Fandom

やる夫 Wiki

ベジータ

5,755このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする
     |  | / /      /    / ///    // // // /
     |  |/ /      /    //    //  / // / ─'''/
     |   | /      /    / /     / /  /// /─"/
      |  | |     / /   ///     / /  / / / /
 ヽ\  |  l│    / / /゙'ヽ/     /  / ///  _
  ヽ \ |  / |    / /   ヽ       /  ///─'''"/
   \  | / |   || /      ヽ     /   /    /
    \ |/ ヽ   |l/  |└    | __   / /   / ,,,-─‐-,,,,,
     \ |  ゙、  /   ヽ 「 ヽ //ヾ、/  / ̄/ / ̄:::::::::::::::::::::::\
      ヽ,| |l ゙、 /     ll-ヾ、  /=l |  /─二/"~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |__.  ∨ /  //゙"  ┌ノ// / ̄ //'''"""ヽ::::::::::::::::::::.. ヽ:::::::\
        └ヽ、   /ノ/    | /::::::::|──//|      ヽ::::::::::::::::: :::::::::::|
        ─、ヽヽ/l"''‐"    l /:::::::::|   | ||        |:::::::::::::::::::::::::::::|
     /     \ レ/ヽ   //::::::::::|ニニ | |ヽ     /  ̄─--、:::::::::/
    /    :::::::| ヽ、ヽ‐"  ////:::::::|_,,,,,,,| |:\  /    :::::::::::::::::\ヽ、
   /     :::::| ̄ | |ヽ--'"''":::/ :::::::/ ,,,,,,-、\:::::/       ::::::::::::::::、ヽ\
   |     :::::::|─'''| |──ヽ、/::::::::::::/ /'''"   \\|        :::::::::::::\ヽ::|
ベジータ
原作・出典元 ドラゴンボール
性別
愛称・呼び名 王子
一人称 オレ
性格 傲慢 ヘタレ ツンデレ
特徴 M(額) 小柄
備考 ライバル:孫悟空
息子:トランクス
  

ベジータは、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ベジータ」も参照のこと

概要編集

宇宙一の戦闘民族「サイヤ人」の王子にして、幼い頃から類い希な戦闘能力を持っていたエリート中のエリート。ベジータという名前は、もともとサイヤ人の住んでいた惑星の名前であり、彼の天才ぶりから惑星の名前がそのまま付けられたという経緯がある。体格は悟空よりも小柄。

若くしてフリーザ軍の中堅幹部として数多の星を荒らし回っており、[1]願いを叶えるというドラゴンボールを狙って、部下のナッパと共に地球に襲来。しかし、孫悟空たちZ戦士の活躍で撃退される。最下級戦士であったはずの悟空が、超エリートの自分を負かしたという事実を受け入れられず、いつか悟空を超えることを目標とし、つかず離れずの奇妙な共闘関係になっていく。

後に地球に住み着いた後、ブルマと結婚、トランクスとブラという2人の子宝に恵まれ、徐々に感情豊かとなっていく。最後には悟空を「がんばれカカロット、お前がナンバーワンだ!」と認めた。

戦闘狂で強い相手を求めるあまりに、敵に力を貸してしまうこともある[2]。自分で悪化させた事態にびびる様子をヘタレと呼ばれたりもする。

劇場版では悟空がピンチになる度に「カカロットを倒すのは俺だ」という台詞と共に助けに来るのが定番であった。

やる夫スレにおいて編集

やる夫スレ、引いては2ちゃんねるに於いてネタ要員扱いされがちのキャラクターであるが、戦闘能力の高い人物として起用されることが多い。が、作中でのセリフや行動などから「ヘタレ」「ツンデレ[3]という属性をつけられることも多い。何だかんだで愛されているキャラクターであり、やる夫スレで最も出演機会の多いドラゴンボールの登場人物である。

父親役として起用されることがある。鳥山明曰く「父親としては全くダメ」な悟空よりはまともな父親役にされやすい。

主な作品編集

脚注編集

  1. これは連載の長期化により設定が変更となったもの。サイヤ人達のリーダーで当該時点でのボスだった。
  2. フリーザを挑発して変身させる。人造人間17号、18号をわざと目覚めさせる。セルを煽って完全体にさせる。悟空と戦って魔人ブウ復活のエネルギーを提供する。等々。たいていの場合、その敵にボコボコにされてしまう。
  3. 彼がツンデレと呼ばれるようになったのは、ツンデレという言葉が生まれた2000年代になってから、しかも原義通りのツンデレでもない。本編中の描写を踏まえるとむしろヤンギレといえる。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki