FANDOM


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ヒイロ・ユイ
                 __
               /:.:.:/ ̄`
           -=ミV':.:.:./ ̄ ̄ ̄ ̄\
          ∠二 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ̄ ̄ ̄ ̄\
         /:.:.:..:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「:ヽ\:.:.:.\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.V:\:.:.:\
       :/:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:V:.:.:\:.:.\
        :|:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/斗=ミx' ̄j/:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:「 ̄`ヽ
      j/:.:.:/,ニ=彡/   '^Vテミヽ_ j:.:.:/{:.:.:ヽ:.:.:!
       ヽ八ヽ┐´     `ー¨´   /芹彳ハ:.:.:.ハ.:!
        ヽ:.\_,.          / ド'/  }:.:/ j/
            V:.{             冫{  j/
           V         ‐-_-  人
            |               /
            |   .   ヽ.. _   /
            /    :.    / ̄
        ,.i〔     ヽ  /、
    __,.へ : \    \ \
  /     ヽ : \ ̄ ̄\ -‐\_
 /        ヽ: : \         V:.\
/          |: : : : \  ヽ   〉∧ ヽ
             |: : : : : : :\__/ : :∧ :.
         /  |: : : : : : : : : : : : : : : : : :i }
        /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : | /
      /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!{
      /-<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
         : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
ヒイロ・ユイ
原作・出典元 新機動戦記ガンダムW
性別
一人称
性格 寡黙 / 内面は感情豊か
特徴 タンクトップとハーフパンツ
口調 寡黙
備考 圧倒的身体能力
  

ヒイロ・ユイ(Heero Yuy)は、『新機動戦記ガンダムW』の登場人物。同作の主人公である。

ウィキペディアの項目「ヒイロ・ユイ」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「ヒイロ・ユイ」も参照のこと

概要編集

工作員アディン・ロウと、ウイングガンダムの設計者ドクターJの元、幼少期から訓練を受けてきた工作員。15歳。出自・本名は共に不詳で、現在のコードネームはスペース・コロニーの自治独立指導者だった故人「ヒイロ・ユイ」に由来する。A.C.195、秘密結社OZ撃滅を目的とする「オペレーション・メテオ」に参加し、ウイングガンダムと共に地球へ降下した。

アディンに教えられた「感情のままに生きること」を人生のポリシーにしており、常識はずれの行動にも平然と及ぶ大胆さを持つ。普段は寡黙かつ無表情だが、感情の起伏自体は意外と激しく、戦果に大喜びして笑い出したり、任務失敗時は露骨に焦ったり、自分と関わった人々には無意識に情がうつってしまったりと、様々な表情をのぞかせている。

物語序盤は「弱い奴ら」を嫌う排他的な考えの持ち主で、コロニー側の指示に盲目的に従う1兵士に過ぎなかった。しかし状況が二転三転し、遂にはコロニーから捨てられ各地を転々とすることになり、己の戦う理由について自問を繰り返してゆく。そして最後にはリリーナ・ドーリアンを始め、形は違えど平和のために苦闘する人々を見て「強者など存在せず、人類全てが弱者なのだ」という答えを導きだし、「強者」として人々の指標にならんとするゼクス・マーキスと対決する。当初は自分の命に無頓着で、何かあると頻繁に自爆を試みていた(「任務了解、自爆」)のに、最終話では弱者として生きようとする決意を叫んだ(「俺は…死なない!」)変貌は、『W』の締めくくりとして高い評価を得ている。

モビルスーツ(MS)操縦と潜入・破壊工作技術に長ける。更に身体能力が異常に高く、鉄骨を素手で折る、銃弾を避ける、ビル50階からの落下で片足骨折で済む(骨折も自力で直す)、MSの自爆に巻き込まれても生還……などなど、前番組の闘士達程ではないが十分なバケモノぶりを見せる。主な搭乗機はウイングガンダムとウイングガンダムゼロだが、その他にも状況に応じて様々な機体に搭乗し、見事に乗りこなしている。あくまでMSは道具としてしか見ていないので、必要とあらば躊躇いなく自損・破棄している。

その色々な意味でぶっ飛んだ行動はネタキャラ揃いの『W』でも上位クラス。一方で中盤以降、悩みながら戦い続け、最後にようやく新しい自分のスタンスを見つけ出す「主人公らしさ」もしっかり併せ持っている。ネタとシリアス両面で画になるキャラである。

主な作品編集

関連項目編集