FANDOM


                              ,ィェ、
          ,,-、-ー-、-''''ヽ'ヽ'`ーー';ー;ー--;;、,ィ薈ト,;;^ヽ
__    i ̄ ̄i i,,ゞ:;ゞ:;ヾ :::ソゞ:;ヾ ゞ:;ヾ :::ソ:::ソゞ:;ヾ :::ソヾヽ
|ニl三三三三王王lヾ :::ソゞ:;ヾヾ :::ソゞ:;ヾ ゞ:;ヾ ゞ:;ヾヾ:::ソ、                      _,..-'''"
i, -;;,;,.十王王王王|___i_____ヾヾ :::ソヾヾ ::iiii:i;i;i;;;ソヾヾ iii:i::iソiヾ,,.. .-- 、,,.. ,,...... ,...,.. ,.. ,..,.. ..,_,..-'''":::ゞ:;ヾ ゞ:;ヾ
,.;;:。;ヾ:;;ヾ::、ヾ;::ヾ、ヾ;、゙、,.ヽ(;;:)。;):;;)、`;:ヾ;ii:ii;iヾ;;;;:i:i:iソゞi:iiii;i;ヾ_______________________________ノ__:::ソ::ゞ:;ヾ ゞ::ソ__:::ソ
::::Y'';i;;::;Y'';i;Y'';i;;Y'';i;;;Y'';i;;;Y''=ァi;;;=='', --- 、..iiiiiiiiii;;iiiiiiiii;;iiiiii;;iiiiiiii;;ヽi   ̄! ̄! ̄! ̄! ! ̄ ̄! ̄ ̄! ̄ ̄! ̄ ̄! ̄ ̄!
'''''''"'"'"'""~____,,.. .....--‐‐'''":::::::::::::__,;,;,,;;,,;;,;,,;,;;;,;,,;,;,;‐ '';'';';""ニ ̄ :.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:
''''"""""~ ̄   :':':':' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ : : : : : : : :.:.:.:.:._:.:.:.
_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:
:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : _: : : : : : : : : :_ : : : : : : : : : : :
.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:. : : : : : : :_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : :_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:

              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              
                       ――  蝙蝠たちの見た夢 ――
              
              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
蝙蝠たちの見た夢
作者 ◆sM6V..1tpQ
ジャンル 小説
原作 司馬遼太郎
時代 戦国時代
舞台 日本
投下日 2011年6月11日
投下板 やる夫板II
状態 エター
最終投下日 2011年7月23日
話数 5話+番外編1話
主な登場人物 柊かがみやらない夫
  

蝙蝠たちの見た夢は、司馬遼太郎の小説「夏草の賦」を原作とした中編やる夫スレ

作者は◆sM6V..1tpQ。2011年6月11日から7月23日にかけて連載され、エター

あらすじ編集

織田信長が尾張から美濃へと進出し、岐阜城を本拠とした早々の頃のこと。

岐阜城下一番の美貌の持ち主と名高い菜々(柊かがみ)のもとに、ある日奇妙な縁談が舞い込んだ。人のかわりに鬼が棲むといわれる遠国土佐の英雄児・長曾我部元親(やらない夫)が、織田家と誼を結ぶため、家中の娘を求めているという。美濃から遠国の土佐に輿入れするなど、当時の感覚ではほとんどありえない、御伽噺に近い事態である。だが、面白い人生を送れそうな予感に菜々は縁談を承諾する。

概要編集

原作に忠実に、かつわかりやすさを重視してやる夫スレ化された作品。タイトルの「蝙蝠」は織田信長が長曾我部元親を評した「あれは鳥無き島の蝙蝠」に由来する。のちに元親の期待を一身に受けて育ち、長ずれば家中一同に慕われ、そして長曾我部家の悲劇を象徴することになる嫡子・信親が誕生した回まで投下されたが、2011年10月5日に多忙を理由にエター宣言が出された。

主な登場人物編集

  • 菜々(柊かがみ) - 佳人だが好奇心が強い。夫に仕え、子を産むことだけが女の一生ではないと思っている。
  • 長曾我部元親(やらない夫) - 土佐に戦国の風雲を巻き起こした男。野望は大きく、天下を狙う。
  • 斎藤内蔵助利三(泉こなた) - 菜々の兄。のちに明智光秀の侍大将となる。晩年に儲けた子がお福(春日局)。
  • 明智光秀(ダディクール) - 美濃出身の織田家家臣。斎藤家とは縁戚関係。菜々に縁談を持ってくる。
  • 宍喰屋(ドクオ) - 土佐出身の堺の貿易家。菜々と元親の縁談の仲介をする。
  • 織田信長(ルルーシュ) - まだ尾張と美濃を勢力下に置いているだけだが、『天下布武』の印を使い始めている。
  • 木下藤吉郎秀吉(太公望) - 織田家の出頭人で名物男。明智光秀のライバル。
  • お里(涼宮ハルヒ) - 菜々の乳母。菜々に従って土佐についていく。菜々の性格を知り尽くしている。
  • 与兵衛(白石みのる) - 織田家陪臣。菜々の土佐行きに随行し、そのまま長曾我部家に仕える。
  • 小少将(峰不二子) - 元親の側室。華麗なる男性遍歴の持ち主。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki