FANDOM


:::::::::::::::::::::::::::::`==、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.-',.--、
、::::/  ̄`\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____,,.ィ''"´  / .私 |
 /.す遂 神ヽァ‐┬--,.=====、‐ ニ ''゙r‐‐''"`:::| |ヽ、 <. は |
 | ぎ 行 の |:{ ,} '" -─-, i::::i:::  i:l'" ̄  ::|, }::::゙i.   | た |
 | ま し .御 |:} {:::::::     ::::::i    i:l     :::|;;, }:::::l|`i | だ |
 | せ.た 胸 |:, ,.j!::::::::     i:::゙===='ノ   :::|`‐^iノx,ハ ヽ_,ノ
 ヽんに を/,゙'ヽ!::::::::::.. __゙___,,,,,,,,,. -‐ ' :ノノ /,x/  ヽ
  / ̄ ̄ ヾx゙ヽ `‐-、::.   ------─'''''  //x/   ノ7-、
 /ヽ     ゙ヽ、x゙ヽ、 \          / ./,x,/   /x/
モズグス
原作・出典元 ベルセルク
性別
愛称・呼び名 モズグス様
一人称
特徴 聖職者 狂信者
  

モズグスは、三浦建太郎の漫画「ベルセルク」の登場人物。

概要編集

世界的な宗教組織「法王庁」の異端審問官。「血の経典」の異名を持ち、苛烈な審問(拷問)で恐れられている。異教徒や魔女と断定した者は容赦なく処刑するが、同じ神の信者には寛容で温厚。共に在る弟子達には心酔されている。(普段の仏のように穏やかな表情に対し)ブチ切れたときの顔芸がひどい。

キャスカを魔女として処刑しようとしたところでガッツと交戦、使徒の影響を受けて使徒もどきに変身したが、本人はそれをみずからの神への信仰からの奇跡と疑わなかった。もどきでありながら、戦闘能力は使徒と較べても遜色ない。

信仰心に陰りが出た者に親身になって道を示し改心させる、怪物のように醜悪な外見の者でも神の名の元に平等に愛する、また権力を持つ立場である己を律し私情を挿まない様自身に枷を課す等、上に立つ者としては非常に有能。信仰の為一日2000回の強烈な頂礼(床に全身を叩きつけるような礼拝)を10年以上続けており、結果として走れない足と角ばった顔になった。

やる夫スレにおいて編集

アンデルセン神父と並んで、狂信者または敬虔な信徒の役が多いキャラである。しかしアンデルセン神父と比べると使いやすいAAが少ないためか、戦闘者というよりは信徒であることが強調される。

主な作品編集


関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki