Fandom

やる夫 Wiki

グラハム・エーカー

5,797このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
                       {、___,.-―==. x: 、
                           ヽ,. -‐      \ヽヽ-、
                   ,r   /     , ⌒ ::. ソ、⌒ヽ
                    {゙ー ´     / /,::      \ `ヽ
                      \/  i /ノ/:/   :ヽヽ: ゙;.、 、゙,
                       // / ゞ--f: :/ .:  .: .: :i:. ゙;: 、i:.゙. ': i
                   / / ゝ-' ノ / /:l:./.:/ .:ノ.:l: ,|::.:.:,:.:`、: , ゙{ 、
                     l /レ ≧:.:.ィ:./ バ:./: .::/ノ':.八_j:j:.:.: ヽi:.、`ソ
                     ゞ{ :{、l:.:l:.:ト斥ミ、!{:.:.:〃ノィ=≦今v:l |:.いヽ..,
                     丶! い:、{ 弋zリヘ:.:八"´弋zリ ノ:ルi:ト-- '′
                     ソ个ミ= ̄  ` ‐     ̄彳'ノノ'
                       ゙¬、    i|       'ィ
                           小.  ,__`_'_,  /从
                          ´ _j \  ー‐  /!、′
                        .イl|  \   /  lハヽ
                       _/:ノ ヽ   、 ̄   V  ヽ:\_
                   _ .ィ´: : :′  ヽ  ::.   /    i: : :\ ‐ 、_
               _.. -‐ ‘: / : : : !   ム     ム     {: : : : ヽ:、: :`゙"''‐-..,,__
         ,. -‐'"`゙´: : : : : : 〈: : : : : :l   /  l__ __」 ∧   |_ :: : :〉:\: : : : : : : : :``丶
          /: : : : : : : : : : : ___>: : : |  ハ  \ /  ハ   |: : :`<__、: : : : : : : :|: :¦
グラハム・エーカー
原作・出典元 機動戦士ガンダム00
性別
愛称・呼び名 グラハム
一人称
性格 ロマンチスト
特徴 金髪 美男子
口調 丁寧語
  

グラハム・エーカーは、アニメ「機動戦士ガンダム00」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「グラハム・エーカー」も参照のこと

概要編集

「私は心を奪われた!この気持ちまさしく愛だ!!」

世界経済連合、通称「ユニオン」軍のエースパイロット。物語開始時点の階級は中位で、乙女座の27歳。文武両道、眉目秀麗の頼れる軍人だが、変にプライドが高いところがあり、時としてそれが妙な趣向として噴出する。戦闘中にも相手に聞こえていないのに熱い思いをペラペラ叫び続ける、『00』屈指の名(迷)言製造機である。

ソレスタルビーイング(CB)のガンダム調査を命じられたことを切っ掛けに、圧倒的な性能を誇るガンダムに魅せられ、これを倒すことが目標となる。同時に、それを扱う「存在自体が矛盾している」CBにも一種の共感を感じていた。しかし、幾度となく苦汁をなめさせられたばかりか、恩師や部下を次々に殺されたことで、次第にガンダムへの敬意は憎しみへ、そして歪んだ愛へと変質していく。「グラハム・エーカー個人としてガンダムを討つ」ために国連軍からのオファーを蹴り、職権とコネに物を言わせて無理を押し通し、その果てに刹那・F・セイエイと相打ちの形で散るのだが……。

立ち位置としてはガンダムシリーズ恒例のライバルキャラ達に近いが、ガンダムという存在を除けば、特に因縁が深い相手がいるわけではない(刹那とはただ一度顔を合わせただけで、会話らしい会話もしていない)。そもそもグラハムには彼個人の野望や理想があるわけでもなく、ただガンダムとの決着をつけることのみが目的で、しかもその動機は純粋な好意から生まれた憎しみ……と、シリーズではかなりの異色の存在と言える。

パイロットとしては間違いなく作中トップレベルの技能を誇り、通常版に毛の生えた程度のカスタムフラッグで幾度もガンダムと競り合っている。テストパイロットを務めていたこともあってフラッグには異常に拘っており、遂には「フラッグファイターとしてガンダムに勝ちたい」ばかりに疑似太陽炉を無理やり括り付けた「フラッグである意味がまるでないフラッグ[1]」に搭乗するほど。

やる夫スレにおいて編集

原作での数々の名言から、やる夫スレにおいて彼が与えられた役割は、一言で言えば「有能だけど変態」である。能力的には頼りになるが、その行動・言動は変態であり、まともに能力を評価されないことが多く、ギャグ作品からシリアスなライバルキャラクターまで様々な役を演じられるキャラクターである。また、ホモキャラとして使われることも少なくない。

主な作品編集

脚注編集

  1. 10機しかないGN-Xの1機を潰して出来上がったのは、可変機構が死に、安定性も死に、ペイロードも死に、残ったのは機動力とから奪ったビームサーベル一本(しかも本体と要ケーブル接続)だけという破綻しきった機体。1st終盤のグラハムの歪みを象徴する迷機である

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki