FANDOM


          , ─── 、
       ゝ/_________\
      /  | / / ⌒ ヽ ⌒ヽl
       l   |─|   ‘|‘   |
      Y⌒   ` ー  oー ヽ
      ヽ_     ___   ノ
          \   \ __ / /
         ,-` ー── <
       / __l/l ,-、-く ヽ
      /  // ̄ ヽノノノ  |
    , ┴‐ 、ヽ  __ / |
   /    /  ̄ `\      |
    |──|/       \‐──|
    |   /  ̄ ヽ/     |    ノ
    |  /    / \_ノ   /
野比のび太
原作・出典元 ドラえもん
性別
愛称・呼び名 のび太
一人称
性格 駄目人間
特徴 眼鏡、長袖半ズボン
備考 親友:ドラえもん
想い人:源静香
  

野比のび太(のび - )は、藤子・F・不二雄の漫画「ドラえもん」の登場人物。

ウィキペディアの項目「野比のび太」も参照のこと

概要編集

ぐうたら、のろま・運動音痴・頭も悪い・運も無い・金もない・おまけにエッチと救いようがないほど低スペックな小学生[1]。しかしあやとり、射撃に関してはずば抜けた才能があり、ドラえもんの出すひみつ道具の悪用に関しては天才的など、ある意味初期のやる夫に良く似たキャラクターである。便利な道具で痛い目に遭うのもお約束。

能力は低いものの、心根はとても優しく、義父となる人物からは「他人の幸せを願い、不幸を悲しむことができる。人として最も大事なものを持っている人間」と評された(のび太の結婚前夜)。

また大長編・映画版はタイトルが「のび太の○○」「のび太と××」となり、主に異世界での冒険になるとのび太が大活躍する。いわゆる各キャラへの劇場版補正だが、のび太は特に主人公として強化される。

そんな彼だからこそ、ドラえもんという圧倒的な主役に負けない、もう一人の主役としての地位を確立できたのかもしれない。[2]

やる夫スレにおいて編集

やる夫スレでは、特に初期の作品で、原作キャラから大きく乖離した外道・変態キャラとして用いられる事が多かった。このようなキャラクターの形成には、2008年頃にVIP潮吹あわびが投稿していたAA作品で確立された、ド変態で救いようの無いクズなのび太の影響が大きい。

こういったネタを使う傾向も時間が立つにつれ風化し、原作を意識した「頼りないが善人」もしくは「ダメなヤツだが憎めない」と言った設定で登場する場合が多い。

また、男前・成人男性調の「リアルのび太」AAが作成されている。これを用いて格好良い役回りも増えて来た。この場合、原作での銃の腕前は一流という設定から、凄腕のスナイパー、もしくはそういった趣を感じさせる知的で冷静な人物として描かれる事が多い。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「野比のび太」を検索

脚注編集

  1. 基本的には4年生、アニメでは5年生とされている。ただし漫画は学年誌に複数にまたがって連載されていたので、年齢はエピソードによって変動しており、時間経過に伴う成長は特にない。
  2. アメリカではすぐドラえもんや道具に頼ろうとすることから子供達が自立できない大人になるのではないかと危惧され、放映中止という事態になったこともある。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki