FANDOM



                            ,、 ' ´  `ア
                _ ,,..-‐ - _ _    /´     ノ
             、-‐'"       `丶ヾゝ‐ - ...,,ノ´ ,,、
             ヽ、        .:/'"~  ,ァ⌒  ゝ´ \
               ゝ     //   /      i.  丶
              / .ヽ、   / /i  ノ  /   i  .i.    `\
              /    `´,' ; i ゞ   /   .ノi  i `、    ';
             ;      j ソ彡   ノ ~"' ' メ、.i  ji  ';  ;   ';
               j    〆i ´  _  ノ  丿ノノ `i .j '; _._ ;  i  、           .'≧;
                i       ノ彡 .i    / i,,._   i j ´i  i  '. .ヽ`ヽ.        />/
               '.   .ノ  ヽ  ヽ  i   .i ~"''' レ   ',  }  .i  `, .リ     ./>/
             i /   /丶 / `i   i     、"'‐.i j  jヽ i.ノ!     />/
                 イ     ノ  /\ .j   i ';  _ _   / iノi  .ノ  i.i.     />/
              /     ./  j i i ソ i  リ i   `  /  .i i 丿  i!    />/
         ノ      /._,.-‐ 宀`ソ i!  i ';'._ , ..イ i   ilイ   ノ  ∩/\/
      .‐~        彳\      j i i  i } } ー ‐ -亅i  ii .';     i/─ゝ .';
  _ .''"~           /    \   .i .i i  .i! i、    i i  ヽ、ゝ、   ├ ─ ‐ }
 ノ            /      ヽ、 i  i i   .i。、   i ;、  ヽヾ丶  ト─ ‐ /
ノ             /       i:.ヽ、ヽ.ヽ!  丶。' ,.  .i i\   ヽ ヾ´`ゝ‐、 ノ
ヽ           /        i!:::::》 i  \  ヽ。' , .} i `ゝ、    ゝ丶、_ \
 ヽ         ∧         ヽ:::::::ヽ. ソ`、  iヽi  iソ..ヽ.....`.、ヽi.i // /  T´
  '.;    _.‐~ ノ丶         `、:::.:::::::::::::::::i !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽj.// /i   i
綿月依姫
原作・出典元 東方Project
性別
愛称・呼び名 依姫 よっちゃん
一人称
性格 真面目
特徴 ポニーテール リボン
口調 丁寧
備考 姉:綿月豊姫
師:八意永琳
  

綿月依姫(わたつきの よりひめ)はゲーム「東方Project」の関連書籍である東方儚月抄の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「綿月依姫」も参照のこと

概要編集

月の都に住む月の民で、綿月豊姫の実妹。例に漏れずかなりの長寿である。

二つ名は『神霊の依り憑く月の姫』で、八百万の神々を召還しその力を操る『神降し』を得意とし、普段は地上の民が月へ攻めて来た際への備えとして月兎に対して戦闘訓練を施している。 また、かつて八意永琳から指導を受けており、永琳の遠戚[1]にもあたる。 月の民の特徴として穢れを嫌う事から、彼女もまた殺生[2]を好まない性格でもある。

作者のZUN自ら「チートキャラ」、「強すぎて漫画じゃないと出せません[3]」、と公言しており、幻想郷のキャラクターとは明らかに別格の位置付けとなっている。実際に東方儚月抄の作中において「光を切る事は水を切る事よりも簡単」と言ってのけ、月面に到着したロケット組(博麗霊夢霧雨魔理沙レミリア・スカーレット十六夜咲夜)と対峙した際も、文字通り余裕で彼女らを迎撃、撃破した。

ロケット組と対峙した後は殺生を禁忌することから、彼女らを捕らえた後は放免し霊夢だけ残して地上へと返した。霊夢だけを月へ残した理由は依姫が月の都において『神降しを使役してクーデターを目論んだ疑い[4]』をかけられており、その原因となる神降しを行った霊夢に釈明をしてもらうためである。

ちなみに帯刀をしているが同シリーズのキャラクターである魂魄妖夢比那名居天子と違い、それによる戦闘行為はさほど描写されていない。なお、公式ムックである『東方儚月抄 月のイナバと地上の因幡』においては仕掛けられた落とし穴にはまるなど、本編からはコミカルに描かれている。

二次創作において編集

上記の作者の弁や、既存のキャラクターをいとも容易く叩きのめした事から皮肉的に『依姫無双』と呼ばれ、作品そのものが総すかんを食らう事となった。そういった理由に加えて、無双を抜きにしても『儚月抄』のストーリー評価が非常に低い事、幻想郷外に住んでいるため扱いづらい事もあり、二次創作界隈では姉の綿月豊姫と並んで半ば禁忌的な扱いを受けている。原作においても『儚月抄』以降の登場がない。

数少ない二次創作においては、帯刀している事もあり、原作ではあまり振るわなかった剣舞も描写されやすい。しかし、既婚者の設定はあまり生かされてないようである。

やる夫スレにおいて編集

二次創作の例にもれず、姉と同様にほぼ出番が無い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 依姫は永琳から見て又甥夫婦の息子の嫁。つまり既婚者である。
  2. 正確には殺生により発生する穢れを嫌う。
  3. ZUN曰く「ゲームはどんなボスでも倒せなきゃいけませんから」との事。
  4. 実際には八雲紫が仕掛けた煽動である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki