FANDOM


────うまい料理を出す店があるらしい

:    .    ;          .            .             |;;;;|          :
_____________________________|;;;;|  .
                                           \
_______________________________ヽ       :
_______________________________i
―ii―i|i―ii―i|―ii―i|i―ii―i|;;;;;;;;;;;;;;: :: :::;;;;;;|          ||;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;:::::|;;;;|
  ||  |||  ||  ||/||/|||  ||  ||::        ::|ー―――― ‐||;;;;|::      ::|;;;;|          ;
  ||  |||  ||/||/||  |||  ||/||        | ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄||;;;;|      |;;;;|
  ||  |||/||/||  ||  |||/||/|| _____.  |    /|||    ||;;;;|      |;;;;| ;
  ||/|||/||  ||  ||/|||/||  || |l―――l| .|  //|||    ||;;;;|      |;;;;|
/||/|||  ||  ||/||/|||  ||  || : || ::; : l|....|//  |||    ||;;;;|      |;;;;|    :    '
/||  |||  ||/||/||  |||  ||  || ;|| :: ;: l| |/    |||    ||;;;;|      |;;;;|
  ||  |||/||/||  ||  |||  ||  || : ;|l―――l|...|___|||__||;;;;|      |;;;;|  '      .
 ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ;;|i ̄ ̄ ̄i|...|―――'!'――-!'、|      |ヽ|    :     ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ____ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :                '.

             ,              '        ;                . :
______________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
異世界食堂できない夫
作者 ◆iWQK9irtW6
ジャンル 小説 グルメ
原作 犬塚惇平「異世界食堂」
投下日 2013年5月21日
投下板 やる夫板EX
やる夫板のシェルター
BULKやる夫板
状態 Season3:現行
話数 Season1(31話+α)
Season2(14話+α)
主な登場人物 できない夫魔王永江衣玖バーン八雲紫
  

異世界食堂できない夫は、犬塚惇平の小説「異世界食堂」を原作とした長編やる夫スレ。

作者は◆iWQK9irtW6。2013年5月21日より連載され、2013年12月22日にSeason1は完結。以降も番外編として短編作品は投下されていたが原作のアニメ化に合わせて2017年7月1日よりSeason2が始まり、こちらは2017年9月25日に完結、2017年12月30日よりSeason3が始まっている。

概要・あらすじ編集

────時折、異なった世界と世界とをつなぐ、不思議な扉が現れることがある


────その扉を潜った先では、如何なる者でさえほっぺを落とす


────うまい料理を出す店があるらしい


様々世界が繋がった先にある食堂「Take It Easy」。通称「異世界食堂」と呼ばれるその店を舞台に訪れる様々な立場の人物とお気に入りの料理との邂逅を描いた作品。

小説「異世界食堂」を原作としているものの、その設定・作風は大きく異なり、実質的にオリジナル作品であると言っても良いほどに変化している。例として、原作では「一つの世界の様々な地域に店と繋がる扉が現れる」「入った場所からしか出る事ができないため、基本的に異世界客は一期一会である」と言った特徴があるが、本作では「様々な世界に扉が現れる」「全ての出口から自由に出る事ができるため、繋がった異世界に介入できる」。時には集まってくる客の力によって鬱展開と呼ばれる作品のフラグを壊すといった展開を見せることがある。また話の最後に次に登場する料理や登場人物を決める安価が取られているのも特徴。

主な登場人物編集

外部リンク編集