FANDOM



 ヽ、                           ┳━┓ ┏━┓ ┏┳┓ ┳━┓
 ∧ `<、                       ┣┫   ┣━┫   ┃   ┣━
  ,∨   `><___-――、       ┻     ┛  ┗   ┻   ┻━┛
__>、ヽ-‐´´  >< ヽ:::::::::::::::`\
>―>\ ̄ ̄::´ーー`≧ |::::::::::::::::::::::|        ~ 聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです ~
゙´/‐‐:::\\::二二二二‐‐-<__::::::::|                                    / ̄ ̄`ヽへ、
´::::::/´`::::\\=--::__::>::、::>-≠=―                                 ノ  _/ゝ.._ /  , ゝへ
:::/::::/::/:::|::::::\.\:::`ヽ、二‐\__\                                    (_/  | . / _ / /  ,. `へ
/::::/:::::|::::ヽ:::::::::\ \::::::::\ ̄ ̄ヽ ̄:ヽ                                ____ ノ /  / /  / / . /ヽ
:::/|::::::|:|::::::ヽ:::::::::::\ \:::::::\:::::ヘヽ、:::ヽ               ___              (    〉   /  / /  / / / /
:i::::|::|:::|:t::::::::ヽヽ、:::::≠ \::::::lヽ:::ヘ  r ‐、           /     ヽ            `──´⌒`/ _/ / _/ (__/ /
i::::i:::l:::lヾヽ::ヽ:ヽ `∠,ゝ  \|:::\|  /  i           /         \                   〈__ノ 〈_/. _  /
|:::::l::l‐|-,,=ゝ::ヘ ヽ〃r:::リ,\   \/ /   .|.         │      丿   \                   /ヽ___ ̄/
:i:::::i::i/匕¨弋丶ヽ  ゝ‐′l\   \′   ∧        │.  \  /(●)   ゝ._丿\./ ̄ ̄ ̄\へ_/ヽ______丿ゝ
:y、::ヽ:乂_シ_  _ `,    l:::∧、 /   /           ヽ (●)          /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
. {,\:\`゙、 .//.   イ .人/  >′   /\            ヽ     _ ) ./.:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
――\\/:::/ r、´ ./ / レ 〆    /   | \    ,,,      \(_ ノ   .|`ヽ、ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ̄, ‐‐ゝ―≠∠/;;/     ∧  |  \ >_",<´.        ヽ _ ノ.\ │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  --__ /{:::::::ノ/_ /_´;;;;;;;;ヽ  /  ヽ |   > /            /  \|. │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ´ ―/ ≠´-:イ;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;`/ ┐  /∨´/ /            /___ |. │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、_/
  / / /:.:.:.:.:∧;;;;;;;;/ \ll/ 、`ヽ / / /. /        /    ///::< ∧.│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
 /:.└:.:.:.:.:/´;;;;ヽ;;;/    \;;|;;ヽ〃//. / /    __ . /        /......:::::| ∨.│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i;;;;;;;;;;ヽ;;l 、    \、;;;/  / /   >/`,.         ∠二..:::::::::::`| | ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
| |:.:.:.:.:.:.:.:/ l;;;;;;;;;;;;ヽ;;;\    ゝ′ / /.><´ <- /.          /_/.  ̄/:::::::ヽヽ│::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
| |:.:.:.:.:.:./;;|‐‐‐‐ゞ;;;;;;;;;;;\   ヽ / /´´  /   /.          ◇...   `|:::::::::| |.│:::::::::::::::::::::::::::::::::/
| |:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;ゝ    |;;;;;;;;;;/ 、  ∧./   ./   /....  ̄ヽ._____    _/.:::::::ノノ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/      ____
ヽヽ:.:.:.:.|___|    |;;;/   ヽ    .∨./    /   ,. `\___\/::::::::::::::::::| |   ヽ::::::::::::::::::::::::::\.  /:.____`ヽ
、ヽヽ:.:.:|   ヽ   |′     >、l   ヽ   > ´ ´   __/:::::::::::::::::::::::::::::::::| |    ):::::::::::::::::::::::::::/_/.:/.       ヽ 
聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです
作者 ◆ZgBVPMkxkQ
ジャンル ゲーム系
原作 Fateシリーズ
時代 現代
舞台 日本
投下日 2010年10月30日
状態 完結
最終投下日 2012年4月1日
話数 全38話
主な登場人物 やらない夫高町なのはフェイト・テスタロッサ平賀才人やる夫
まとめ やるぽん!
  

聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようですは、TYPE-MOONの伝奇活劇ビジュアルノベル「Fateシリーズ」を原作としたゲーム系長編やる夫スレ

作者は◆ZgBVPMkxkQ 。2010年10月30日から2012年4月1日にかけて連載された。

概要編集

時代背景は第5次聖杯戦争後であり、原作のキャラクターも登場するが回想に多少出てくる程度で本筋にはあまり関係はない。

メインとなる主人公はやらない夫陣営であるが、様々な登場人物の視点で物語が描かれている為 多方面で聖杯戦争の全体像を感じ取ることができ、まさに群像劇と言える。

細部に至るまで作り込まれており、サーヴァントのステータス画面や原作ライター「奈須きのこ」を彷彿とさせる戦闘・情景描写等の文章力は必見の出来。

原作を知らない読者の為の補足や注釈も充実しており、Fateシリーズ経験者・初心者関わらず楽しめ読者を選ばない作品となっている。

あらすじ編集

"聖杯"――それは、万能の願望機――

これは、その聖杯にまつわる――運命の物語。

誰が―何のために― "ソレ"を生み出したのか――

何も知らぬままに―彼らは踊る――

死闘を制するのは――果たして――誰だ。

聖杯に導かれし7人の魔術師と――7騎の英霊がここに集い


今――運命の物語が幕を開ける。

主な登場人物編集

  • やらない夫 - 生まれつき異能の力を持つ高校生。それ故に日常を過ごせる事を何より大切に感じている。ライダーのマスター。
  • 高町なのは - 舞台である八神市の現管理者であり、やらない夫を聖杯戦争に誘う。セイバーのマスター。
  • フェイト・テスタロッサ - セイバーのサーヴァント。黄金の剣を操る凄腕の騎士。
  • 平賀才人 - ライダーのサーヴァント。手にした乗り物を完璧に使いこなすことができる。頼りになる反面、何かを秘めている。
  • やる夫 - 何度も修羅場を潜り抜けてきた歴戦の魔術師。独自の目的を持って、今回の聖杯戦争に乱入してきた。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki