FANDOM


                    ,,       ||⌒ヽ、
         ||⌒ヽ、  ,,  '"          `丶》_,, -‐‐==;┐
         ||   》/  __             \''" ̄\| |
        /⌒¨`ー-r彡⌒i }                :.  \| |ニ=‐
.      /         |   | |                   ':,  ノ/、
.   ー‐=彡        |   | |                  '</  '
     /           |、  | |   |   /|   |、   _   \\  :.
    '            Ⅵ、\ ,j j  ,斗 '"/¨「`  | \´  |`  |ヘ⌒`  ,
    l /   .:    .:  〈 {\ノノ// l / 八   |   \  !   | ハ::ヽ l
    |/ /:::   .::::. :||\  l / |/    \ |  ァミx、|\ |::..::|、:lハ|
   // |:::::.   .::::|:::..::||    |/  ,ィ:テ"   `   {::::ハ l} ,'::ヘ}::::::|ハ|
  / |  |:::::::. .:::::|:::::::|ヘ    | 〃:::ハ       {r'゚ノ  !:l:::ト、::::’
     |  |::|::::::..:::::∧::::|ゝヘ   | 《 Vr' :ノ       `´  |::|::| ゙/
     | 八|::::::::::/  Ⅵ`ーヘ |  ` ´        丶 ```ノ::|::|
     |/   ヽ::::/   ‘|   rⅥ、  ````       .ィ::从!゙|
           ∨         ノ⌒ヽ、≧- .._   ´’ . <‐-レ゙
            -─、"\   `ー- ,,_/_ァ'ヘ     ハ
          /     ヾ:、\      |/  〉-‐.、   |
.         /       Ⅵ    _,, 斗-r'":::::::::::} j |
          '    \   ||,...::'"::::::::::::ノ--、,,斗-;:リ /八
        ノ      ヽ 〈:::::::::::::::/  `ヽ廴,,, |:|〈   ハ
鹿目まどか
原作・出典元 魔法少女まどか☆マギカ
性別
愛称・呼び名 まどっち
一人称 わたし
性格 引っ込み思案
特徴 赤リボン、ピンク髪のツーサイドアップ
口調 大人しい
備考 親友:美樹さやか志筑仁美
  

鹿目まどか(かなめ まどか)は、シャフト製作のアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「鹿目まどか」も参照のこと

概要編集

主人公。見滝原中学二年生で、美樹さやかとは同じクラスの親友。暁美ほむらの転入やキュゥべえとの出会いにより運命が変わり始める。メイン5人の中では最も小柄。

自分を何の取り柄もない平凡な人間だと思っていたが、類まれな魔法少女としての素質を持ち、それゆえにキュゥべえからは強く契約を勧められる。ほむらの警告や周囲の魔法少女たちがたどる過酷な現実を目の当たりにして契約に踏み切れないでいるが、かといって彼らを見て見ぬふりをすることもできず、傍観者として物語に関わり続ける。

つまり、上述のような経緯から(作品タイトルとは裏腹に)魔法少女にまだなっていない。主人公ではあるのだが、さやかやほむらにフォーカスが当たる事が多く、ここぞという場面になるまでは目立たない。ゲームやドラマCD、アンソロなどでは魔法少女として活躍が描かれており、この場合は自信なさ気な本編と性格が異なり、若干明るい性格になっている[1]。武装は魔力で編んだ矢を撃ち出す弓で、多数の矢を斉射したり誘導機能が付いている。願いから派生した魔法は回復魔法と身体能力を強化する付与魔法[2]。射撃や支援に偏っているためか、ソロで戦うのは少々苦しい模様。魔法少女としてのカラーは「ピンク」。

最終的には魔法少女すら超えた超次元概念になってしまう(パラレルのルートがあるが、本編最終話がこれ)。これには「アルティメットまどか」[3]という呼称がつけられている。「まど神様」「女神まどか」等とも呼ばれる。

Kriemhild Gretchen(クリームヒルト・グレートヒェン)編集

                                                 __ , ≠´ ̄ヽ
                                               _r"::::7´
                                            , -≦:::::::::::{
                                             /    `ヽ:::i
                                            '         }::ハ
                                                 i:::∧
                                                  ;::::::∧
                                                ,.:::::::::∧
                                                  /:::::::::::.:.:.ヽ
                                               /.::.::..::.:.:.::.:.::.:\
                                               ,イ.::.:.:.:.:i.:.::.:ヾ.:.::.:..ヽ
                                               /.:.:..l.::.:..:.l:.:.:.::..:〉.:.:.:.:..:\
                                          , イ.:.:ノ.:..:.l.:.:.:..:l.:.:.:.:.:;.:.:.:ヽ.::..:..:\
                                      , <.:.:/:/.:.:.:...ハ.:.:/i.:.:.:.:.:iヽ.:.:.:\.::.:.::.:ヽ
                                   , <.:.::.:.:::/.:.:./.:.:.:.:/.:.:i.:i.:.ト、.:.:.:l.:.}.:.:.:..:.i.:.、.:.:..:.:\
                                  ,..:.::..:.:.:/.:.::.:.:.;.:.::.:.:./.:.i.:.::.i.:.::.ハj.::l.:.ヽ.:.l.:ゞ、.:.:.:l.:.:.:ヽ.:.:.::.:
                           ,  <.:.:.:::.::./.:::...:..::./.:.::..:./:.::メ.:.:.:ヽ.:.:.i.:.::l.:.:.:ヽ!.:.:..:ヾ.:i.:.::.:.:ト、.:.:.:
                        ,   <.:.:.:...:.:.::.:...::.:/.:.:..:..://.:.::.:.:/.:../.::.:.:.:i.ハ.:.:l.:.::l.:.:.:./i.:.:..:.:.:jヘ.:.:.:.:i.:ハ.:.:
                  , イ.:..:.::.:.:..:., イ..:.:..:.:./.:.:.::.:.:.:/.:.:ハ.:.:.:.:{.::〈.:.::.::::.:l.:..::ノ.:.:.:ヽ./.:l.:.:.:.::.:}.:..:\.:!.:.:ヽ.:
               , ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ィ.:.::..:.:.:.:.:.:.:.:/i.:.:.::..:.//.:.:/.:∧.:.ハ.:.:ヾ.:.:../.:.:.{.:.::.::.:.::\ハ.:.::./.:.:.:.:.::.ト、.:.:..:.、
                /.:.:.::.:.:..:.:.:./.::.:.:..:.:.:.:...:.:.:.:/.:.!.:.:.:./.:.:.:{.:.::i.:.::.∧'.:.::l.:..:..}.:.:i.:.:.:.:ト、.:.:.:.::.:..:ヽ.:.:{.:.:...:.:.:.ノ.:.ヽ.:.::
                /.::.:.:.:.:...::.:./:.:..:..:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.::.:l.:.:..:i.:.::.:.:ト、;.:..:...::i.:.:/ヽ.:ノヽj.:.::.:.i.:.::\.:.:.::.::.}.:.:i.:.:::.:.:.:{.:.::.:.:i.:.::
          /.:.:..:.:.::..::.:./.:.:.:.:..:.:./.:.:...:.:.::.:./.:.::..:l.:.:.:.l.::.:.:.:i.:.:ヽ.:.::.::}.::i.:.:.:ヾ.:.:}.:.:.:.ハ.:.:..:.:i.:.:..:ノj:.:.:ヽ.:.:..ハ.:.:.,キ.:.:
            ,イ.:.:.:.::.:.::.:.:./.:.:.:.:.:..::.:./i.:.::.:.:.:./ヽ:.:.:..:!.:.::.j.:.:..ハ.:.:.}.:..::ノ.:.:ト、.:.{.:.:ヾ.:/.:.j.:.:.:.:l.:.r'.:〃.:.:.::}.,イ.::.ハ.:{.:i.:.:.:
          〃:.::.::.:.:.:.:/.:.::.:/.:.:.:::..:.{.:.ゞ.:.:.〃.:.:.:.i.:.:.:..ヽ.:'.:.:.:{.:.:.i.::..ゝ.:i.:.:..:iハ.:.:.i.:.:..:v':〃.:.:.:.:レ'.:.:.{.:.:.:.:.:i'.:.:ヽi.:.i.:ゞ、.:.:
          /.:.::....:.:.:/.::.:.:.::/.::.:...::.::.:j.:.:.:}.:.:.i.:.:.::.:.j.:.:::.:::.:.\.::.`ヽ.:..:.:.}:j.:.:.ノ.:.i.:.:j.:.:.:.:i.:.{.:.:.:..:.:.ヾ.:.:.:}.:.:.:.:.j.:.:.::リ.:.j.:.:.:.ヘ:.

魔女名は「救済の魔女(Kriemhild Gretchen)」。「慈悲」の性質を持つ。全身真っ黒で、まどかのシルエットのような上半身と無数の根が伸びたような下半身を持つ。その実力は舞台装置の魔女を上回るという。

舞台装置の魔女と対峙したまどかは今までの時間軸でこの魔女になってしまい、地球をわずか数日で滅ぼそうとした。

ほむらが何度も同じ時間を繰り返すのは、まどかの死亡及びまどかがこの魔女になってしまう運命を変えるためである。

外伝ゲーム「マギアレコード」では慈悲のドッペルとして登場。まどかを包むソウルジェムの姿として登場した。

やる夫スレにおいて編集

原作の話題性の高さから、早くから多くのAAが作られた。ファンタジー系の作品ではさやか・巴マミらの魔法少女とパーティーを組んで登場することが多い。単独で登場する場合は純粋な子役から腹黒い性格まで幅広くこなす。表情AAが原因で、黒いキャラ付けがされることがある。

アルティメットまどかで「神」などとして登場することもあり、そして時たま「ガンダムAGE-1 タイタス」と合体した「まどかタイタス」として魔法少女(物理)もできたりする。

また、ほむらがレギュラーとして登場する作品においては、まどかが物語開始時点で故人か植物状態などになっており、敵討ちや回復させることが彼女が戦う理由になっているケースが散見される。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「鹿目まどか」を検索

脚注編集

  1. 原作者曰く「魔法少女の力を手に入れてちょっと調子に乗ってる」とのこと。
  2. 出演作品によって使用可能魔法が異なる。回復はゲーム、付与はドラマCD。
  3. 元々は「ハイパーアルティメットまどか」で制作スタッフ内での便宜上の呼称であったが、それが外部に漏れて公式化した。

関連項目編集

  • まどかタイタス - 「ガンダムAGE-1 タイタス」と合体して生まれたネタあるいは派生キャラ。

外部リンク編集