FANDOM


チートcheat)」とは「ずる」「インチキ」を意味する英単語で、ゲームファンの間ではゲームデータを改竄して思い通りの仕様に変更する行為を指す。ここから転じて「インチキをしているとしか思えない」「強すぎてバランスを崩すので、使うこと自体が反則」というニュアンスで「反則的に優れている」ことを表すネットスラングとなった。漢字の「升」を分解すると「チート」になることから、「升」と表現される事もある。

ウィキペディアの項目「チート」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「チート」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「チート」も参照のこと

やる夫スレにおいては、ずば抜けた能力を持つキャラクターが活躍する「チート物」のお話が一大ジャンルの一つとして定着している。

概要編集

「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」などの定番時代劇を初めとして、いわゆる「強い主人公」「完全無欠の主人公」はどんな時代でも普遍的に見られる。その中には、設定上は強いというだけで実際は苦戦ばかりの主人公から、どんな敵も完全に圧倒しストーリー上の苦境すらない主人公まであり、どこまでを「チートもの」とするかは主観によって分かれるが、この項目では便宜上、そういった広範な作品全般をチートと呼称する。

チートを行う主体を表す場合は「チートキャラ」「チート能力」「チートアイテム」など名詞の前に付ける形で、チート行為の種類を表す場合は「内政チート」「人望チート」「技術チート」など名詞の後につける形で使用される。

更にそこから転じて、チートキャラを主役に据えた物語を「チート物」という。類義語は「俺TUEEE」「メアリー・スー」など。

「チート物」は主役や味方がチートの場合を指し、敵だった場合にはあまり言われる事はない。むしろ敵やラスボスがチートであるのは王道といえる。

ゲームのデータ改造という語源もあり、作外のメタ的な用語であると言えて、あえて作中の登場人物が口にする事は少ない。ただし、登場人物自身がメタ視点を持っている(たとえば転生ものなど)場合は比較的使われやすい。

基本的には、自らチートを称する事は少ない(もちろん例外はある)。チートは褒め言葉とは限らず、「ゲームでずるをしている」という原義もふまえて蔑称にもなる。

また、チートなキャラクターは、決して扱いやすいわけでも書きやすいわけでもない。パワフル過ぎて作者すら振り回してしまい、結果もてあますような事態は往々にしてある。

チート物の分類編集

前述したように、どこまでを「チートもの」とするかは主観によって分かれる。これは、一口にチートと言っても様々なチートが存在する、と言う意味でもある。
ここでは「物語(特にやる夫スレ)におけるチートキャラの役割」に着目した上で、いくつかの分類を独自に示す。

万能型編集

あらゆる分野において、抜きん出て秀でている存在。チート、と言う言葉を聞いた時に真っ先に思い浮かぶのはやはりこれだろう。
万能型の魅力は「ぶれない王道の面白さ」である。最後は絶対に主人公がなんとかしてくれるという安心感で物語を支え、主人公の活躍に読者を引き込むのである。
しかし逆に「どうせ主人公がチートパワーで解決するんだろ」という先入観を抱きがちになり、緊張感を欠くのが最大の欠点。また、特に長編である場合、「主人公の成長」を描けないと言うのも大きな問題となり得る。

良く行われる対策としては、「チート主人公以外に、成長型の副主人公的存在を置く」「チート主人公本人より、それに関わる周囲の人間のドラマに着目する」「お約束と開き直る代わりに、悪が退治されるカタルシスに力を入れる」と言った手法がある。
それぞれの例としては、ワンパンマンにおけるサイタマジェノスゴルゴ13、水戸黄門や暴れん坊将軍などの時代劇、などが分かりやすいか。

どちらにせよ、対策しなければ物語は完全に茶番と化してしまうため、作劇においては案外難しい。昨今「チート物」とされるジャンルが流行しており「最近のラノベはみんなチート主人公ばっかり」と言った偏見が語られる事もあるが、実のところ、万能型に属する作品はほとんど存在しなかったりする。

なおやる夫スレ、特に安価スレでは、対策を一切取らず「読者を主人公に感情移入させ、チート能力で作中人物を振り回す全能感を追体験させる」と言うタイプの作品もある。客観的な物語として見れば茶番になりやすいが、主観的な楽しさを重視する訳である。長編では話が持たないので、短・中編に多い。

特化型/弱点型編集

特化型は、ある特定の分野に限ってのみ、チート能力を発揮するが、それ以外の分野ではチートではない、と言うパターン。一番分かりやすいのは「戦闘では無敵だが、戦う事しか出来ない」と言うものだろう。
この例の場合、「戦闘以外でピンチに陥った時にどう脱するか」と言う点で物語を作りやすい。そこで十分にタメた上で、戦闘に入った後に圧倒的な強さを振るうカタルシスで解放する訳である。
弱点型は逆に「能力的には万能型だが一点のみ突かれやすい弱点がある」と言う場合で、似たような運用になる。例えば「あらゆる点で万能だが、ヒロインを人質にとられると手も足も出ない」など。

多くの場合、チート能力を発揮できるのは終盤のみで、それまでは通常の物語として描かれるため制約が少ない。それでいて、クライマックスではチート能力によるカタルシスの解放と言う強い引きを作る事ができるため、非常に扱いやすいチートパターンと言える。実際、具体例も枚挙に暇がない。
ただしその分、チート能力に頼った作劇はしにくくなる。カタルシスを解放するシーンに読者の期待が集中するため、ここを上手く書けないと非常に残念な事になる。

なお、弱点があっても敵にそれを突かれない場合は、万能型とほぼ同義である。例えば、あらゆる点でチートだが料理だけ下手なのが弱点、と言うキャラがいたとして、料理対決でもない限り敵に対して圧倒的な事に変わりはない。

特化応用型編集

特化型と同じく、ある特定の分野に限ってのみチート能力を発揮するタイプだが、その特化能力を他の分野に応用するタイプ。戦闘よりもむしろ、人望、内政と言った非戦分野に多い。

例えば、絶対に勝てない最強の戦士を相手にしても、人望チートで味方に付けてしまえば戦わなくて済む。あるいは、内政チートによって、最強の戦士でも相手に出来ないくらいの大規模な軍隊を作り上げてしまっても良い。
そういった感じで、自身のチート能力を応用する事であらゆる危難を打破していく訳である。

このパターンの場合、長所も欠点もその「応用」に集中する。「チート能力をどのように応用するのか」と言う点が見せ場になるため物語は作りやすいが、その応用に説得力や魅力を欠く場合、途端に物語は輝きを失う。また長編ならば、応用がワンパターンにならないよう、様々な危機をぶつけていく必要もある。

「どのようなチートを持っているか」「そのチートをどう応用するか」と言う点で個性を出しやすく、アイディアを出すのが非常にお手軽であるためか、ネット小説には非常に多い(もちろん名作にするにはお手軽ではないが)。

味方内型編集

味方の中ではチート的存在だが、敵はそれと同等・もしくはそれ以上にチートである、と言うパターン。例えば、とある軍の中において最強の戦士であり、あらゆる脇役に対して圧倒的な優位を誇る、だが敵は人間など及びもつかない存在で……などと言うのがこの分類である。

特化型と長所・欠点は似ているが「道中は通常の物語だがクライマックスはチート」な特化型とは逆に「道中はチートだがクライマックスは通常の物語」と言う形態を取る事が多い。まずチートで爽快感を演出し、それが通用しない存在を出す事でストレスをかけ、それを解決する事でカタルシスを出す、と言う段階を踏む事になる。

実の所、このパターンは王道中の王道であり、チートと言うほど特別な存在ではない。そもそも主人公がそれ以外の味方より強いのは普通で、前半の主人公の持ち上げが多いとチート物としての印象が強くなる、と言うだけである。単に読む側の印象が変わるだけであり、本質的には何の変わりもない。
一般的な物語とほぼ同じパターンでチート好きを惹きつける事ができる一方、「チート物は駄作」と言う偏見を持っている読者を遠ざける可能性があるので、どんな読者層に読んで欲しいかを踏まえた上で演出を考えたい。
また、読む側としてもあまり偏見や先入観を持たずに、きちんと作品を見て判断したい所である。

素質型編集

能力的には全くチートではないが、成長速度がチートクラス、と言うパターン。最終的には能力もチートか、少なくとも最強クラスになる事が多い。

これもまた王道中の王道。特にスポーツ物などにおいて、「初心者だったが、努力を重ねたら優勝した・強豪チームを倒した」と言う作品は枚挙に暇がないだろう。
味方内型同様、主人公の成長に持ち上げが入るとチート物としての印象が強くなり、それが少ないとチートに見えないと言うだけで、物語の本質は変わらない。

ただこの場合、成長過程に説得力がないと、チート物としての欠点ばかり目立つ点には注意が必要。成長するに十分な描写を行い、「これだけ努力したんだからこの主人公には報われて欲しい」と思えるようになって初めて、活躍シーンが盛り上がるのである。

味方内型チートと素質型チートは王道と言う事もあり、これらのパターンもかなり多い。また、これを組み合わせて「味方内では最強だが敵には敵わない、しかしその敵に凄い成長速度で迫っていく」と言うパターンのチートも少なくない。
基本的に「タイトルにチート・無双と謳うなどして、主人公がチートである事を全面的に押し出している作品」は特化応用型、「チートがウリと言う訳ではないが、作劇上の都合で主人公がチートな作品」は味方内型か素質型、と思えば8割型合っていると思われる。

発想型編集

チート能力を持っている訳ではないが、考え方がチートと言うパターン。主にファンタジー物に多いが、中世的な思考が常識である世界で、現代的な発想を出来る存在などが代表的。

例えば、「貴族は独裁的で、一般人からは嫌われている」と言う世界において「国で数少ない、民主的な考えをする人気者の貴族」と言う主人公など。一見してチート能力を持っていないため、書く上ではあまりチートだと意識しない。しかし、「現代的な考え方」と言うのは、様々な学者達が数百年単位で考えて作り上げたものであり、その年月を飛び越えて利益を得ているのだから、立派なチート存在である。

別にチート自体は悪い事ではないのだが、それを意識しないで書くと不自然な持ち上げが発生しやすくなる。特別な存在であると意識した上で書く事が大事である。

相対型編集

ここまで上げて来たチートは、チート能力の所有者に視点を合わせているが、それとは逆に、主人公は普通だが周囲が無能・バカばかりなので相対的にチートに見える、と言うパターン。その性質上、これまでのチートパターンと重複する。

基本的には意図してこのパターンになる事は少なく、主人公のチート感を上手く演出出来なかった場合に発生する、失敗パターンである。チートと言われる主人公が大したことがない=それ以下である登場人物は無能、と読者に思われてしまう事によるもので、物語の不自然さを大きく増し、魅力を減じる事になる。
また逆に、チート物のつもりではなかったのに主人公以外があまりに無能なのでチート物扱いされてしまう、と言うパターンもある。
当然どちらも避けるべきパターンなのだが、チート物としては最も陥りがちな失敗の一つ。どんなに作者や登場人物が持ち上げても、読者が説得力を感じられなければ、すぐにこのパターンに嵌まる。

ただし、不自然を承知の上で敢えて「不快な人物が無能を発揮して失敗する」と言うシーンを描き、その凋落に爽快感を演出する、と言う手法も有る。演出に失敗すると「キャラを不必要に貶める悪趣味な作者」と取られかねないが、上手く描けば強いカタルシスを生む事が出来る。ようは使い方次第である。

最低系編集

最低系と言うのは、厳密な定義の無い言葉ではあるが、一般的にはチート主人公が登場する。 大抵の場合、万能型+相対型の組み合わせで「味方はとことん有能でチート、敵はとことん無能」と言う形を取り、とにかく「味方が敵を圧倒的を圧倒的に蹂躙する」と言う場合が多い。

基本的に茶番化は避け得ない設定であり、何も考えずに書けば「最低系」の名の通りの最低な作品が出来上がってしまう。意図してこのジャンルを取る場合、質の低い作品をチャカしたメタ構造を取るか、徹底的に勝利の爽快感に拘るのが良いだろう。

チート物の共通長所・欠点編集

様々なチート分類と個々の特徴を上げて来たが、これらに共通して言えるのは、チートと言うのは誰か(作中人物でも作者でも読者でも)がそれをチートだと認識して初めて成立する、と言う事である。 逆に言うと、誰かにチートだと認識されたら、それはもうチート物である、とも言える。

これを踏まえた上で考えると、チート物の長所も短所も、「主人公がチートだと認識され、持ち上げられる事」による爽快感と不快感に集約される。 例えば、主人公の好感度が高ければ、その主人公が活躍し評価されるシーンは爽快だろう。その評価の内容が、読者が「評価されて欲しい」と思っていた部分に有れば、なおの事である。逆に、主人公が嫌われていれば、その活躍は不快になりやすい。また、「そこが何故評価されるんだ?」と言う疑問を持たれれば、強い違和感が不快感を生み出す事になる。

ともあれ、どんなチートジャンルであるにせよ、どのような手法でそれを描くにせよ、作者個人の人間性やスレの方針に沿って、上手く作品と付き合っていきたい。

チーレム編集

「チート」と「ハーレム」の合成語のことである。チート物はハーレム物と併用される可能性が非常に高い。チート能力を持たせるならまず女にモテるようにしたい、と言うのは男のサガであろうか。 逆に、チート能力でも持っていないと、ハーレムなんぞ作れない、と言う事かもしれないが。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki