FANDOM


      ノ                 /   /     ',
  ヽ‐'''゙       ___      i  ,,,/      ヽ、
    )         /  }G{  \     ー'´    ―x __  ヽ
   ノ      /______\       /){_)ノ:/ }:}、  )
   |     /   <=> <=>   \     〈:>/:>くノノ  /
  |     .|〔  ̄ ̄ 〈__人__〉 ̄ ̄ 〕|     .ヘ:::(G)/  /
  /     \ヽ    ` ⌒´    /NVVVVVVV\‐    (
  /  ./ ̄¨¨`ヽ二ニ=====ニ二彡\        \
 )  {/´ }┬ : :}://////〉\: ://<         `ヽ、
    八、_ノ...::/、{////⌒ヽ}{///</ /"" \ .ノヽ. \
      \_彡く__¨¨_ ... -‐厶二.._//, '〆    )  \ ヽ
      \___二ニニ二_丿〃 {_{   ノ   ― │i|
       {_.._....::∨/////|:....:}.レ!小§  (>)  (●) | ィ
         `ーミ\:..\///∧.くヽ レ §   (__人__)  | .:i
           ∨}:.....:ヽ//∧.:} }  >゜。  `ー'´ 。 ゚",::::L..-.ァ__,.、___,、 _..._ __,,.. --──=ス__,,. --‐ ニス
           人乂:. .:∨/丿':人  |::|.:, ∞  ∞ __ノ:::':":::;':::/::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   ,. -ニ-=ニ´
          {三][三]((G)[三]} /:::::ヽ     /::::::::::::::;:/:::_;;:-<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト、  K¨´ ̄
                      ,'::::::::::::l   /::‐‐--、:::::/:::::/--─……──---===-┘ `¨ ー ⊃
                      ,'i:::::::::Oi  /:::l:::::::::::::i:::/:/
ギャル夫は悪を剥ぎ取るようです
略称 ギャル夫ジョジョ
作者 ◆ZGVhibhzPQ
ジャンル 漫画
原作 ジョジョの奇妙な冒険
時代 西暦2000年
投下日 2010年7月31日
投下板 やる夫板II
状態 エター
最終投下日 2012年1月5日
話数 9話
主な登場人物 ギャル夫できる夫伊織順平相良宗介セイバーやる夫シックス
  

ギャル夫は悪を剥ぎ取るようですは、荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を原作とした漫画系やる夫スレ

作者は◆ZGVhibhzPQ。2010年7月31日から連載されていたが、2012年2月28日の作者の書き込みを最後に投下が途絶え、エター作品となった。

あらすじ編集

羽速できる夫の通う寂れた街の静かな高校、県立下良場高等学校に新年度早々、東京からの転校生・蝶梨州ギャル夫がやってくる。その日から、下良場町では様々な事件が起こり始め、静かだったできる夫の日常はその姿をがらりと変える。

概要編集

「ジョジョ世界にジョースター家の代わりにやる夫ファミリーがいたら?」というifストーリーのオリジナル作品。ギャル夫とその仲間達が、架空の町「下良場町」でスタンド使いが引き起こす様々な事件に立ち向かう姿を描く。

ジョジョ第四部『ダイヤモンドは砕けない』をイメージし「やる夫の奇妙な冒険第四部」を副題としており、また第四部に至るまでの物語の存在も示唆されている。やる夫が二代目ジョジョのジョセフ、ギャル夫が四代目ジョジョの東方仗助に相当するが、ジョジョキャラそのものはいない。ただしDIOのみかつて特例的に存在しており、第三部に当たる過去の物語で滅ぼされたとされている。

2010年当時としては革新的なジョジョスレとして話題になった。舞台、主人公の血統、独自解釈をふまえたアレンジ要素などは、従来のジョジョスレとは一線を画している。(当時のAA状況という制限はあれど)演出面でも非常に凝られている。当初は第四部を模していたが、悪役達が登場してからは独自色がどんどん強くなる。キリストと使徒をモチーフとしたシックス達との戦いが示唆され、雑談所で読者からスタンドのアイデアも募集していた。

一方で、ただでさえ癖の強いジョジョを独自アレンジしている事による強烈さは大きい。悪役達のキャラクターに非常に毒が強く、ドン引きするほどの生々しい邪悪っぷりや、また作者の露骨なディスを盛り込んだキャラ造形や普段の言動により、それなりに反発もあった。盛り上がりったものの投下頻度が落ちて最終的にはエター化した。

連載期間が原作のPart7終盤→Part8序盤とかぶっており、原作に対する言及やコメント等もみられる。

主人公は四人と宣言されている。ギャル夫、できる夫、相良宗介で三人。残る一人は女性とされていたものの、エターとなってしまったため不明のままである。

主な登場人物編集

主要人物編集

  • 蝶梨州ギャル夫 - できる夫のクラスにやってきた転校生。スタンドは「グラフィティ・ブリッジ」、物体の上っ面をシールのように剥ぎ取ることができる能力。
  • 羽速できる夫 - 下良場高校2年B組の委員長。中華料理店に居候中。物語の語り手。
  • 伊織順平 - ギャル夫・できる夫のクラスメイト。一般人。
  • 相良宗介 - 警察官。物騒なほど危機意識が強い。
  • 新速・デ・やる夫 - ギャル夫の祖父。寺の住職。歴戦のスタンド使い。
  • セイバー - ギャル夫の姉代わりの人物。イギリス人。剣士でありスタンド使い。

その他編集

外部リンク編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki