FANDOM


Fateシリーズ > Fateシリーズの登場人物一覧 > ギルガメッシュ
                                   、
                                       {\
                                       |   `  、   、 \
                              {\  \、、 人     ヽ j\}  ヽ  イ
                              ‘, ` ー=ミ、`ヽ}      } ノ    Y |
                            i、  ‘,                      |
                      |`ー‐=ミ、   \   \、、  、    }、   ,
                        ‘,     \   `ヾ、  \ \ \   ノハ  ,
                       \\       \        \、、 Y /  }  ,
                        |`ー=≧=、       ̄ ̄`ヽ     \ヽⅣ   ハ }/
                        ∨     \  ``ー=ニ二......\     i i'   / /,/ /
                      ∨       \        `ヾ    | |  / /,/ ,}
                          ∨      ``ー=ニ二......   \   } }//∨ /|
                       ____ヽ         ー==ミー=ミメ、ノノ    jノ/|  _______
                       __\`ヽ  ``ー=ニ二``       `'"       \イ/ __
                        \\    ___彡               / ,  } ^Y´    `ヽ
                        ∨\__三Σ ___          ィ//}  斥,}、        ’,
                            ∨`Y⌒ヾミ  __`>、...___     /ィ戈ソ  }ノ/ \         .
                             >=| ⌒Y   `ヽ戈シノヽ           ムo    ‘,      ゜
                          _    / 人ーヘ             {:      ハ.∧    .      |
                    /\ \ /    ヽこ○_           ヽ    仏{ }   i       !
                    /    ヽ "     /`ヾ_丿\         _/ / ⅥⅣ     |      ,′
                    /        \ /       `Vニヽ ` ー=ニ _/ /   V/     |      ,
.             .   ⌒゙く             У       `Vニヽ.       /ハ    {      .     ′
           / /     `  .        /          `Vニ≧,,  __ イ /∧  人    /   /
          ,   /          `  . /                 ノ 丁     ////∧   `ヽ    /
          ,               Y´ ̄ ̄`ヽ.       /乙_丿\.........//////∧     \´
.       /    {            /       \ 。 /<   \'////////// ∧      \
      /     \           /          广7    \    `\_/ ̄`ヽ,/∧      \
.     /        `  .       〈         /K´      、   ∨∧.    ∨∧        ’,
   ,′              `  .   / `ー-、___彡" |      ‘,  ∨∧ , ⌒ヽ∨∧         ',
.   '                ` /     /       |         ‘,   ∨∧ ‘, ∨∧        ∧
   i                    /     /        ,|         i   ∨∧ ‘, ∨∧      //∧
   |                 ∧    ,/         _彡'|         |,     ∨∧ ‘, ∨∧    ///∧ 
ギルガメッシュ
原作・出典元 Fate/stay night
性別
愛称・呼び名 英雄王 ギル 我様
一人称 我(オレ)
性格 傲慢
特徴 紅眼 髪も鎧も金ぴか
口調 尊大
備考 アーチャー(第四次)
クラス無・AUO(EXTRA/CCC)
  

ギルガメッシュは、TYPE-MOONの伝奇活劇ビジュアルノベル「Fate/stay night」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「ギルガメッシュ(Fate)」も参照のこと

概要編集

第四次聖杯戦争で召喚された弓兵クラスのサーヴァント。その正体は人類史最古の王たる英霊「英雄王ギルガメッシュ」。この世の全てを所有したと言われ、あらゆる宝具の原典を所持している。外見も能力もゴージャス。最強サーヴァントの一人(後述)。本来ありえない八人目のサーヴァントとして第五次聖杯戦争に乱入した。

自分を全ての人間の頂点に立つ王と考えているため、性格は非常に傲慢で尊大で、他者を「雑種」と蔑む。敵対者どころか自分のマスターだろうが容赦しない危険人物。一方で気に入った者に対しては対等な口調で会話してもさほど気にせず、咎めもしない。蒐集家気質の持ち主であり、珍しいものを見ると何かと自分の物にしたがる傾向がある。聖杯そのものに託す願いは無く、むしろ聖杯戦争に集まる人物に興味を示す、尤もお眼鏡にかなう人物はそう多くない(代表的なのが言峰綺礼セイバー)。

力と正義で人々を救う英雄である。人類の裁定者であり守護者で善性の存在だが、そのジャイアニズムは常人には理解し難い。王としてのありようがセイバーとは全く異なり、第四次・五次を通じて敵対する事になる。

慢心王と揶揄されるほど、おのれの実力に慢心しきっており、常に油断しっぱなしなのが彼の最大の弱点である。自覚はあるが「慢心せずして何が王か」と言い放ち、改善する気は全くない。

宝具は彼が生前収集していた物品を収めた「蔵」である『王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)』。アーチャーゆえに、宝具の原型となった“武器”を展開し、雨あられと射出し蹂躙する戦い方をする。相手が有名な英霊であればあるほど、所持する武器から弱点を突け、有利になる『英雄殺し』である[1]。信頼する隠し武器に『天の鎖(エルキドゥ)』がある。
もう一つの宝具は「乖離剣エア」を威力全開で放つ『天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)』。

セイバーには上から目線で求婚しているが相手にされていない。第五次アーチャーのことは「贋作者(フェイカー)」と蔑視している。衣装は黄金の鎧、または現代的なジャケット姿。年齢が幼くなった「子ギル」というバージョンもあり、こちらは青年時とは打って変わって礼儀正しい[2]。黄金の鎧装着時は髪を立てているが、それ以外の時は髪をおろしており、見た目の印象が異なる。

Fate/EXTRA CCCにおいて主人公のサーヴァントとして登場する。この作品ではアーチャーではなくなっており、クラスは無し。難易度チートと公式で呼ばれるその性能といわゆるきれいな英雄王をゲームで味わうことが出来る[3]。セイバーのいないこの作品で語った女性の好みは容姿では「碧眼」「金髪」で「スレンダー」、性格は「崇高な処女(おとめ)」。反面、男性に依存しているようで内心は利用する「女らしい女」は嫌いの模様[4]

慢心してこその英雄王であるが、仮にこの人が慢心を一切せずに聖杯戦争に臨んだ場合、単騎かつ2日程度で終了させられる程の反則じみた性能を有することを原作者が明言している。Fate/EXTRA CCCにおいても召喚した時点で優勝確定のスペックであり「最も優れたマスター」を選定するムーンセルの聖杯戦争にそぐわないため月の裏側に封印されていたという経緯を持つ[5]。たとえアルクェイドが相手でも相性面では有利といえるという。

やる夫スレにおいて編集

王様、金持ち、強キャラとして登場することが多い。敵として登場する場合、原作ほどチートな能力がある訳でないにもかかわらず、原作と同レベルの油断や慢心によって敗れるケースが多い。

原作ではセイバーに求愛するも相手にされていないが、「やる夫スレにおいては」彼女と恋人同士もしくは夫婦として登場することもある。

子ギルの方はAA数が少ないせいか、滅多に使われない。むしろ、その子ギルよりキョン子のような、いわゆる女体化バージョンのAAの方が大量に存在していたりする。

主な作品編集

脚注編集

  1. ただし彼はそれら宝具の所有者ではあっても使い手ではないため、真名解放などを「使いこなす」ことはできない。また、武器以外にも鎖だの空飛ぶ船だの極上の美酒だのが収まっている。ほぼ全能力を財宝に頼っているため、何かしらの理由で『王の財宝』が機能しなくなると途端に窮地に陥る。
  2. この状態における自分の青年期評価は「どうしてああなったのか自分でもわからないほど理解しがたいひどい人」。
  3. ただし、序盤は弱体化が著しい、スキルの燃費が悪い、選択を誤って機嫌を損ねるとあっさり殺されるなどと癖が強い。
  4. 彼の親友であるエルキドゥが死ぬ原因となった女神イシュタルを指していると思われる。
  5. 彼に比類する実力を持つ英霊は作中および設定上何人か存在しているが、その殆どが格が高過ぎて並みの魔術師では魔力供給はおろか令呪による制御すら不可能と言う代物。対して英雄王は魔力供給の負担が小さく、対魔力が低いため令呪による命令が効き、相性上絶対勝てない相手がほぼ存在しないため誇張でもなく誰がマスターでも勝ち抜ける。ゲーム中ではさすがにバランス調整されている他、やる夫スレの聖杯戦争では原作設定を無視した彼以上のサーヴァントが日常的に登場するが……。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。