FANDOM


━━━━━━─────────────────────────────────────━━━━━━━
                   __         _/`ヽ‐-、.-ァ      __ __ __ .  ___ _   _ ____
                 , :': : ;.-`ヽ  .,..::'.": : : : : : :゙、: :、\     / /_. / / . / /    / /___ /∧ / /  ̄7 / ̄
                j: : :.i′   ./::: : : : : : :.!:.i: : i、: i`、`    ___7 / / /  / /_ ./ /___ //  V../ .  / /,
                ヾ: :゙、__,,.ィ:::::::: : i: : :|.::/_、!: :!‐ト:.i:`、    ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄   ̄    ̄
          __,,,,,,...:::::::::::::: : :`ー--‐''"!::::::::; i:.l: : :j:/゙_,,ヾ:l ィfホト`:、          _  __ __  __   __
       /´:.               l:::::::/:λi!: :イr'て゛リ `'゙ .          .   //_// .  / /  . / /   .  / /
        {:::;r_,;-‐--‐v=-‐'''" _,..:-` }::::/;ィ^ヾ!i; :| \ン    '_ !           // ̄//  / /   / /_,,  / /_,,
      ,rイ´,...-‐''ヾ゙゙´::..:...;.-''" _,.-  !:::;":::゙i:込:.i;.!:.      ´ ∧         ,,...  ̄   ̄   ̄ ̄   ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
    /, ′゛ ,r''゙゙ヽ〕_-''" ,.-'′   l:/::::::::|:_;;;;i: ゙:ト-- ,‐┬く: :ヘ       /     /´ ゙!i
-‐'''''ヽ!、     /^ー‐' ,..='"__     /::::::::::j:|-‐.i: : ト、./::i:::|:::i| ヾヘ.    ,r'>ッ,、r/,: ,レ小
     ゙:、   ノ__,,.-''ャ弋灯     / :::::::,'::/   .i; : i `<ヾj:::!l! ヾヘ. .:'゙ ,.::' .::/.:j"r'ァ,!'′
゙:、 ....:::::ヽ,.イャ弋}   `=‐  _,,-:'/ ::::::: ;':/ ィ彡=ヘ:.:iミ:、ヾ:{ノ! , -ヾ! . :' .:, /.:// .i{ 、ゝ
:;:`;.::::::::::::::i!'"l、 ` 丶 __、 ,,-'' .:/: .:::.:: .::::|//'´   ヾメ. `トミ\   ,.:' . : ,/,.:'/ イ:. ト`ヽ'、、
.i.;.;i!:::::::::::;リ::. 丶、__´ ,,-''   .::/: : .:.:: : :::::|/:..'    ヾヽ \_`ッ:、/ ,/ ; ィ /!:.|  ll,'`ヽ
.j.;:;|:::::;;-'':: ::: <   { ∠::. .:::::::/: : : .::: : :;:::;i'::.'´    .,:::/:ヾ:, .:.:/:〈゙!,:' ,:' /.:/:/ ハ .|  ll,',;' .}
;:-''::" :::i:}::: :: :;;-:ゝ:::V{{rヾ::::/: . : ::.:: .:;:::/:.' ...:;...::'::;::' '´::. .: /   ヽ , :' // /==:リ=='イ{、、:{
::: :. :::.. ヾ:;:.;:.|  ::://゙゙У:/: . : :,:.:: .:::':/;::.::.'.´ .,.:/:;..::   / .:  :゙! ./゙/: /:.  '′ '爪: :. !
:;:;:;:;:;:;:;.,.,.,`vi!:|  :/ム/, /: . : .: .:.:::.:::;ノ"  .,.::';ィ゙: :'..::::   ''⌒v:. .: ト、 '/:. ハ、    ' :バ、
---―''''"´ {:::| .:://:/'゛,':. : :.::.;'.::.:::;/ ...:;:::' .:/r'"..:::      ..:;':ヘ: .|-''/  i7¬‐--‐'''"ヾ i、
         l::| ::;',' ;'::::::i:: : .::: '::::;:r゙.:: ..;::.'.:::/:/:::::      .:: ,'::: :N .:'.:.:.:.:l// : : .:.:.:. : : : ゙、i,
       ゙;:.:.:.:':'::'.::::: !:. :.::.;:::;:'/: ,. :'´  /:/:::::...     ..::: .::   .:| .i .:.:.:.:|.:.:.:.  . : : . .:.:.:.:i,
       . : : :.:.:.:.::::/|:: .::;'イ厶':::   /:::'-、、、;;;;,,_ ..:::::::  _,;;;|゙、::::::::!:::::::::.:.:.:.:::::::::::::::.:.l
           ,.:':.:;i!:.::;!./゛:.    /::::;:':::::/ /  l  ̄ :「   | :!: ゙、 :::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::;
            ,.:';' :/'゙!::;/::.   ...:::/::::;:'_;/ ./  /.   |    ! l: ゙、
         /::;' :/ .!'::::::;::: ' .:/-:''"'  ,ノ   ,'   j   j! :!  ゙、
        /::;/: :,' /ミミミヾ、::::/,r'"  ,.r'"    {   j|   i:! i!=彡、
          /:/.i: :,' ,rク:、ヾミ:、/"{'"、 ,/     ノ   j:|   j:{  ヒ彡ィ
       ,':/ !: ;'.Υ  `'''〈::::;:ヽ、rく、      〃     !:!   |::l  リ、 l
━━━━━━─────────────────────────────────────━━━━━━━
黄昏探偵できる夫氏は奇妙な事件に巻き込まれ静岡を目指しました。
略称 静岡
作者 変態流石1 ◆MYhGttGAL6
ジャンル ゲーム ホラー
原作 サイレントヒル3
投下日 2009年12月25日
投下板 やる夫板Ⅱ
状態 完結
最終投下日 2010年7月10日
話数 全14話
主な登場人物 泉こなたできる夫朝倉涼子ダディクールやらない夫蒼星石
  

黄昏探偵できる夫氏は奇妙な事件に巻き込まれ静岡を目指しました。は、コナミのホラーゲーム「サイレントヒル3」を原作としたゲーム系中編やる夫スレ

作者は変態流石1 ◆MYhGttGAL6。2009年12月25日から2010年7月10日まで連載された。

あらすじ編集

あの事件から16年、比津筆こなたは16歳になっていた。

こなたは休日に訪れたショッピングモールで、探偵できる夫から自分の出生に係わる話を持ちかけられる。しつこいできる夫を振り切ったこなたは、モール内に怪物が溢れている事に気づく。こなたは家に帰るために、できる夫は事態の真相を知るために、悪夢のような世界を進んでいく。

概要編集

やらない夫は静岡を駆けましたの続編。泉こなたが主人公という珍しいやる夫スレ作品である。タイトルのできる夫はストーリーの中心に係わってくるが、あくまでこなたをサポートする役である。

今までのシリーズ同様、狂気と家族愛が見所だが、他の作品じゃ見られないこなたの姿も見所のひとつである。

外部リンク編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki