FANDOM


【 レナの館 】

  | ;,,;,|
  | .:.|
  | .:.|
  | .:.|
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ ____
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    _
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xX
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..==
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll:
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。
"'゜"'゜”"'""'゜"'゜”"'""'゜"'゜                "'゜" '゜ ”"' ゜""'"'
牝畜たちが鳴くようです
作者 ◆5OveIraQkk
ジャンル R-18
原作 オリジナル
舞台
投下日 2011年3月6日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2011年7月11日
話数 13話(番外編2話)
主な登場人物 柚原春夏カレン・シュタットフェルト高良みゆき竜宮レナネフェルピトー
  

牝畜たちが鳴くようですは、オリジナルの18禁中編やる夫スレ

作者は◆5OveIraQkk。2011年3月6日から同年7月11日にかけて連載された。

あらすじ編集

プロローグ編集

冒険者のやる夫と仲間たちは、高級娼館”マダム・ベアト”で大枚をはたき、”牝畜”とめくるめく一夜を過ごす。その素晴らしさを堪能した翌日、彼らは去り際に娼館の主人、ベアトリーチェに尋ねた。「どうして女の子を牝畜と呼んでいるのですかお?」その言葉にベアトは答えて曰く、

「あれは本当に、牝畜という存在なのだよ。人間ではないのだ。たぶんエルフのような異種族なのではないかな」
「あれらは年をとらない。その代り、寿命が人間より短いそうなんだがね。男に抱かれるのがなにより好きな連中だ。」

牝畜の購入には一人分でも庶民一人が一生遊んで暮らせるほどの大金がかかると言う。それでも興味を隠せないやる夫たちに、ベアトは優しく諭す。

「彼女達がどこから来るのか、買った私もそれは知らない。知ろうとした者は例外なく、ろくでもない未来を迎えている。」
「悪い事は言わん、それを探るような真似はやめときなさい。」

本編編集

未亡人の柚原春夏とその一行は、故郷への帰路の途中に山奥で道に迷ってしまう。
偶然にも大きな館を見つけた春夏たちは、館の主人の好意でそこに泊めてもらうことになった。
しかし、彼女たちは気付かなかった。それが、妖しく残酷な罠だということを……。

概要編集

美女たちが霧に閉じ込められた館の中でじわじわと追いつめられ、最終的に牝畜へと落ちていくまでを描いた作品。
濃厚なエロスが描かれていながら、それ以上に作品全体に流れるダークな雰囲気が印象に残る怪作である。

導入部でやる夫が「娼館の牝畜」という存在を知り、そこから森の館に場面転換して本編が始まる。やる夫ベアトリーチェはプロローグとエピローグに登場するのみであり、話の本筋には関わってこない。

主な登場人物編集

  • 柚原春夏 - 主人公。夫を亡くし故郷に帰る途中、館に迷い込む。
  • カレン - 護衛として春夏に同行する、若い冒険者。
  • 高良みゆき - 春夏の昔なじみである学者。
  • レナ - 館の主人。外見は愛らしい少女だが、不気味な雰囲気を纏っている。
  • メズ(ネフェルピトー) - レナに仕える従者の一人。男性。春夏の世話を担当する。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki