FANDOM









                       /::::::  (__人__)  ::::: \          ターッチダウン
                       |    /| | | | |     |
                       \  (、`ー―'´,    /
                     /    ̄ ̄ ̄     \




戦場のアメリカンフットボール
作者 トリップ無し
ジャンル オリジナル
時代 2001年、2011年
舞台 アメリカ、および中東某国
投下日 2012年1月14日
投下板 やる夫板II
状態 一話完結
主な登場人物 やる夫ダッチマザーファッカー・do夫サマーソルト・タメマチ・don't夫
まとめ やる夫短編集 阿修羅編
  


戦場のアメリカンフットボールは、オリジナルの一話完結のやる夫スレ。作者のトリップは確認されていない。

2012年1月14日に投下された。

概要編集

中東から来た一人の留学生を拒絶したアメリカが、その結果として何を代償として支払わされたか、彼の恩師が何を思ったのかを淡々と書いたドライな短編。

未だに残る人種差別や、『911』の被害者はアメリカ人だけではないことを、暗く重い流れと共に明確に描写している。

あらすじ編集

アメリカンフットボールに憧れてアメリカの大学に留学した中東某国の青年。しかし、彼を待っていたのは、レイシストのチームメンバーによるいわれなき差別とリンチであった。

黒人の監督はそんな彼に、「この世界には、アメフトのゴールラインのように、何かを隔てる線が存在する。自分たち有色人種は、実力を見せることでその線を越えなければならない」と諭す。

やがて類まれな脚力を監督に見出された青年は、彼から「ライトニング・ブリット」の異名を与えられ、ランニングバックとして起用される。いざ試合で実力を見せ、人種差別のラインを踏み越えようとしていた彼だったが…

それから月日は流れ、中東某国。現地に駐留する米兵たち相手に、「ライトニング・ブリット」のたった一人にして生涯唯一の試合が幕を開ける…。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki