐女子やひきこもりではない)。読者からは「もこっち」の愛称で呼ばれる。

極端な引っ込み思案で、家族以外とはまともに会話が出来ない。たまに勇気を出して周囲とのコミュニケーションの改善を図っても、機を逃したり、そもそも改善方法の発想が痛々しいものだったりと、空回りするばかり。そのくせ自意識過剰かつ劣等感や嫉妬心に満ち溢れた性格をしており、何かあると心中で下種い妄想や暴言を連発する。クラスメートからは悪意を持たれて避けられているわけではなく、ただ存在感が希薄なために話し相手として認識されていないだけだという状況は、せめてもの救いか。テンパると吐くゲロインでもある。

貧乳低身長という幼児体型な上に外見には無頓着で、そもそもお洒落の仕方がわからない。一応素材はそれほど悪くはないものの、深夜までゲームやネットで遊んでいるため、眼の下には深い隈が刻まれており、ストレスと不摂生から瞳は濁っている(所謂レイプ目)。感情の入れ替わりが激しく、表情もころころ変わるのだが、それ故に年頃の女子高生がしてはいけない顔芸に発展することも多々。弟の智貴とは昔は仲が良かったが、現在ではウザがられている。

2013年にアニメ化されて知名度を得たことで、それまで限定的な存在であった喪女を知らしめ、萌え属性にしてしまったキャラクターである。同時に本来の喪女から拡大した意味に変質もさせている。

やる夫スレにおいて編集

基本的には原作同様の性格や役割の人物としての登場が多い。また化粧姿等として別の人物のAAを当てられる場合も存在する。

主な作品編集

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。