FANDOM


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ジャミル・ニート
           __   , ---- 、
         /   `rイ       ヽ、_.ィ
      ト、___{    ト、{        <
      >-     }┼⌒ヽ \  \ ヽ
     //  / | / {{   _}_|≧、   \i
    / /{  / /├‐--、___r'´  ......::ヾ    |
    l/ ! { /.ヽ!..:::::::::j⌒ヽ....::::::::::::H l  }
      ∨l/|....::::::::/j   \::::::::ノ | i__ /
         トr─'  〈 -`   ̄}N ̄ レ┤
         { レ!   __...._    _」  |) }
         ヽ !  '´ -- ``  \   j丿
         \ハ          メ「
             ~ヽ       //レ!
             | ヽ、  _. '"/  |
      , -─‐ァァソ''"~´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} ̄ ̄\
     /     |_| |            〈  /|  \
   /       | | |            |//\   \
  //〉      / | |               / / \\  丶
ジャミル・ニート
原作・出典元 機動新世紀ガンダムX
性別
一人称
性格 冷静・内面は熱い
特徴 サングラス・モミアゲ・元ニュータイプ
  

ジャミル・ニート(Jamil Neate)は、TVアニメ「機動新世紀ガンダムX」の登場人物。

概要編集

フリーのバルチャー艦「フリーデン」の艦長。30歳。本編の15年前に行われた第七次宇宙戦争では地球連邦軍のニュータイプパイロットとしてGX-9900・ガンダムXを駆ったが、現在はニュータイプ能力を失っている。

サテライトキャノンの引き金を引いて人類滅亡の切っ掛けを作ったことがトラウマとなっており、同時に自分のような「戦争に使われるニュータイプ」を二度と生み出さないようにする決意を固めて地球各地を回っている。オルタネイティブ社に囚われていたティファ・アディールを救出したところ、オルタ社の依頼で彼女を奪い返しに来たガロード・ランと知り合い、紆余曲折を経て彼を仲間に加える。ガロードの師、兄的立場として彼を導き、同時に彼からも影響を受けながら、戦後15年の動乱を戦い抜く。

過去の苦い経験と戦後期の混乱によって冷静な大人の男性へ成長しており、艦長としての技量や政治的対応力に不足はない。一方で内面は熱く、弱者を利用し虐げる者には声を荒げ、挫けたガロードにも荒療治を施した。ニュータイプ能力を失ったとはいえパイロット能力は作中最強クラスで、ガロードの機種変更後は再びガンダムXに搭乗することになる。

第一話のサブタイトルでもある彼の台詞「月は出ているか?」は、「ガンダムX」という作品全体を象徴するキーワードとなっている。

やる夫スレでの扱い編集

サングラスと威圧的なモミアゲの強面ではあるが、人格者かつ誠実な人柄から悪役に配されることは少ない。主人公の良識的な上司としての起用が一般的である。

主な作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki