FANDOM


                   _____
                  ,   x-‐…ー- 、 `ヽ、
                  /,∠ -―- .._   \  \
            // , /      ヘ  \  \
              , ' /   /   / /  /   \ /
             /  厶⊥」..._// /  リ    ∨    i
          厶イ  / ヽ  ` \,イ  !   /     |
              | { __、    __ \ | i /  ,    |
              j/j/l イバ      `   乢/  /     ,′
             ,' tkノ    丐=ミ   /  //   /
                     {k.ノハ/  //   /ー┐
               |  '      `¨  z,彡kj/}  /ー‐┘
               八   、 __           - ソ  ,′
            /   >、       / ̄匚彡 |
             / //`'ーr―ァ' ´   イ    |
          ///   / /\_/  |  ¦   |
          // (   ( /  /\  |  ¦   |
.       //    \ / x-<.: : .:∧ {      '.
    //  ,x==彡'  /    ヽ: : :.| ヽ     \
    { /   ,《   / /        i.: .:lノハ\ \   \
     '(      / /.:| i        |/:.:,'|,小.  \   \
ナギ
原作・出典元 かんなぎ
性別
愛称・呼び名 ナギ様 ナギビッチ
一人称 わらわ
性格 高飛車
特徴 神様 貧乳
口調 古風
備考 妹:ざんげちゃん
  

ナギは、武梨えりの漫画「かんなぎ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「ナギ(かんなぎ)」も参照のこと

概要編集

御厨仁が神木を材料に作った彫像を依代として、少女の姿で顕現した神様。その土地一帯を治める産土神(氏神)であり、土地内に現れる穢れを祓う事を使命としている。自らを祀った神社が取り潰され、神木を切り倒されてしまったために、神といえど大した力は持っておらず、人々の信仰を集めることで、再び力を取り戻そうとしている。お菓子を好み、魔法少女アニメを視聴し、気に入らないことがあると拗ねるなど、神様でありながら性格は俗っぽい。

やる夫スレ誕生当初は原作に知名度が無く、知る人ぞ知るキャラクター扱いだったが、2008年の秋にアニメ化。そのキャラクターの魅力で人気を集めAAの数も増量。やる夫スレにもちょくちょく登場するようになった。

ナギビッチ騒動編集

ニコニコ大百科の項目「かんなぎ騒動」も参照のこと

かつて、2ちゃんねるのアニメスレから発したデマが原因で、やる夫スレでは「ナギ=ビッチ、中古」として扱われてしまっていた。

その経緯をおおまかな流れで書くと、 

  1. 「原作で、昔ナギに恋人がいた(?)という描写が登場」
  2. 「『元カレがいるんだからセクロスしてたのでは?』とナギ非処女疑惑勃発」
  3. 煽りに誘導された処女絶対主義者の2ちゃんねらから『ナギは中古』と非難」
  4. 釣り荒らしににより『ナギはビッチだ!!!!ヤリマンだ!!!』と大炎上、と言う流れに仕立て上げられる」

…と、いった感じである。正直、誇大妄想と言わざるを得ないものであるが、このナギビッチ騒動はやる夫界隈にも大いに影響を与え、彼女は淫乱キャラであったりDQNキャラの配役が多くなってしまうことになる[1]

また、実際にビッチ顔や変顔といったシュールなAAが一通り揃っていた事も、ナギ=ビッチをさほど違和感なく定着させてしまった理由でもある。

幸せスレ編集

しかし、彼女のキャラ崩壊はこれだけで終わらなかった。その原因は2009年3月・やる夫スレ絶頂期の超問題作「やる夫は幸せになりたかったようです」、通称「幸せスレ」である。

ここでの彼女はビッチとかDQNとかいうレベルじゃーねーぞ!!という超鬼畜なキャラで、あまりの彼女の『悪』っぷりは読者の度肝を抜いた。なまじ読者の多い大人気作品であったということも裏目に作用し、この魔人のようなキャラ設定はやる夫界全体に波及。その影響は凄まじく、「別スレで彼女を見た時、このナギは鬼畜なのでは?と思わず身構えてしまった」という読者もいたほどである。

こうした二つの事件が重なった結果、やる夫スレでは伊藤誠の女版と言える位のクズとして扱われるようになりその配役はロクなものを当てられなくなってしまった。原作でもクズだった伊藤誠とは違い、原作でのナギには一切そのような要素は無い。まさに、やる夫界最大の風評被害者と言える。

ほんと、どうしてこうなった

現在のやる夫スレにおいて編集

しかしナギが悪役として描かれる傾向にあったのも今は昔。もともとこのようなキャラ設定は一部のファンの暴走の影響によるものだったので意外と沈静化するのも早く、2009年の夏ごろからナギの扱いも見直されている。

原作では神様だが、この設定はだいたい無視され普通の人間として描かれる。その口調から精神年齢は高めに設定され、学生キャラが多い他の女性キャラに対して年上に扱われることが多い。容姿がものすごく若いおばあちゃんやおばさんの役に当てられたり、やる夫の母として登場することもある。その場合、本編開始時には既に故人となっている事も珍しくない。

過去の影響もあって未だにビッチキャラなナギが登場する事も少なくないが、最近は読者から「ナギ様」と呼ばれるほどの「綺麗なナギ」も増えており、昔のナギのイメージである「ビッチ」、「DQN」設定は過去のものになりつつある。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「ナギ」を検索

脚注編集

  1. 丁度、その時期に作者が病気によって長期の連載休止&音信不通になったことが騒動に拍車を掛けてしまった。後に作者は無事に連載を再開、完結へ至っている。

関連項目編集

  • ホロ - やる夫スレ初期から登場している、数百年存在している少女という類似例キャラ。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。