FANDOM


            // _,.-'"::/:::::::::/、:::::=三::::::::三ミ:::
          /r'゙ //r''"::::::::::::;/:::::ヾ;::::三ミ::::三ミミミ:::
          /::::::/:/::::::::,r'''''''":::::::::::::::::::::ヾ、:::::::ミミ::::::::::
          /:::::::::/:::/:::::::_,,、-::::::::‐‐''"⌒゙'''-ミ::::::::::::/::::
          j::j:::::::::;ノ /:::::::::::::::::::::::::__:::::::i::::::::::::::;:::::::::::
        l::i゙i::::/::/::::::;r'''''''''''''''";;;;;;;::::;:;:`ヾ;::::::::::/::: /:::::::
         |:l::V::/:::::::/;/;;;r----- 、_;;;;;;;;;;;ヾ::::::/:::/::::::::::
         |::|::l::{:::::r'゙:i;;;r', '       ゙ブ;シ::::/::::/;i:::::::::::
       j::::!::l;:i::::{::i:|;;r'  ○  ,.-'";;/::::/::::/V!:::::::::::
       /::ノ:::ノ:}::::レj;;;;!::...  __,/;;/::/:::::/:::l、:i|::::::::::::
       l:/:::;ノ:;ノ//;;/,.-‐'";;;;;/:::::;'゙:::::/::_r;>´゙i;|:::::::::::
      j::l:::/:///;;;;;;;;;_,,r''"::::::::::::::::/__:r゙Y゙lヽト、!i!::::::::::
     ,/:::/::::/:{;;;;;r''"::::::::::::::::::::::/rニv‐Yiヾ!:Vクミ i;!::::::::
      /:::::::::::::::`:::::::::::::::::::::_,,.-''" __r‐゙i、|ヽ,|ヽ,,/::::ミミ|:::::::::
    /:::::::::::::::::::::::::___,、-'ニ、__r:v'゙i、.|、Vト、ヽ,./::::::ト、 _)|::::::::
   /::::::_,,、-'ニv=v‐v〈`ト、.|、l;ハ|ヽ!`' ト|,ヽ,/::::::、トヽj:/:::::::::
  //´゙ヽ,l, |;、 lヽ|ヽ|ヽトi`'`'`'   、ト、ト、,/:::::::::ト、l,`'ク:::/::::ノ
  ´     ヽ,! ヽ!ヽ!`'      、ト!ヾy'::::::,、ト、゙!`Y/:::::::/
                  ゙i,`;/,、 ト|ヽj゙し'":::::/
白面の者
原作・出典元 うしおととら
愛称・呼び名 白面
一人称
性格 残忍 狡猾
特徴 恐怖吸収
  

白面の者(はくめん-の-もの)は、藤田和日郎の漫画「うしおととら」の登場人物。

概要編集

「うしおととら」における最大の敵。圧倒的な力で主人公達を何度も苦しめた。

そのモデルは言わずと知れた「白面金毛九尾の狐」。その名に表される通り、その姿は巨大な狐である[1]。物語最後の戦いでは日本中から集まってきた人間・妖怪・神を相手に互角以上に戦う圧倒的な力に加え、えげつない策で主人公を精神的に徹底的に追い詰める狡猾さと残忍さを持ち合わせている。恐怖を吸収する能力を持ち、人間や妖怪が白面の者を恐怖すればするほど際限なく力が増す特性がある。また九つの尾一本一本に異なる能力があり意外と万能である。読者に怖さや絶望感を与えるタイプのラスボスである。

やる夫スレにおいて編集

超常的な力をもった獣として扱われ、人間として起用されることはまずない。

主な作品編集

脚注編集

  1. 正確には陰の化身であって狐ではないのだが。

関連項目編集

  • 妲己羽衣狐 - 同様に「九尾の狐」をモチーフにしたキャラクター。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki