FANDOM


Fateシリーズ > Fateシリーズの登場人物一覧 > 間桐慎二
                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\
               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} }
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!
                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,
        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |
間桐慎二
原作・出典元 Fate/stay night
性別
愛称・呼び名 ワカメ
一人称
性格 陰湿、自尊心が高い
特徴 小物
備考 義妹:間桐桜
  

間桐慎二(まとう しんじ)は、TYPE-MOONの伝奇活劇ビジュアルノベル「Fate/stay night」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「間桐慎二」も参照のこと

概要編集

衛宮士郎の同級生にして親友。間桐桜は義妹。第五次聖杯戦争におけるライダーのマスター。

魔術師の名門一族である間桐家の出身だが、体内に魔術回路を持たないため自力では魔術を使えない。そのことに強いコンプレックスを抱き、八つ当たりで義妹の桜を虐待していた[1]。そんな折にサーヴァントのライダーを手に入れた事で力に溺れ、調子に乗った言動が目立つ。サーヴァントの強大な力を我欲のために悪用している。またルートによってはあろうことかギルガメッシュと契約、当然のごとく駒として利用されているだけだが自覚はない。[2]

典型的なエリート意識の持ち主でありゲスな言動も多いが、根っからの悪人というわけではない。打算込みとは言え友人を大切にする面もあり、コンプレックスさえなければ善人に成長していたのでは、とも言われている[3]。ただ、残念ながら原作ではそのような面はほとんど見られず、実に嫌らしい小物としての行動に終始する。当然、あまり人気は無いが、生まれが原因で、その在り方を歪められた哀れなキャラとして、読者からの同情の声も多少存在する。

弓道部の副部長を務め、成績優秀、容姿端麗、良家の子息という立場から普通の(本性を知らない)女子にはよくモテる。一般人としては非常に優秀な人物。ファンディスクやスピンオフ作品では、態度は大きいがヘタレで小物という面が強調され、ギャグキャラクターとしての立場を確立している。聖杯戦争を経ても生きていることができれば、更生の余地もなくはない。

「Fate/EXTRA」にも登場。性格はオリジナルの間桐慎二に近いものがあるが、物語の舞台が電脳世界という関係上、彼の姿はアバターにすぎず、実際の彼とは異なる。こちらは同姓同名の別人とでもいうべき存在である[4]

やる夫スレにおいて編集

原作の卑屈な性格のまま、脇役のヘタレやDQN、ないしは中途半端な実力を持つかませキャラとしての登場が多い。基本スタンスはやはり小物。しかし、物語の展開によっては改心して善人になったり、最初から綺麗な状態の爽やかなイケメン、原作の性格と似通ったツンデレキャラ等というセオリーから外れた形で登場する作品も少なからず存在する。

主な作品編集

脚注編集

  1. 続編のファンディスクでは立場がすっかり逆転しており、本人曰く「養鶏場のチキンのように震える日々」が日常と化している
  2. だがアニメ版において慎二が『王の財宝』に収納されるという珍事が発生。
  3. 事実、企画段階では、士郎と共闘して桜を救い出す展開も考えられていたが、「慎二が主人公になってしまう」という理由から削除された。
  4. 中の人は8歳の子供。アジア圏屈指のゲームチャンプでクラッカーとしての腕前は相当に高いが、精神年齢は年齢相応。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。