FANDOM


                    ,...-‐-.、
             __    ,../:::::::::::::::::\
     、    ノ),.ィ:´::::ヽ _//:::::::::::::::::::::::::::::!
 .   ヽY / /:::::/::::ノイ/ /l::::;ィ::::::::::::::::::::::j
 .     )}/  / /// ./ ∧:/ i::::::::::::::::::::::/、
      / /  / /  /イ ∠/ /::`;.ィ::::::::/¨ヽト、
    / ,' / ,' /. -‐'´/ / //>イく ‐-.、∨、
  ,.-、i  i {  K´  ヽ  冫二¨ィ´/  /:ヽ\ __..)'´ヽ  __       『徐』 ―― ①ゆっくりとしずかに
 i i^ソ、  ヽ ソ´ヽ!  /   ゙ゝ、/ ._/::::::::::::::iヽ   )<´ ハ
 ヽ-- ‐ォx' ´   ,r'" __,.     } _,.ノ,.、`V:::::::レヽ`T/ '  ,ノ     『倫』 ―― ①人のまもるべき道
     |/V .}  ノ f込リ 、   "  く ヽ iヽ、:::::::::ハ.!   ,イ                ②なかま
       ト _   └ '"   ',     /イ ノ::::::';:::::::::::',`ー'
      `¨ヘ} 、       '    ├ T !::::::::i:::::::::::::i
         /._ _         /  i i:::::_:ヽ:::::::::::l
          r_' ,ニ       ,    / V l:::i:::::::::::l
          ご ィ    /   _,l.イ  l:::i::::::::::::!
               ヽ.__,..ィ:::/-‐ ¨     ヽリ:::::::::リ
               i´  l:/ |        __/::::::::/
               '、  i  l    ,.< ̄  「ヽ::/
              ) ノ  l  /¨ヽ、 \__V \
               / /_,,..ノ  /    ソ´  /\゙ヽ.
          _,..ィ /´  '"´   ./..,,_/ ∧ ゙、_ハ
         /トァ  _        / ヽ ─--'  ー ヲ
      _ ,.ィァ'ノフ'´ ヽ      ,'   Vヽ:::::::::::::::://
空条徐倫
原作・出典元 ジョジョの奇妙な冒険
性別
愛称・呼び名 ジョリーン
一人称 あたし
性格 明るい 冷静な判断力 タフ
特徴 蝶のシンボル
備考 第六部のジョジョ
空条承太郎の娘
  

空条徐倫(くうじょう・ジョリーン、Jolyne Cujoh)は、荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「空条徐倫」も参照のこと

概要編集

Part6「ストーンオーシャン」の主人公。空条承太郎の娘であり、シリーズ初の女性主人公[1]。アメリカ人の母を持つ日系アメリカ人(承太郎がハーフなので日系クォーターでもある)。19歳。口癖は「やれやれだわ」。三つ編みとシニョンを組み合わせた独特のヘアスタイルが特徴。母からは「ジョジョ」と呼ばれていた。

承太郎を狙う黒幕の陰謀にはめられ、グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所に収監されてしまう。やがて面会に来た承太郎からことの真相を知らされ脱獄しようとするが、敵スタンド使いによって、承太郎は記憶とスタンド(のDISC)を奪われ昏睡状態に陥ってしまう。徐倫は犯人を捜すべく、スピードワゴン財団と連携をとりながら、刑務所という「石の海」の中で数々の死闘を繰り広げることになる。

お世辞にも品性がよいとは言えないが、基本的には明るく快活な美人の女の子。加えて父親譲りのタフさと強い精神力を有しており、迫り来る困難[2]にも果敢に立ち向かい、どんな逆境にもへこたれない。やがてエルメェス・コステロF・Fといった友人や、エンポリオ少年を初めとする協力者を得て、父の代から続く因縁に終止符を討とうとする。

承太郎との仲は悪く、彼が面会に来た時も「あんた」呼ばわりしていたが、戦いの中で父の心境を理解し、後には「父さん」と呼ぶようになった。

スタンド:ストーン・フリー編集

収監後、承太郎から送られてきた「矢の破片」で怪我をしたことが切っ掛けで発現したスタンド。「自分の肉体を糸状に変形させる」能力を持ち、遠くの物体を絡め取ったり、糸電話状にして遠くの音を聞いたり、固く編み上げて簡易防弾チョッキにしたり、体を柔らかくして狭い場所に潜り込んだり、体を空洞状にすることで攻撃を回避したりと、高い応用性を持つ。終盤では自分と接触している他人をも変形させることすら可能となった。

また、糸をより集めて近距離パワー型の人型(サングラスをかけた人型の造形)を形成することもできる。当初は非力だったが、物語の進行と共に歴代ジョジョの名に恥じない格闘能力を身につけていった。弱点としては「繊維の集合体」に過ぎないため、火に対する耐久力が低いこと、また、あくまで「糸=徐倫の肉体」であるため、余りに糸を出し過ぎると徐倫自身の生命維持が危うくなることなどが挙げられる。

命名は徐倫自身によるもので「この石の海から自由になる」という決意が元になっている。ラッシュ時の掛け声は承太郎のスタープラチナと同じく「オラオラ」。肉体を紐状に変化させ、徐倫自身が格闘するような戦い方をする事も多い。

やる夫スレにおいて編集

歴代ジョジョの中では登場頻度は低い。ストーン・フリーの描写がAAでは難しいという理由もあるのだろう。

父の承太郎との関係は、良かったり悪かったり様々である。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「空条徐倫」を検索

脚注編集

  1. 「ゴージャス☆アイリン」のアイリン・ラポーナに続いて、十数年ぶり2人目。
  2. 故意ではないとはいえ車で人をはね、騙され見捨てられ前科者になったことを切っ掛けに、刑務所で理不尽な暴行を受けたり、シリーズ中でも危険な奴らが集まる敵スタンドの猛攻が続いたり、囚人の大便を顔に投げつけられたり、虫がたかったパンを食べる羽目になったり……と、徐倫は女性主人公であることを忘れるほど、歴代ジョジョの中でも特に酷い目にあわされている。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki