FANDOM


                        _ヽ、レ'´ ̄ ̄ ̄`丶
                 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヽ
                     _/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`¬
               {::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`¬/.::.::.:.:.:.:.:.:{_
                j::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ヘ }::.::.::.:.:::::::::::::}
               〈::.::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.::.::./`ヽ/"ヽ::.::::::::::〈
                ゞ:::::::::::::{::::{:: !::.::.|::{::ト、{      }::::::::::::: }
               ミ::::/`ヽ:: !-{,xニl_土‐ 、,xニ_二l::::::::: ハノ
                 `レ{ r'} \{八_ノ_` }ァニ{_ノ_`ハ}/}/
                  ム.__.  ゝ'_ ' .ノ { t.'__'/ノ
                _.. イ/   、  、 ̄  ,\`く.√i
             _|   {   ヽ   ̄ ̄/^ヽ. \{
            _ノ |  ヽ    >-イ´─-   ハ\
         , ' ´     |   \   { _| j -‐      } ヽ
        /         |  ヽ,ィ 7 ` '´ j { 、__,.    /   ',
       /  ̄`ヽ      |   } 〈‐-‐…'  >‐{     ,'     、
     /    ハ    |__/ヽ  ̄|   / { !    ノ1     ヽ
    /     ノ  }          /  / /八    ヽ     \
相田ケンスケ
原作・出典元 新世紀エヴァンゲリオン
性別
一人称
性格 軍事オタク 好奇心旺盛
備考 友人:鈴原トウジ
  

相田ケンスケ(あいだ けんすけ)は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「相田ケンスケ」も参照のこと

概要編集

第3新東京市立第壱中学校2年A組。碇シンジ鈴原トウジのクラスメイトであり、トウジとはいつもつるんでいる。シンジにより使徒の襲撃から助けられてからは、トウジと共に彼の良き友人となる。母親はおらず、NERV職員の父と暮らしている。

教室で軍用機の模型で遊んだり、1人で山中に泊まりがけのサバイバルゲームをしたり、盗撮写真を売りさばくなどの奇行に及ぶ筋金入りの軍オタ。一方で老成した面もあり、当初シンジを嫌っていたトウジをそれとなく諌めたり、殴られたシンジにトウジの事情を話してフォローすることもあった。後に第三新東京市の壊滅に伴い、ドイツへ疎開する。トウジが死亡した漫画版では、その原因がシンジにあると知り、絶縁宣言にも近い伝言を残していった。

エヴァのパイロットになることを熱望しており(父のコンピュータを覗き見し、時にはシンジも聞かされていない情報を入手するほどに入れ込んでいる)、葛城ミサトに直談判するほどであったが、願いが叶うことはなかった。

やる夫スレにおいて編集

鈴原トウジと同様、名前のあるキャラクターとして登場することはまれで、他のエヴァのキャラとセットで登場することが多い。

主な作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki