FANDOM


とはやる夫スレ用語で、「やる夫系雑談・避難板(現・やる夫系雑談・避難・投下板)」にて吐き捨て穴として産まれた雑談スレの事であり、やる夫スレの黒歴史である。


概要編集

やる夫スレは基本的に馴れ合いの色がとても強いため、本スレではもちろん通常の雑談スレでも作品の批判をすることは(例えそれが正当な評価でも)ご法度であり、「嫌なら見るな」の姿勢が推奨されている。しかし、そんな馴れ合いの空気を良しとしない住民が集まり「普段言えないやる夫スレに対する本音を出すスレ」という「唾の吐き捨て穴」として成長したのがこの「穴」である。

「穴」ではプロギャラリーの作品批判、有名作家に対する無名作者[1] の嫉妬や僻みなどなど、様々な作品や作者の誹謗中傷が全く自重しないでなされており非常に空気が殺伐としている。しかしやる夫スレにおいて普段言うことのできない本音をぶちまける数少ない場所であったため、不謹慎なスレでありながらその住民の数を増やしていくこととなり「第二の雑談所」のような存在となっていく。

ところが時がたつにつれ「穴」の存在は他のやる夫スレ住民にも明るみになりその姿勢が問題視され始める。2009年上半期を主に、当時やる夫スレを騒がせた騒動には「穴」が絡んでいることが大半であり[2]、また「穴」の空気を本スレに持ち込んで誹謗中傷をする者も出現、そんな「穴」の批判にショックを受け投下を辞めてしまう作者も出てきてしまうなど、迷惑しか生み出さない「穴」の存在は多くの住民から非難され風当たりが一気に悪化。「穴」は徐々に追いやられ、わずか数ヶ月でその存在をやる夫系掲示板から消すこととなった。

「普段いえない本音を吐き出す」のが目的だった穴だが、本音とは必ずしも真実ではなかった。悪意や愉快犯的思考で虚偽の情報・謂れのない非難が振り撒かれることは非常に多かった。利用者の大半が作者であることがやる夫雑談スレの腐敗を招いたとも言える。これ以上なく人間の醜さを体現した穴であったが、この程度のことはやる夫界隈外の匿名掲示板では珍しくも何ともないということも事実である。

現在編集

その性質故に「穴」は荒れに荒れて分裂を繰り返し、現在ではかつての穴利用者がそれぞれ独立した掲示板を発足している。「穴」は「裏」と通称を変え、現在でも存在はしている[3]。「やりたい放題にやる」という目的だった穴とは異なり、裏では裏なりの独特の秩序に沿って運営されている[4][5]

「穴」は唾棄すべき黒歴史ではあるが、その存在を通して「一見ほのぼのした空気に見えるやる夫スレでも裏ではドロドロした存在がある」ということを私たちは忘れてはいけない。

やる夫スレ界隈への影響編集

「裏」の話題をやる夫系掲示板に持ち込むのはルール違反とされ、その悪質度によっては掲示板管理人により規制されることがある。それなりに名の通ったやる夫スレ作者が「裏」において一読者を装い自作品の宣伝をしたり、また他の作者の作品を中傷することがあるが、何かの拍子にそれが判明して大恥をかくのみならず掲示板管理人により規制対象とされたり、また自らけじめをつけるための自主的な行為として作品がエターとなる事例が見られる[6]やる夫スレを評価するスレ等、一部の場所でかつ限定された状況でしか作品に対する批判が許容されにくい空気があることの暗黒面と言えるが、たとえ「裏」だろうと発言にはそれなりの節度が求められるという当たり前の話でもある。

初代穴スレ編集

閲覧注意!!! あなたの作品、または好きな作品や作者がボロクソに言われている可能性があります!!! http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12368/storage/1237740887.html

脚注編集

  1. しっとマスク・空気作者・エアロ作者等様々な呼称がある
  2. やらない夫・真紅・金糸雀が北海道の裏グルメを極めるそうです騒動・やる夫の戦国立志伝騒動・翠星石ショックなど
  3. 後述する通りトラブルの温床なのでここでは在り処を明記しない
  4. 「裏」の掲示板の一部には、管理人がやる夫系掲示板と連絡を取っているところがあり、悪質なものは通報されやる夫系掲示板での規制対象となる
  5. 一部の「裏」掲示板は、「裏」に対しての非難を書き込むと即座に規制される等、ある種の毒々しい厳格な体制がとられている。
  6. 「諸事情により」エターとなった作品にはこのような「裏」での行為を原因とするものが少なくない

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki