Fandom

やる夫 Wiki

ラオウ

5,797このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"
ラオウ
原作・出典元 北斗の拳
性別
愛称・呼び名 拳王様
一人称 俺 わし 我
性格 厳格 苛烈
口調 古風
備考 北斗の長兄
  

ラオウは、原哲夫の漫画「北斗の拳」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ラオウ」も参照のこと

概要編集

一子相伝の暗殺拳「北斗神拳」の継承者候補である北斗四兄弟の長兄。トキの実兄であり、ジャギケンシロウの義兄。単純な強さならば、北斗の歴史でも並ぶ者のない天才であったが、暗殺拳としての資質には乏しい。実力に比例するように野心も強く、自ら「世紀末覇者・拳王」を名乗り、武力で乱世を統一しようとする。

特に剛の拳を好んで振るう。他には、三日後に死ぬ秘孔「新血愁」、闘気を撃ち出す「北斗剛掌波」「天将奔烈」などが代表的。

初期は兜とマントを身につけ巨馬「黒王号」にまたがって登場した。兜はのちにかぶらなくなった。

神すらも敵に回すと豪語する我の強さ、腕一本で大帝国を築き上げるカリスマなど、男性的な「野心」をそのまま体現したようなキャラクター。その人気と存在感はあまりに強く、「北斗の拳」はラオウを倒したところで終わらせるべきだった、という意見は未だ根強い。

ただ、その設定や言動は細かく見ていくとかなり突っ込みどころが多く、そんな抜けっぷりも含めて愛されているキャラと言える。弱点のわからないサウザーとは戦うのを避ける[1]、精神力でフドウに押される、奥義夢想転生を会得したケンシロウに打つ手がないなど、決して無敵なわけでもないのだが、しっかり克服して強くなっている。

やる夫スレにおいて編集

原作そのままの苛烈な性格、あるいはギャップを狙ってフレンドリーな性格に描かれるが、いずれの場合でも、チートじみた強さを持つという点は変わらない。登場しただけでその場の空気を支配する存在感があるため、特に日常系作品においては、顔を出すだけで笑いが取れる希少なキャラクターである。

幼少時の姿も描かれているが、AAは無い。そのため、子供時代には別のキャラがあてられるのが通例である。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「ラオウ」を検索

脚注編集

  1. サウザーに言い放った「お前の身体の秘密はトキが知っておるわ!」と言う台詞などはよくネタにされる。

関連項目編集

  • カイオウ - 実兄。北斗琉拳で修羅の国を支配している。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki