Fandom

やる夫 Wiki

ブラック・ジャック

5,717このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
       / イ           //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /ハ/  /  ,      //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      レV  /  ィ      / 彡:::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      | {  ./ /  /     /:::::/:::::::::://:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       | ハ .イ   /    / /::/:::::::/ ノ:::://:::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::|
       | i .| /  /i    / /:/i::::::∠-=彡-=ニニK::::イ≦::::::::::::::::::::::::::/
       レ |ハ  i∧    /i/:/::::ハ/ \ ≧ィtjヽ、_ ̄>イ::::::::::::::::::::::::/  i
         | |ハ ./ l    | |:::|::/     \ ヾン_> ≦彡::::r -、::::::レ彡/
        >ハ ;;ヾ:::|  |  ハレ:://      ヾ  ̄     /::::/ r 、}:::::::::イ/ /
      /..:::::::::\:::::ヾ ハ |  /       \      /::::∧  /::::::::::://ノ
       /.:::::::::::::::::::::::::レ:::ヽ|  ヽ_、        }    ./::::/ y./::::::::::::::::::://
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  _        {    廴:/  ノ:::::::::::::::::イ=≦、
   /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::∧   ` ̄ ー-     }    /ー'´::::::::::::::::://::::::::::\
  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::{i:::/ ヽ   ̄        {  / |:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
 ./::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::{i}/  ∧            レ'´   |≧三ニ=:::::::::::::::::::::::::::::
../::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|     L__   - <´   /:: ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::
∧::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::ヽ      <´      ...::: |} ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::
./::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::}        > - 、  ..::.:.: ノ_ X≧=-::::::::::::::::::/:::::::::
ブラック・ジャック
原作・出典元 BLACK JACK
性別
愛称・呼び名 先生 BJ
一人称 私、俺(主に学生時代)、僕(幼少期)
特徴 黒いマント ツギハギの顔
備考 無免許の天才外科医
  

ブラック・ジャックは、手塚治虫の漫画「BLACK JACK」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ブラック・ジャック_(架空の人物)」も参照のこと

概要編集

「私かね? 誰よりも命を大事にしている男さ フフフ…」

本名間黒男(はざま くろお)。数々の難手術を成功させ、「神の域に達する」と評される無免許外科医。黒いマント姿と、半分白髪の髪、ツギハギの顔が特徴。

幼少期にずさんな不発弾処理が原因の爆発事故に巻き込まれ、母親と自身の四肢を失う。恩師・本間丈太郎の手によってようやく人の形を取りもどしたことから、自身も医者の道を志した。この時、顔の縫合の際に黒人ハーフの友人から皮膚を提供してもらったために顔の色がツギハギになっている[1]。髪の毛が半分白髪なのは単なる艶の表現だが、後に事故の恐怖によるものと後付された。不発弾処理の責任者達と、母と自分を捨てた父には強い復讐心を抱いている。

権威に興味が無く、日本医学会の現状に不満を持っていることもあって自分から医師免許を取得しようとせず、患者の支払い能力限界の治療費をふっかけるアウトローぶりから、見た目の不気味さもあって悪しざまに言う人間は多い。しかし彼に救いを求める人々は後を絶たず、個人的な友人も意外と少なくないこともあって、無免許も半ば黙認されているふしがある。ただし、本人は理想の本間医師から程遠い自分自身を少なからず悔いており、子供の「金がもらえるから相手が悪人でも治すんだろう」の問いには断固反論している。名誉欲が皆無というわけでもなく、表彰と医師免許発行の打診をやむを得ず蹴った後にはかなり気落ちしていた。

本人も度々抗議するようにあくまで専門は外科なのだが、古今東西の病気や、動物や宇宙人、はてはコンピュータまで執刀を行い、大体は成功させてきている。マントの内側には常に手術道具がしまわれており、携帯式酸素ドームと合わせてどんな困難な環境でもオペを執刀する。また、復讐の手段の一つとしてダーツ投げを練習していたこともあって、危機に瀕した時にはメスの投擲で応戦することも。

臨死体験と壮絶なリハビリの経験から、生命倫理への敬意は人一倍強い。法外な治療費は相手の覚悟を聞くためでもあり、場合によっては支払期限を定めなかったり、実質無償化することもある(払えるのに払わない者には借金取りさながらのストーカー行為を始める)。手術代の使い道はあまり説明がないが、国の補助を受けていない自分の活動費や復讐用の資金にしたり、環境保全や福祉施設への寄付に回していると思われる。

やる夫スレにおいて編集

原作同様、超優秀な医者として様々な作品に登場する。相方であるピノコが登場することはほとんど無い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 現実では新陳代謝により、移植された皮膚でも徐々に元々の色に変わっていく。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki