FANDOM


     ___
   /    ヽ\
  │       │
   へ-  ─ヾ  │
    ─  ─   ∂ \
  |  し 丶 √ │││
  | ト-=ヽ  │ ││
   \    /  │ │
  / ゝ── /ノ  丿
  ( \__ /   /│

わたしは そうりょリフ
たたかいはできませんが ちりょうのつえがつかえます
よろしければ ごいっしょさせてください
リフ
原作・出典元 ファイアーエムブレム
性別
愛称・呼び名 きずぐすり[1]
一人称 わたし
特徴 きずぐすり
口調 丁寧
備考 きずぐすり
  

リフは、任天堂のシミュレーションRPG「ファイアーエムブレム」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「リフ」も参照のこと

概要編集

老齢の僧侶。シリーズ第一作「暗黒竜と光の剣」の第1章で村を訪ねると仲間になる。

しかし成長率が物凄く低く、しばらくゲームを進めれば他の僧侶も登場するため、多くのプレーヤーからは2軍扱いされていた。この時点では、ハズレキャラ・空気キャラの一人にすぎなかったのだが、同作のリメイクも兼ねた第三作「紋章の謎」で彼の扱いは一変する。

「紋章の謎」の第1章で村を訪ねる

→ 少女登場 → 少女「私のささやかな気持ちです どうか受け取ってください」 → きずぐすりを手にいれた!

このようにリフは仲間にならず、登場もしない。彼の存在はリメイクされ、きずぐすりになってしまったのだ[2]。他にも複数名抹消されたキャラクターはいたのだが、第1章からキャラクターがきずぐすりになっていたという衝撃は大きく、一部ファンの間で「きずぐすり=リフ」として人気を博した。

その後、DSリメイク版「新・暗黒竜と光の剣」でリフは完全復活を果たし、「新・紋章の謎」でも登場。開発側もリフの人気を知っているようで、リフの勧めでプレーヤーキャラを剃髪することもできるようになるなど、活躍の場を広げている。

やる夫スレにおいて編集

ファイアーエムブレムを題材としたやる夫スレでも度々登場するが、存在自体がメタ発言なのでシリアスな場面では使われない。

主な作品編集

脚注編集

  1. 「傷薬」では無い。
  2. リフを削る事で、男の僧侶というクラス、ユニットグラフィック、戦闘アニメに容量を割く必要が無くせるという理由らしい。
  3. 3.0 3.1 3.2 オリジナルキャラクターとして登場。「聖戦の系譜」や「トラキア776」にリフは登場しない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki