FANDOM


Fateシリーズ > Fateシリーズの登場人物一覧 > ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
            ‐===ミx丶
          〃 ,  , イ 弋 `ヽ
         /  / /    ゛,   `ヽ
        xく⌒ヽ,У〃 / / /∧ハ  ハ
      /::::::::::::::ハ ,′/ / //  i|  i、
     く:::::::::::::::::::::リ `寸/,/ノ'    ! i, ハ
     /,ヾ‐- -= 刈l 弋圦   -‐レル'、´
     ト::::::::::::::::::イヾ'!      赱f 'i !::::',
     `ヽー-==┤j |      ! ハ,从:::::ヽ
      /`ー‐ 一'゙  ト  ` ‐/ ノ | レ ⌒
.      {    ト  ハヾxvこ≠ニニУ、}
    ∠⌒ ̄`ヽ \ ト ´`ー 乂ニ´  〆 ヽ
    {:::::::::::::::::八  ∨!r'Yシ圦 ト..,,__〃::::::::`,
    |::::::::::::::::::::::ヽ ヽ仆、 i ゞヽ ` i:::::::::::}
    |::::::::::::::::::::::::∧ ∨个´ `f´:::\∧:::::::::ヽ
.    f::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽゞ廴ハ::::::::`ヽ:::::::::::i
    リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::} i:::ゞシリ介゙:::::::ハ:::::::::|
   ハ:::::::::::::::::::::::::::::::r' jハ:::ゞソii}}::::::::::ノ:::::::::',
   ノ  `ー≧=rf千ミ笊 ヽ }:::{彡从::::::::人:::::::::::',
   i , \人 `ixュュュュヾ  リ::::{i´ i}::::::f  }::::::::::::ヽ
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
原作・出典元 Fateシリーズ
性別
愛称・呼び名 ルヴィア、「淑女のフォークリフト」
一人称 私(わたくし)
性格 お嬢様
特徴 プロレスラー、金髪縦ロール
口調 ~ですわ ~ですの
備考 好敵手:遠坂凛
義妹:美遊・エーデルフェルト
  

ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト(Luviagelita Edelfelt)は、Fateシリーズの登場人物。

ニコニコ大百科の項目「ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト」も参照のこと

概要編集

フィンランドの名門魔術師一族であるエーデルフェルト家の若き当主にして、魔術師の学舎『時計塔』の主席候補。

ありとあらゆる魔術闘争に介入しては勝利と名声をかっ攫う「地上で最も優美なハイエナ」[1]の一族らしい性格をしており、戦闘は正面から正々堂々の真っ向勝負、ショウマンシップに則って如何に必殺の一撃を叩き込むか、をモットーにしている。

淑女の嗜みとしてプロレス、それもストロングスタイル[2]を身につけており、「淑女のフォークリフト」の異名を持つ[3]。その腕前は伊達でなく、格闘ゲームとはいえレスリング発祥地の大英雄バーサーカーの巨体をぶん投げるほどの実力を誇る[4]

同じく宝石翁を祖に持つ魔術師の遠坂凛とは、第三次聖杯戦争に参加した先代当主が遠坂先々代当主に敗北し妹を失った[5]のもあって、犬猿の仲。宝石魔術およびガンドの呪いの使い手という共通点がある一方、赤色・貧乏性・八極拳(打撃系)・貧乳である凛に対し、ルヴィアは青色・大富豪・プロレスラー(組み技系)・巨乳と何もかもが正反対であり、凛ルートの未来図では執事のシェロを巡って幾度と無く対決する事になる。とはいえ互いに初対面の印象は悪くなく、格闘ゲーム『Fate/unlimited codes』では聖杯そっちのけで朝まで殴りあった末に友情を結ぶなど、相性自体は悪く無いようである。いわゆるツンデレキャラである凛に対して、ルヴィアは好意を隠すこと無く大胆にアプローチするとか。

先々代の例からわかるようにエーデルフェルト家は姉妹当主とされており、ルヴィアには設定上性格の異なる妹がいるが、未登場である。(一子相伝が原則の魔術師家系としては特例的といえる)

スピンオフ作品『プリズマ☆イリヤ』においては謎の少女美遊・エーデルフェルトをパートナーとしてクラスカード回収に挑む。この際、身寄りのない彼女に戸籍を与え、義妹として引取り、メイドとしての仕事と数百万単位の給与も用意するなど、面倒見は極めて良い。

やる夫スレにおいて編集

いわゆる「お嬢様」系の役や、Fateシリーズの世界観を題材とした作品などで登場するが、他のFateシリーズキャラクターとはAA数の差もあって脇役やモブとしての登場が多い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 当人の自称はハイエナではなく「ハンター」
  2. 作中で「ランカシャースタイル」「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」と評されるシーンが有るが、ランカシャースタイルは関節技重視の古典的スタイルであり、彼女が劇中および格闘ゲームで見せたスタイルとは大幅に異なるため、劇中キャラ及びシナリオライターの勘違いであろう。
  3. 「フォークリフトの淑女じゃないの?」という問いに対して「プロレスの何たるかをわかっていない」と憤慨していた。
  4. ゲーム的な都合のみならず、勝利台詞に「バーサーカーを投げた」と言う趣旨の台詞がある。
  5. 以前は、その妹が実は時臣の母・凛の祖母なのではないか、とファンから推測されていた。だが、番外作品で遠坂時臣が「遠縁のエーデルフェルト家」と語っているため、「母の実家を遠縁とは言わないだろう」と言う観点からこの説は疑問視されている。ただ、親戚である事は確定のようだ。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。