Fandom

やる夫 Wiki

雛苺

5,764このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
                _ _rvェュ
           _rv'⌒X>'´: : : : : :ヒ= 、
        ___rレvュ-√: : : : : : : : : : | :ヽ\
       />'´: : : : :/rヘニ>‐- 、:_:_:_:_ヽ:__>'
.      〈r┘: : : : : : //ひヘノ`ーヘ仁ニ=-┘「丶、
       | : : : : : :/ ノ l ヽ ヽヽ、、└ヘj>! } } 
      r'X : : ;ィ7イ7| ト、ト、l | | l l| l| | ∨ 〈
    rク :l //:/ )| | l | | | | | l ∟|-|‐┤! ,'ハ くミヽ
   └'ー-く/:/_ノ | | | |_l | l | | l |」l_l_ ノ,'/! /\`ヽ\
      /彡∨ ハ |l ヽX´ヽ、}ノ }ノ '  ̄`///^ヽ /人リh l
    く\ //l l | Yヽ ,x≡  ,   "" { レイ彡' }ニ彳り
      `ヽレ-ヘヽミ}ヘ.′ "゙  r ^   / くんイ}ノ‐<_
     ー个==彡仏‐ ヽ、  ヽ ノ , イ{/rク^7マ⌒)厂
         `て(=≠7乙厶>¬冖´ {_V/: : : : \
            }厂/ : :`ヽ:\_r=ニYヽ、: : ; : : : ヽ
              / : : : : : : : :厶ぐ:) rヘ、 ∨: : : : : }
           /: : : : : : : / /^l ̄ (ヽ { ト、: : : :人
             /: : : : : :.r‐{r‐ヘ / }_ノ { / :Vl : : : :〉
         /: : : : : : : Y^⌒ ヽ└勺`7/: : :}ヘ: : : l
          〈: : : : : : : : ハ: : : : : : :\Y¨/ : : : : :ヽ:.:.|
         ヽ、: : : : : | |: : : : : : : :/了: : : : : : : : Vハ
.            〕 : : :_r1:|: : : : : : :/ : :\: : : : : : : : ヽ〉
              ヽ }:/:': : : : : : : : :〉|: : : |lト、: : : : : : : :}
            //,' : : : : : : : : :/l |: : : l||∧ : : : : : /
              // :ヽ : : : : : : : ':l|| |: : 〈ノ|ニ|` ¬ー'′
雛苺
性別
一人称 ヒナ 雛
性格 姉妹の中でも特に幼い
特徴 苺大福(うにゅ~)大好き
縦ロール リボン
口調 語尾に「なの」
備考 契約者:柏葉巴
  

雛苺(ひないちご/Kleine Beere[1])は、PEACH-PITの漫画「Rozen Maiden」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「雛苺」も参照のこと

概要編集

ローゼンメイデン第6ドール。一人称は「ヒナ」、好物は「うにゅー」と呼んでいる苺大福。人工精霊はベリーベル(ピンク)。姉妹の中で最も外見も思考回路も幼い。純真無垢で泣き虫と幼女そのものの性格をしているが、アリスゲームに臨むだけの芯の強さも持っている。雪華綺晶が登場するまでは他の姉妹の末妹扱い[2]で、真紅からは家来扱いされ、翠星石からは「チビ苺」と呼ばれいじめられていたりした。

能力は「苺わだち」。攻撃自体よりも、相手の動きを止めるために用いられる。

柏葉巴と契約したが、暴走で巴を危険にさらしてしまったことで、自ら契約を破棄しアリスゲームの資格を失う。本来ならそこでゲームオーバーとなるところだったが、ジュンの力を真紅を介して受け取って動いているという、真紅の家来という立ち位置となる。その後は日常シーンを彩る役として活躍するが、アリスゲームが激化すると原作アニメ共に脱落者となってしまう。

孤独に対して恐れを抱いている。これは、過去のマスターであるコリンヌ・フォッセーとの別離が心の傷となっているため。[3]

公式スピンオフ漫画「ドールズトーク」では主人公をつとめている。

ヒロインではなく、幼女キャラとして編集

その父性本能をくすぐる仕草から人気も高く登場頻度も高いのだが、彼女がヒロインであるやる夫スレは少ない。理由はやはりその見た目と行動にあり、ヒロインを張るには見た目も内面も幼く、無理やり大人の役にしようともやはりアニメでの彼女の幼女としてのキャラが先に思い浮かんでしまって役にハマらなかったのが原因。

しかしヒロインとしては無理でも、妹や娘キャラとしてなら彼女の魅力がいかんなく発揮される。幼女とされるキャラの中でも特にAAの種類が豊富なので動かしやすい、人気のあるRozen Maidenのキャラの妹や娘のキャラとして汎用性に優れ、なにより原作のキャラが完成されていてものすごい魅力的。もともとの原作における人気も高く、「物語を彩る名子役」としてやる夫スレではかなりの登場頻度を誇る。

やる夫スレにおいて編集

やる夫スレでは、ほぼ原作どおりの純粋無垢でなお子様キャラとしての登場がほとんどである。前述の通り、ヒロインとしての起用は少ないものの妹キャラとしてや娘キャラとして頻繁に登場する。「見た目がうにゅーそっくりなやる夫にものすごく懐いている」という設定もあり、やる夫に抱きついたりうにゅーと勘違いしておもわず噛み付いたりすることも。

ギャップ狙いで、性格の黒いいわゆる「黒苺」として描かれることもたまにある。またAA作成スレでは「大人になった雛苺」という大人バージョンの改変AAや18禁のエロものも作成されていて、純粋無垢なお子様キャラではない新たな雛苺像が確立されてきている。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「雛苺」を検索

脚注編集

  1. アニメ版から見られる西洋名。
  2. 7番目には誰も会ったことがなかったから。
  3. このことから、原作版では第二次世界大戦期のフランス(ドイツのフランス侵攻)のお屋敷にいたことが判明している。全ドールを見渡しても、過去のマスターが明らかになっているドールは少ない。アニメ版においても類似の過去をもつ事が示唆され、現代での彼女を形成する基となっている。

関連項目編集

  • 柏葉巴 - 契約者。既に契約は失われているが、契約解消後も仲が良い。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki