FANDOM


     |\|   i V  /   |/ /  f//    |
     |  |   | \イ    |'' /   lレ /   |
     i  | .  \ | il   ソ  / ,/ レ´/ , |
     | 、ヾ     ソ    〃 // ,|´  」ー/
     \サ ̄ ̄ ノ ,,… ,┴、イ  /,!  _∠-
    //,  -‐'/ , /┴、,`i 〉'、 / ´  /
   /__/,i ,-‐,、イ '/  .,. 〉'ノ Y´__、、__/
  // |l / /,人 i __,,、/イ_',ィl__三 ̄
  '´  ,ゝ'/ ,仁ヽヘい 'ヲ'  ´勺ノ-__,,-‐''~
    // '' ,'ニユ、ヾ.i._ _,、´´ ,f‐'^`ヾ、
  / '  ''  k_ 〉 \ テ  ./,/    ト、
 ./  __  /'ー'   `¬ヤ^/  '''  _\
../―- ,,Y'´       ノ∠ -‐ァ-‐''´ ̄
/ .:::::::::::/      ,r‐' ̄__,..-ニ^
孫悟空
原作・出典元 ドラゴンボール
性別
愛称・呼び名 悟空
一人称 オラ
性格 無邪気、戦闘狂
特徴 四方八方に飛び出た髪型
口調 田舎臭い
備考 サイヤ人(無印時代は尻尾がある)
  

孫悟空(そん ごくう)は、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」の登場人物。

ウィキペディアの項目「孫悟空_(ドラゴンボール)」も参照のこと

概要編集

ドラゴンボールの主人公。強い相手と闘うことが大好きな格闘家。サイヤ人名、カカロット

山奥で一人暮らしをする少年だったが、ドラゴンボールを探してやってきたブルマとの出会いを契機に、外の世界へ旅立つことになる。元気で明るく朗らかで、誰からも好かれる性格。宇宙一の戦闘民族「サイヤ人」の地球侵略の尖兵として赤ん坊のうちに地球に送り込まれたが、幼少時に誤って頭をぶつけたことで荒々しさが消え、現在の無邪気な性格となった。だが、サイヤ人としての闘争本能までは失っておらず、強い相手と戦うことを生きがいとしている。ドラゴンボールを巡って次々に強敵と戦い、底無しのパワーを身に着けた。特に成人してから(Z以降)は勧善懲悪よりも強い相手と戦うことに重きを置いており、ピッコロベジータフリーザなどの悪人にトドメを刺せる場面においても、再戦したいがためにトドメを刺さずに見逃すなど甘い面がある。

若くして結婚し家庭を設け、孫悟飯、孫悟天[1]という2人の子供を持つ父親でもあるのだが、労働意識が皆無のニートであり、原作者からは父親失格の烙印を押されている。[2]

超サイヤ人になると金髪になる。他には「大猿」モードもある。さらに2016年現在に至るまでアニメオリジナル展開(鳥山明の監修含)によって超サイヤ人モードの種類は増え続けている。週刊少年ジャンプの強キャラとして真っ先に名前が挙げられるキャラクターといえる。

やる夫スレにおいて編集

好戦的な戦闘キャラやニートとして登場することが多い。

少年時代の姿で使われる例はほとんどみられない。

主な作品編集

脚注編集

  1. 少年時は悟空と瓜二つ。
  2. ただし、薪拾いや狩りなどの生活のための労働は普通にしており、金銭をもらう対価としての労働をしていないだけである。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki