FANDOM


生存フラグは、死亡すると思わせて生き残る時にありがちな演出のこと。

ニコニコ大百科の項目「生存フラグ」も参照のこと

概要編集

こいつは死ぬな、と読者に思わせる死亡フラグの対になるもの。~をしていたから助かった、など伏線的に用いられることが多い。近年では読者から見ると、これは生存フラグじゃないのか?と読み取られやすくなっている。

主人公などは最初から生存フラグが立っているようなものであり、よっぽどのことが無ければ死んだりはしない。ただし、ドラゴンボールのように死が軽かったりする作品は別である。

死亡フラグをへし折って生存するという演出は多いが、生存フラグをへし折って死亡するという描写は少ない。やはり助かったと見せて死亡するのは後味が悪いからだと思われる。ただし、悲壮感が増すという点では効果的な演出。

当たり前の話だが、敵に死亡フラグが立つということは味方に生存フラグが立つということである。やったか?などは敵に生存フラグを立てる行為である。また、敵が言うことが多い「冥土の土産に教えてやろう」は聞いた方に生存フラグに立つ。

顕著な例編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki