FANDOM


          : ´ ._ ,,,≦ニ _`≧ 、 .i!  _  /  / __            ,x ´  /           /≧  _
     ,  ´   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::`≧´     `   '´      `  、       f   /             , ' /     ≧  _
   / , ' ,...'::::::::::::::::::::::::::::::/ー≠′              _ ャニ  ̄         i! 〃チ_ . . . -.―.- . . _   〃        _ ≧ _
 ./ / ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::〃      ,'          ´    ` : 、      i!, ≦ : : : : : : : : : : : : : ≧ /  , ´ _ ,, -―≠ニニ  ̄
, '   ' ,イ::::::::::::::::::::::::::>::゙'/     .,′                \ _ . ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ ,...-‐ : ´: : :_: _; : _:≧. 、
. ィ   ,ィ:::::::::::::::::::>:::゙´::::::::/       ,′             -‐=マ  ̄ `: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :f /i´ ; ;、-‐  ̄    ` 、:` : : `ヽ
′,.ィ:::::::::::::>;:´:::::::::::::::::::/       i!   i!         ハ. ,   ハ': ; : : ‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i从x=―-  _     \: : : : : ヽ
.≦:::::;> ´ /:::::::::::::::::::::::/         i!    .i!       i!   i!乂!     i!': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ'‐: 、 、.    \     ヽ : : : :ハ
   ̄   ハ::::::::::::::::> ′    ., 、i!     i!   .i!  ハ  i! i i!     }: : : : :: : : : : : : : : : : : : 、: : : : :ヘ: : : : : : : : `ヽ       \    ∨: : : :',
    / ,'::::::::::; ィ .i!.      ,.ク i!     ハ    ハ. / ヽ i!.刈    i!: : : : : : : : /ヾ : : : i!: : :ハ: : : 、: :ヘ: : : : : : : : : : i!ヽ.  _ヽ .\    '; : : : :i
    /ィ i!:;> ´    .',       {  i   .i ',.   i!./i` 、i .ゝ′!   ,′: : : : : :i!:{  ヾ : ハ';: : :ハ: : : ∨ ';: ;、: : : : : : : i!  ` ‐-  _ ヽ.   i!: : : :i!
.  /  ゙′       .',     冫 .i    !  ヽ乂  ',  リ`i! `,i! /.i!/: : : : : : : :{: i  i!.ヾ: ハ/ : : ',: : : :i!: f.′ヽ: : : : : :i           ̄   .i! : : : i!
. /    _        ∨彡≠ ´ .i!   i!       ヽ  ', //./.′: : : : i!: : :トヽ 、_,xイ- 、: : } : : ,' i:i!こ り: : : : : ,′          ,' : : : :i!
_,,..-=≦///// ̄≧=='‐-.. _   i!   i!          、/ィ /! ハ: :| : : i!、 : iゝ! , 、' 仗  ,ハ.,': :/ : i! i '´/ : : : : /              ハ : : : ;′
、//////////////////////:≧ュi!、 _  i!      _    r‐ ´ iメ .|i! ∨: : : ';: ヽ:i/     `~´  ,' ; ' i! /: i '; : : : 〃            〃 '; : :/
 i///////////////////////////;≠i!    辷_`ゝ-'   ′ i!  ∨ : : ';: i、´       /´   !: : i!  リ ヘミく            ′ .';:リ
 i!//////////////////////> ゙´  ,′      ,ノ             ' :.i、: : : :`ヽ     ,ィ    .i! : ;     冫, - 、           i!|
. i!//////////////////> ゙´.、i!  .i!,.-..、 _    !,′          ヾ ` 、:i!: :i ゝ こ三‐ノ    |: :i!   ,.ィ:::::ヽ. , `  、
 _ゝ//////////////// 、::::::::::|   .i::::::::::::::` ̄ .i!                 マ !  `ー、      , ィ.i!: i ,..イ::::::::::::::/     ` .、
´///////////////:/:::ゝ、 \::;!   i!:::::::::::::::i!  i!                 ヾ、    ー‐≠´ ,ゝ.i! i!´::::::::::::::::/           .、 _
///////////////::::::::::::::::>.、i!   i!;;> ゙´!  i!                          _  ´ i::i!:i!‐ ;::::::::/            /::/` ァ
魔法少女 文化汚染(サブカル)なのは(仮)
作者 ◆DAZiCeQp.w
ジャンル アニメ
原作 魔法少女リリカルなのはシリーズ
投下日 2014年8月1日
投下板 やる夫系雑談・避難・投下板
状態 エター
最終投下日 2017年3月19日
話数 31話
  

魔法少女 文化汚染(サブカル)なのは(仮)は、魔法少女リリカルなのはシリーズを原作とした長編やる夫スレ

作者は◆DAZiCeQp.w。2014年8月1日より不定期連載されていたが、2017年3月19日を最後に更新が途絶えエターとなった。

概要編集

一見すると原作の流れに沿って物語が進むかのように見えるのだが、やる夫というたった一人のイレギュラーのせいで方向性が180度どころか次元の壁をぶち抜いたかのようなレベルで変化してしまっている。

やる夫という人物そのモノは、特別な力もない、原作知識がある転生者やオリ主でもない、本当にただの一般人でしかない。しかし、彼が原作キャラ達と出会った時、単なる世間話の流れで紹介した作品に汚染され、キャラ達が自分で自分を魔改造し始める。三つ子の魂百までというか、子供の情操教育がどれだけ重要なのか痛感させられるかのような物語。ホントどうしてこうなった。

また、AAでの表現以外に、地の文を活用することで小説かのような読み応えがある内容になっているのも特色として挙げられる。

主な登場人物編集

  • やる夫 - ネグレクトの被害を受けた過去を持つ苦学生。原作キャラ達から見ると、面倒見の良いお兄ちゃんであり、下心皆無。
  • 高町なのは - 一人宇宙艦隊。どうしてこうなった一人目。やる夫に薦められたハヤカワ文庫でSFに目覚め、さらに魔法の力を得てしまったことで、自らの妄想を実現せんとする。戦闘時の言動は恐ろしく辛辣。
  • フェイト・テスタロッサ - 一人ジェダイオーダー。どうしてこうなった二人目。やる夫の家でたまたまスター・ウォーズを見たことで、フォースを魔法で再現した戦闘に開眼する。「May the Force be with you」。なお、なのはとは相容れない道を進んでいるため、原作のような親密な仲ではなく、むしろ疎遠と言ってもいいかも知れない。
  • 八神はやて - 一人ダークファンタジー。どうしてこうなった三人目。やる夫に紹介された『エターナル・チャンピオン』シリーズでハイファンタジー中毒になった厨二病患者。

外部リンク編集