FANDOM


              /     ヘ.             丶 、  ヽ
              ,'  ,    ヽ丶        、    ヽ  i   ハ
                i 丨l i  ! ヽ\ ヽ 丶  ヾ、 丶 ヽ  !  ,ハ
                 |  { .! ト、 ヽ 、\\丶 ヽ  ! \ ヽ ', リ   }
                !  ト.! ト、ヽ \ ヽ丶.ヘ、. _\ 丨 \ヽ ハ ソ !ハ.!
             ヽ  !ヽ { {\ヽ\ヽ ヽ \` \ {ヽ、 ヾ、レ'ヽ,ノノリ
              ヽ `r,`=゙= ヾヽ` ヽ \,._\`=゙=.ヾ//、} } ,/
               ヽ|l`゙、で_,ハ `ヾ,ヽ.〃´ ク じ,) ノ` }} 〈ヽ //'
                >ゞ `ー '´ 〃ニ,ヘ ´ ー‐' ノ′r'´/i´
               / ∧`" =‐ '´    ` ==‐ "´  ,`7l´.ll
                 , / ,/  ',       ;         /グ | |lー、
         ,, r<´〃,/    ゝ     、- ,.       / / l ,/lヽ. ヽ、
     , r<´-─、 // !ヽ    ヽ   _ _      ,イ /  l/ | l ヽ、 > 、
   ,.イ-‐      {.{   ヽ \.   iヽ  、二  ´  /r'´  /  !,' /  ヽ、 `>、
   / l         ヾヽ   \ \ lヽ\     / /l  i′  / /     ヽ、
.  i {          \\  ヽ  ∧!   ` ー '   / |  ,|  /  /
  l  V            ヾ\/!} / / !  \     / { /l ,/ , ′
  l  ∨            冫 { ゙ /ヘ. ト、   ヾ   _/!  !/ | / /
  |  ∨           / l /  ヽヘ `ヽ _〆/´    ,|'
  |   ゝ         ヽ ! {   ヾ、   /´   /|
鳴上悠
(月森孝介、瀬多総司)
原作・出典元 ペルソナ4
性別
愛称・呼び名 番長
一人称
性格 クールだが天然
特徴 灰色の髪 最大6股のフラグ建築士
口調 無口
  

鳴上悠(なるかみ ゆう)は、アトラスのRPG「ペルソナ4」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「鳴上悠」、「番長」もそれぞれ参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「鳴上悠」も参照のこと

概要編集

ペルソナ4の主人公。高校2年生。両親が海外に転勤することとなったが、言葉の通じない異国への移住を断り、母方の親戚である堂島家へ居候している。

口数は少ないが[1]、裏表なく、人付き合いも得意。ある日を境に、ペルソナを使った事件に巻き込まれていくこととなる。

ファンからは「番長」というニックネームを持つ。ゲーム中でそのように呼ばわるシーンは無く、別に不良グループのリーダーというわけではないのだが、挨拶に「押忍」という選択肢が入っていたり、親しい後輩が不良であったり、セーラー服+竹刀という女装姿を披露したりしたことなどから発生した。後に発売された格闘ゲーム「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」(P4U)でも「鋼のシスコン番長」という二つ名が設定されるなど、「P4主人公=番長」の図式はもはや公式化している。

シスコン番長と言われることからも分かるように、居候先の娘でもある、いとこの堂島菜々子を溺愛している節がある。

性格はクールだが、一方でかなり天然なところがあり、原作ゲーム中ではネタの意味で入っていたギャグ満載のセリフを、アニメでは惜しげも無く披露し、天然ギャグキャラとして地位を確立した。

なお、一級のフラグ建築士としても活躍しており、ゲーム中では最大で「6股」が可能[2]である。

名前について 編集

「鳴上悠」という名前は、アニメ版およびP4U(カッコつき)におけるペルソナ4主人公の名前である。

原作のゲームではデフォルトの名前はなく、プレイヤーが自由に設定できるため、決まった名前は存在しない。ただ、取扱説明書では「月森孝介(つきもり こうすけ)[3]」という名前が使われており、漫画版では「瀬多総司(せた そうじ)」となっている。このため、ファンの同人誌や二次創作では、この三つの名前のうち、いずれかが使われることが多い。ただし、近年ではP4Uでも登場したことから「鳴上悠」の名前が使われる事が多い。

主な作品編集

脚注編集

  1. プレイヤーが感情移入できるよう、あえてセリフを少なくしている。
  2. 作中における男前振りから二次創作などでは「※ただし番長に限る」、「番長なら仕方ない」で許されている節がある。
  3. 同じくアトラスが作製した「超執刀カドゥケウス」の主人公の名前がサンプル的に使用された。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki