FANDOM


                _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ'´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: '"´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ''7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'"´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \': :/: : : : :./: :,'!: \ハ:ヘ:. :ハ
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、
  ムj _,厶://{ ,':.:. :i,ィfテッ、-ヘr''"/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐''"´/ィ'"´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ
  レ'´ ,':.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ'=ソ        /刋ミハ/:./: : :,':.| |  K、
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ '",イ : : /!:.| レ'ト \
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_   `"´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐'
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_
. {   `'ー-、ハ ハ :: :: ::! :: ::/   /``ヽ\   | }-┤:: \
 ∨ \.  V.∧:: :: ,>'"ヽ_/   |:: ハ   !,イ └‐ー-ヽ
  ∨  ヽ   ハ.∧::/__  /    ∠ `ュ::| 〃
涼宮ハルヒ
原作・出典元 涼宮ハルヒシリーズ
性別
愛称・呼び名 ハルヒ
一人称 あたし
性格 唯我独尊 傍若無人
特徴 黄色いカチューシャ
口調 命令形
備考 SOS団団長、神に等しい能力の持ち主
  

涼宮ハルヒ(すずみや - )は、谷川流のライトノベル「涼宮ハルヒシリーズ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「涼宮ハルヒ」も参照のこと

概要編集

シリーズにおけるもうひとりの主人公であり、メインヒロイン。

容姿端麗、成績優秀、おまけに男子にもひけをとらない運動神経を持っている完璧超人。しかし「中学生の時、校庭にミステリーサークルを作る」「自己紹介時に「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!!」と言い放つ」「文芸部を乗っ取って部を新設し、コンピュータ研究会から機材をせしめる」などの、それらが完全に霞むほど突飛で電波な行動を起こす超変人でもある。おまけに性格も超わがままかつ自己中心的で、キョンと出会うまで友達もいなかった。

ふと彼女に興味を持ったキョンとの交流を切っ掛けに「宇宙人とか未来人とかいろんな不思議を探検してそれを楽しむ」という目的の元、「世界を 大いに盛り上げる 涼宮ハルヒの団(略してSOS団)を結成。やがて出会った長門有希朝比奈みくる古泉一樹を引き入れ、今日も彼女はひたすらに不思議を追い求める。

上述の表面的な振る舞いとは対比的に、本質的な部分は「常識人」で、非日常というものが存在しないと理解していながら、それでも憧れ、追い求めているところがある。頭はよいので、宇宙人も未来人も超能力者もいないことは、わかっているのである。

でありながら、実は彼女には「自分の思い描いた事を(無自覚のうちに)何でも実現できる」という神に等しい能力が備わっておるらしく、複数の勢力の監視下にある。ハルヒ自身には知られないよう徹底されているにもかかわらず、たまたま気ままに集めただけのSOS団の3人が、本物の宇宙人・未来人・超能力者だという。彼ら彼女らはハルヒの監視役で、力の暴走を防ぐためにわがままに付き合っている。作中では外部から隔絶した閉鎖空間を作ったり、夏休みを何万回もループさせたりと、様々な超常現象が発現している。

シリーズ第4作『涼宮ハルヒの消失』には過去の容姿で登場、ロングヘアでブレザーである。

やる夫スレにおいて編集

原作同様、高い能力と活発な性格設定を与えられ、少々強引なリーダーシップをもっている設定が多い。ヒロインとしては同作品の長門有希に遅れをとるものの、幅広い役をこなす扱いやすいキャラ。

原作でのキョンへの態度からいわゆるツンデレとして扱われることも多いが、彼女の場合ツンが9.5でデレが0.5。デレの割合が多い翠星石ルイズとはまた違ったツンデレである。

キョンとコンビで登場する時は原作に近い性格だが、その他のキャラと組み合わせてヒロインで登場する場合は、ツンデレとしてよりも元気キャラとしての一面が強い。

ヒロインキャラ以外にも、独善的な悪役や有能な上司、ただの自己中心的なウザキャラや清濁合わせ持って主人公とは違う形の正義を示す役割など、様々な役を演じ分けている。またギャグキャラとして描かれる場合もあり、この場合は公式スピンオフ作品「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の影響を受けているものが多い。

主な作品編集

関連項目編集

  • 涼宮哈爾濱 - 中国生まれのハルヒのパチモンキャラクター。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。