FANDOM


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ムルタ・アズラエル
             /´                  ` 、
        / ,.r' ´                   ヽ
         / /          ;'               ヽ
       / /            ;'"         ヽ l
       !/         ,.‐'' `ヽ、r '''ヽ、        l  l
       /      /  _,... -'‐─- 、i          !  |
     /      /_,.-''"         |        ! l   |
      /      |,/"           ,!      ,!ノヽノ
    i ,      |l          __,.ノ ,.ノ,ィ  ノ'、 } 'i
     l |      , i!       _、,..ニ:'',ァ'i;ラ`)ィ'-‐'´ ノ ノ ノ
     !,l   、 i, ',ー--:;_、    '-<  `''ノ    ' /|
    'l ! ',   ヽ ' 、ヾ ゞア`      ` "´      l'|  |
     ヽ、、  ヽ-;`、`"´  i            ,! !l,  l
        ` ー-ラ′,.-、`i  !            ノ `ァ、 ヽ
          r'  /  `ー;ヽ、           / ,.ィ";/ `ヾ、
         | /  ィt  l、 ー',,,.. ̄    /,.ィ";';';'/     |ヽ、
         _,|   く ゝノ `ヽ、     /,:;";';';';';';/    |  `丶、
     ,. - '"  ヽ、     `ヽ、 l`ァ--.く;';';';';';';';';';'/     |     `丶、
  ,..-'"       \        ヽ|:::::::::::::\;';';';';';'/       |         `
./               \      ト、::::::::/;';\;';/         |
ムルタ・アズラエル
原作・出典元 機動戦士ガンダムSEED
性別
愛称・呼び名 アズラエル、アズにゃん、盟主王
一人称
性格 お坊ちゃま
口調 慇懃無礼
  

ムルタ・アズラエル(Multa Azrel)は、アニメ「機動戦士ガンダムSEED」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「ムルタ・アズラエル」も参照のこと

概要編集

軍需産業と深い繋がりを持つアズラエル財閥の御曹司にして、国防産業連合理事の座にある軍事会社の経営者。同時に反コーディネイター政治団体「ブルーコスモス」の盟主も務める。実務家としての能力は高く、地球連合軍に対しても強い影響力を持つばかりか、自らオブザーバー(実際には名ばかりで、越権行為を平然と行う問題児だったが)として戦艦に乗り込み、戦場へ首を突っ込むとんでもない行動力の持ち主でもある。

性格は「器量の小さい自己中心的なお坊ちゃん」と言うにふさわしく、日頃は冷静な皮肉屋を気取りながら、物事が思い通りにいかないとすぐ感情をむき出しにする。彼の場合、立場に相応しいだけの能力は備えており、支援者も豊富で弁もたち、「根源の狂気を権力と実力と正論の理論武装で押し通す」ことが出来るので一層始末が悪い。

家系の影響に加え、幼少期に同年代のコーディネイターにどうしても敵わず、大人数で痛めつけようとしたが逆にやっつけられた事がトラウマとなっており、コーディネイターを憎悪している。ただ、外伝では兵器開発のためにコーディネイターを登用したり、ブルーコスモスにコーディネイターが所属することを認めていたり、ナチュラルに絶対服従の戦闘人間計画に出資していたことが語られているあたり、自分のためになると判断すれば形振り構わなくなるようだ。

劇中では物語が終盤に差し掛かったところで登場し、パトリック・ザラと共にラウ・ル・クルーゼに利用される「表の黒幕」としての役割を存分に果たした。ドミニオンに乗艦して強権を振るうも、最終局面にてその暴挙に耐えかねたナタル・バジルールの反抗を招き、ブリッジクルーには見捨てられ、ナタルによってブリッジに閉じ込められる。最期は半ば錯乱してナタルを拷問し、特装砲を発射してムウ・ラ・フラガを屠るが、アークエンジェルの反撃を受けてドミニオン諸共宇宙の塵となった。

ファンからの支持編集

悪役ではあるのだが、その人間くささや、財閥御曹司でありながら「持たざる者」というネガな感情を抱える立場であることが親近感を抱かせるためか、彼のファンは多い。続編『DESTINY』で彼の後釜として登場したロード・ジブリールが口先だけの小物であったことも、彼の評価を(相対的に)上げる原因になっている。

また、劇中で見せた様々な表情(余裕をこいていたかと思うと追い詰められた途端にキレる落ち着きのなさ、重大機密を思いがけず発見した時の哄笑)や時折言い放つ正論[1]など、ネタにも事欠かない。名前から「アズにゃん」、担当声優の檜山修之氏(更に言えば『勇者王ガオガイガー』)繋がりの「盟主王」と呼ばれることも多い。

やる夫スレにおいて編集

基本的に過激な思想と鼻持ちならない言動を除けば有能な人材であるため、やる夫スレにおいては、過去のトラウマに囚われず怒りっぽくもない「きれいなアズラエル」がまま見られる。

登場の際の役どころは、原作に準じて、大会社の社長や貴族など、社会的地位に恵まれた裕福な人間であることが多い。その財力でやる夫の活動を(純粋な好意や黒い目的で)サポートしたり、敵に回るパターンに大別される。

主な作品編集

脚注編集

  1. 「核はコレクションではなく兵器であり、使わなければ意味がない」、「勝ち目のない戦場に兵士を送るより、核を使う方が優しい」、「無理なことを無理と言うのは誰でもできる。それでもやり遂げるのが優秀な人材」等々。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki