FANDOM


邪気眼(じゃきがん)とは、自分に特別な力があると妄想して、それを周囲にひけらかしたがる症状のことである。

ニコニコ大百科の項目「邪気眼」も参照のこと

元ネタ編集

276 名前:ν速民:2006/02/12(日) 06:32:24.10 ID:hTmxoedt0
中学の頃カッコいいと思って
怪我もして無いのに腕に包帯巻いて、突然腕を押さえて
「っぐわ!・・・くそ!・・・また暴れだしやがった・・・」
とか言いながら息をを荒げて
「奴等がまた近づいて来たみたいだな・・・」なんて言ってた
クラスメイトに「何してんの?」と聞かれると
「っふ・・・・邪気眼(自分で作った設定で俺の持ってる第三の目)を持たぬ物にはわからんだろう・・・」
と言いながら人気の無いところに消えていく
テスト中、静まり返った教室の中で
「うっ・・・こんな時にまで・・・しつこい奴等だ」
と言って教室飛び出した時のこと思い返すと死にたくなる

この他にも、漫画に影響されてボクっ娘になったり、キョンのような無気力ツッコミ型に憧れて真似をするなどというパターンも存在する。

語源は『幽☆遊☆白書』の「邪眼」かと思われる。

詳細編集

現在は中二病の定義が広がったため、そちらの一種として扱われることが多いが、厳密には異なる。本来の中二病が「周囲よりも大人びてる俺カッケー」というひねくれた背伸び・カッコつけであるのに対し、邪気眼は「我は素晴らしい妄想が出来て、それが楽しくてたまらないのだ」という一人遊びを拗らせたものである。

SSなどの二次創作でオリジナルキャラクターが大活躍する作品などは、「邪気眼設定」 や「邪気眼作品」と呼ばれたりする。

関連項目編集