Fandom

やる夫 Wiki

広瀬康一

5,717このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
               ,ノ |、 ,ハ { l{  ,イ  / l| ,ィf___,ノ)
             /「| | ノ | \__ \| l|,ノハ j/ /  ,ィ/|
.              j  | l|\l|    ̄ヽl| リ /j ∨ / / l| l|
             ∧  l{ lト、 |r‐一'⌒ヽj/ /_ノ /厂 l|  { ,人
              〈 i{ | V^゙'ヽ| l  /トn // lト‐く/   リ   ) j }
            Vヽ| r' __ \ l{ |^~ ''"}リ  }| / ///
              __V |l「,.ィf芥トn、 \{   厶--┴一ァ' ///
             / __ ∨ _  ヾ       _,ィfカ、 彡′/
          i / j} |  rーテ=ミ、       '" ̄ヾ' Y´ /
          人 \_,|  ヽ乂tソ ン    ,ィテ=ミ_,  j/
.            \__|        , -、 、乂tツノ   'K^ 〉
             |                  /_ノ,ノ/
                 ',     _       /_/
         __.。 -ァ  ̄ \   く⌒ヽ      , ′
      // / ///|/ヽ   `こ´    /
     /'// , ′ /////,|// \      イ/∧ \
.     !// / /   /'////∧///〉`7´/〉////∧  \
.     |//,|    ////////\//// 〈/__/ ///∧ } \
.     人/ |│ ///////////(__) ̄//////// i |  l/!
    〈///∧| ///////////////////////// | l|  |/|
..   }//// ∨///////////////////////// l リ  |'/
.     |///// i/////////////////////////,/  /
.    |///// |//////////(__)////////// / //
広瀬康一
原作・出典元 ジョジョの奇妙な冒険
性別
愛称・呼び名 康一くん
一人称
性格 温厚
特徴 腹をくくると勇敢になる
  

広瀬康一(ひろせ こういち)は、荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」Part4の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「広瀬康一」も参照のこと

概要編集

Part4の語り手。東方仗助のクラスメイトであり(虹村億泰とはクラスが違う)、空条承太郎と出会ったことが縁で仗助と親友になり、同時に奇妙な冒険の日々を送ることになる。虹村形兆にスタンドの「弓と矢」で射抜かれ、そのまま死ぬところを仗助のスタンドで蘇生し、想定外のスタンド能力者となった。

非常に小柄な体躯(作者の絵柄の変化とストーリー展開が原因で、髪型がコロコロ変わり、身長はどんどん縮む)で、争い事を好まないごく普通の少年。しかし、ここ一番というときには足を踏ん張り、恐怖に立ち向かう勇気を持った男で、承太郎からも「本当に頼りになるヤツだ」と全幅の信頼を置かれている。Part4を代表する成長型のキャラクターであり、成長性が彼のスタンド「エコーズ」に体現されている。 その強さと優しさは多くの人間を引きつけるが、ことに一般社会からのはみ出し者から慕われる傾向にあり、山岸由花子岸辺露伴小林玉美間田敏和など、数々の危険人物から一方的な好意を寄せられている。

原型は作者の過去作「魔少年ビーティー」の語り部「麦刈公一」。

スタンド:エコーズ編集

発現当初は卵の状態で出現し、後に殻を破ってACT1が誕生。更に康一の精神的成長に合わせて脱皮するようにACT2、ACT3へと進化して行った。ACT1〜3は自在に使い分けが可能。荒木漫画の最大の特徴である擬音がそのまま武器になるというメタレベルの能力をもつ。

  • ACT1:「物体に文字(擬音)を貼り付け、その音を繰り返し響かせる」能力を持つ。パワーとスピードは無いが射程は50m程度あり、視覚の共有も出来るので偵察などに向いている。
  • ACT2:ACT1よりスピードが格段に上昇し、尻尾を切り離して変形させた「しっぽ文字」に触れた者に文字に応じた「擬音の効果」を体感させる能力を持つ(例として「ドヒュウゥ」で吹き飛ばされる 、「ドジュゥゥ」で火傷する)。力や射程距離はACT1と同様。
  • ACT3:人型で自意識を持ち会話も出来る。殴った物体を重くする「3 FREEZE(スリー・フリーズ)」の能力を持つ。重さはAクラスのパワーを持ったスタンドでさえ地面にめり込み、ほとんど動けなくなるほど。ただし能力の射程距離は5mと短く、重くできる対象も一つだけでその間ACT3は動けない。

ACT3の余りの変貌ぶりは、ジョジョ全体に共通するウソつき作者のご都合主義の最たるものとしてネタにされることが多い。

主な作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki