FANDOM


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      ://:|ヽ     ノ:!::∧
              ,ィニニ二二二二//: :! Y⌒Y  |:::::∧二二二二ニニヽ、
.           //∨:::::::::::::::::::: //:.:.:.| ハ  八 :|:::::::∧::::::::::::::::::::::/\ ヘ
          {:/:::::::::∨´ ̄ ̄ ̄レ′:::: ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::∨ ̄ ̄ ̄`/:::::::∧}
.          }:\::::::::∨::::::::::::::::l::::◇::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::: /::::/:::::{__
        /:::::::\:::::∨::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌─┐::::: /:/::::::/:::::!_
       /:::::::::::::::>ー∨:::::::: ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::└┼┘、::::レ′:<:::::::::::::::ヽ、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::/:: /l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト \:::';:::::::::::::::::::::::::::::::\
  .../::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ/  ,.l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.l: \ヽ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 .../::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ! / :l:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!\  ∨\::::::::::::::::::::::::::::::::::\
..,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::: /   ∨ / l::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ト、ヽ/  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
j/::::::::::::::::::::::::::::/       V /l:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l \/     \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     /:/.:/.:/..:.:/.:/:.:.:.:.:/.:.:/^^^´  Z_.:ヽ:.:..:..:.!.:.:.:.:.:.ハ
   ///:.//:.:.:./:.イ:.:.:.:.:.:.::/.:.:/        Z:.:.:.ヽ:.:.::.!..:.:.:.:.:ハ
 < イ /:,.:.:./:.:.:ー.'.":./.:.:.:.://./         {_.:.:.:.:.ヽ.:.!:.:.:::.:.:.:!
    /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/  //           {三ミ:..:...!:.:..::.:.:.!
    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:..:.:..:/   〃       ,. -   孑:テ穴ヽ.:..:.:.八
    |:.:.〃.:.:.:.:/:/:.:.:\'   /        / _____   レ'〈:::ヽ }:.:.:.:..:.:\
    V /.:.:.:.:/:/.:.:/___\ 、   / /ィ圻 灯 ノ    〈::ノ 从:.:.::.::\\
    /.:.:.://.:/ハ < 代心ト    '"´  ヾこツ ,.     " /.!:.:\.:..:.:::ヽ:.
   /.:/ 厶イ  ハ `¨ニ´        ¨¨¨     ,..:.ーく..:.:.:.:!:..:.:.\:.\
 <.イ        ハ:::::::::::         :::::::::::  从:.:.:.:!:.:.::.:!::.:...::.:.:\:
           /.:.ハ    〈           ,.イ:.::.:.:.:.:!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:\..      ふふふふふふふ
        , 彡:.:.:_込、    __,. -‐'     / .!.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:!:.:.:!:.:.:.:.:.:
    ー==彳:.:.://.:.:.:>、         /    |_.:.:.:.|:.:.:.:.:|:.:..:!:\.:.:.
        /:./ /:.:.:.:.:.:/:.:.:>.、   _,.  ' _ ,. -<  ∨:.:.:.:.:ハ.:.:ハ..:.:..ト
       //  /::.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.「´, x-<        \:./ V  \!
       /'  /..:.:/.:/:.:.:.:/ 彳¨¨!\          /`Y´  ̄ ̄/ ̄
       /斗‐ー― '爪// |〇 |  ヽ       /: : :: : : : : : : :./: :

┌─────────────────────────────┐
│面前に輝く この真新しい衣服が見えるだろうか             ..... │  
│                                            .│
│そう! これは今後私が地球防衛軍として生きていく中での装備    │
│                                            .│
│E 軍服 防御力+15 っとなるのだ!                 .....│
└─────────────────────────────┘
ニート地球を守る
作者 ◆7BzL13s5r6
ジャンル SF
原作 オリジナル
時代 近未来
投下日 2012年8月10日
投下板 やる夫板II
やる夫長い理想郷板
やる夫板EX
状態 エター
主な登場人物 御坂美琴白井黒子伊藤誠涼宮ハルヒ
  

ニート地球を守るは、オリジナルやる夫スレ

作者は◆7BzL13s5r6。2012年8月10日から連載されていたが、2013年1月22日を最後に更新が途絶えエターとなった。

あらすじ編集

ある日突然、地球外生命体が飛来する。未曾有の危機に直面した人類だが、世界各国が協力して結成した地球防衛軍と、日本が開発に成功したレーザー銃により一年とかからず撃滅された。

一方そのころ、青森県在住の27歳高卒ニート御坂美琴は、自分の現実に危機感を覚え、勇気を振り絞り職安へ足を運ぶ。そこで美琴は「地球防衛軍隊員募集 経験・年齢不問 面接無し即採用」の書類に目を留める。あまりの好待遇に疑問を抱きながらも採用会場へと赴くが、本当に2、3質問に答えるだけで採用になり、美琴は晴れて社会人となる。

初めての一人暮らし、初めての給料、初めての同僚・・・何もかもが初めての生活に期待と不安を覚えながらも、美琴は地球防衛軍としての一歩を踏み出す。

概要編集

物語は基本的に主人公、御坂美琴の視点で語られる。外面は大人なのに脳内は妄想全開のゲーム脳な美琴のモノローグ・一癖も二癖もある訓練生達の生活・繰り広げられるあまりにも濃い青森トークのギャグパートと侵略する恐怖の宇宙人との戦いを描くシリアスパートのギャップが魅力のオリジナル作品。

主な登場人物編集

  • 御坂美琴 - 27歳職歴無しのゲーム脳。なぜか訓練生のリーダー的存在になってしまった。
  • 白井黒子 - 地球防衛軍訓練生。コミュ障の気があり、気さくに話しかけてくれた美琴に懐く。
  • 佐天涙子 - 地球防衛軍訓練生。美琴にコンプレックスを持たれている。なぜか電話の音に異常に怯える。
  • 初春飾利 - 地球防衛軍訓練生。なにか不安なことがあるとすぐパニックを起こす癖がある、いわゆる小動物系。
  • 伊藤誠 - 指導教官。長官が大の苦手。頼りない外見とは裏腹に責任感が強い。
  • 涼宮ハルヒ - 長官。美琴に対し親近感を抱く。戦闘時は高町なのはのコスプレをして戦う。
  • 長門有希 - 副長官。訓練生たちに格好を付けようとするがいつもスベる。
  • フェイト - 長門の秘書。ハルヒと長門の事を尊敬している。なおフェイトはアニメキャラの名前で本名ではないらしい。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。