Fandom

やる夫 Wiki

ヤムチャ

5,797このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
          /              /
       ,イ               /
      //                    |
      /         ,ィ介i      |   う  ぶ  き
      {. |l     ,イ  ///||     |   ち   っ え
     ,-.、Vl      / | /// | |    」  に  と  ろ
      lこ!l ! ト   ト.l | !i  | ヽト、<   な  ば
      |  l Vヽ  トjヽ\!l   ,>‐_ニヽ     さ
     |  |   \ ! く__・、jiLノ・_´フ .||   れ
     | | __   ヽ} -‐   -─‐  レヘ.   ん
   _r‐j   >イ fヽ  l   ノ  __    ,イ-ハ
  / ′、   i   {ノ-、 ヽ  `t_/  /| /´ヽ
 〈 ヽ    l   |  }   \    -' j  |   \
  ヽ          /     |  ̄     L
  ヽ       / -─ フ′          `ヽ─- 、
   ヽ     ヽ  /`ー-、   ,. -─ '/    ー- 、
    f‐--── 'ヽ {     ~    /  /, -──‐-\
  /|         | ヽ         / ///        ヽ
ヤムチャ
原作・出典元 ドラゴンボール
性別
愛称・呼び名 ヘタレ
一人称
性格 お人好し 二枚目半
特徴 顔の傷
備考 かませ犬の代名詞
  

ヤムチャは、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ヤムチャ」も参照のこと

アンサイクロペディアの項目「ヤムチャ」も参照のこと

概要編集

元は荒野の盗賊だったが、孫悟空と出会ってドラゴンボールのことを知り、ボール探しの冒険に同行する。悟空の仲間の中ではブルマに次ぐ最古参メンバーで、初期ドラゴンボールの元ネタである西遊記のポジションは沙悟浄[1]

最初のボール集めが終わってからは、ブルマの恋人となって町に出て学生となっていた。同時期に悟空はクリリン亀仙人の下で修業しており、天下一武道会にて再会したがヤムチャは素性を隠していた亀仙人に倒されている。ヤムチャ自身の亀仙流への入門はさらに後で、悟空がレッドリボン軍を壊滅させてからとなる。

「狼牙風風拳」「繰気弾」など数々のオリジナル技を持ち、原作に登場する地球人の中でも五本の指に入る実力を持つ格闘家である。実力的にはクリリンに次ぐくらい。また亀仙流なので「かめはめ波」も使用できる。

残念なヤムチャ編集

だが未知の強豪の強さを読者に見せ付けるためのかませ犬として多用されたために、「ヘタレ」や「雑魚キャラ」の代名詞として広く知られてしまった[2]。残念なキャラとしての「ヤムチャ」の類義語は「マダオ」、対義語は「ポップ」など。

天下一武道会では3回連続で初戦敗退[3]したり、ベジータ達の雑兵の栽培マンの自爆を受けて死んだり、後にそのベジータに恋人であったブルマを取られたり[4]と散々な目に遭う。劇場版ではローンで買ったばかりの新車を破壊されるなど、まさに踏んだり蹴ったりである。

ただ、非常に鷹揚な性格をしており、自分を手酷く痛めつけた天津飯やベジータに対しても隔意を持たず、ベジータに至っては一つ屋根の下で生活してすらいる。

やる夫スレにおいて編集

彼をヘタレと捉える傾向はやる夫スレでも例外ではなく、多くの場合ネタ要員として扱われる。このキャラクターが死亡している姿(下記)は、他キャラクターの悲惨な有様を表現する際に用いられることもある。

しかも、そのヘタレ具合を強調するため、性格まで捻じ曲げられており、「強いものに弱く、弱いものに強い」、「実力も顧みず、強敵を挑発してはボコボコにされる」など、やられ役になってもほとんど同情されない小悪党にされがち。原作の彼は、むしろお人よしな好青年なのだが。

近年ではもはやヘタレですらなく、存在自体が負け(失敗)フラグ、歩く死亡フラグといった散々な扱いを受けている。

主な作品編集

脚注編集

  1. 孫悟空はそのまま、ブルマ=三蔵法師、ウーロン=猪八戒、プーアル=白竜。
  2. ヤムチャの戦績
  3. 1回目は正体を隠した亀仙人、2回目は天津飯、3回目はシェン(人間の身体に乗り移った神様)
  4. ブルマ曰く、原因はヤムチャの浮気だったらしいので、自業自得とも言える。当初は女性が苦手だったのに、町に出たら顔が良かったためモテてしまい浮気性になってしまったのだという。

関連項目編集

  • ブルマ - 恋人だが、後に破局。
  • プーアル - 長年のパートナー。
  • 栽培マン - 天敵。勝っていたのに自爆されて死んだ(この際のシーンが下記のAAである)。フォローしておくと、ヤムチャはセル編まで強くなっているので、最終的にもヤムチャの方が強い。
          トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "
              `’ `´   ~

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki