FANDOM


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ギム・ギンガナム
                     rv┐
                     |: : |
                    _   ノ::ノ
                /: : : `V⌒⌒^冖、_
           _/: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            r=彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       ノ⌒ : : : : : : : : : : ): : : : 从: : : : : : : : : : :)
  /⌒⌒: : : : : : : ::_:_: : : : {: : : :く  ⌒て: : : : : : (_
 ノ: : : :_:_:_:_:_: : : : :ノ:::::(:_:_:_乂八:(  l   廴: : : : : : : \
/: : : : /::::::::::::`ー=彡::::::::::::;;;;;:r' ヒrェュ〉 ムrェフ}: :人:: : : : ::}
: : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::人_Y       {   }ノ::::(:_:_:_:ノj
: : : : )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ー   _ 」  ヽ,::::::::::::::::::::::/
:_:_厂::::::::::::::::::::::::: /¨¨⌒^| ∧  - 一  /:::::::::::::::::::::f⌒ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::: /{   〈_|   \   ̄  / ̄ ̄\:::::::::::::::::ノ
:::::::::::::::::::::::__{. \  \}.     ー─イ\    \:::::::::/
:::::::::::: , <_  \ \   \  \     |.  \    ヽrく
:::::::://////\.   \ \  \     ′  ‘,     } |\
::::://////////\   \ \  \`ヽ ノ ̄ ̄ ∧   ′|//\
::://///////////\   \ \   \    ≠ }   / V/////\
:////////////////\.  `   \   \, /  /  / /⌒V////.∧
:{//////////// \//γ⌒>、 \ \   ,   /  / { 〃}//////{
:∨/////////////V {{ //}}.  \ \ ′ /  /   V少//////∧
:::∨/////////////V乂/__ノ     \ \ V /    ///}^ ̄ ̄\〉
ギム・ギンガナム
原作・出典元 ∀ガンダム
性別
愛称・呼び名 御大将
一人称 小生 私
性格 好戦的
  

ギム・ギンガナムは、アニメ「∀ガンダム」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ギム・ギンガナム」も参照のこと

概要編集

ムーンレィスの武門・ギンガナム家の頭領であり、月軌道艦隊(ギンガナム艦隊)総司令として首都ゲンガナムの守備を務める大男。侍を思わせる衣装に身を包んだ豪傑で、常に日本刀を携行している。眉毛が無く、目の周りを隈取り(風の影?)で縁取っている。ギンガナム家の伝統として、部下からは「御大将」と呼ばれている。

2,500年間、いずれ来る外敵に備えた演習を繰り返してきたギンガナム家の家風を体現するかのような武人であり、戦争狂の気がある。故郷たる月を守る決意は堅く、比較的穏健派のディアナ・ソレルにも忠誠心を抱いていたのだが、その性格を危惧したディアナがギンガナム艦隊を地球帰還作戦から外してしまった[1] ことでフラストレーションが爆発し、密かに工作員を送り込んで地球・ムーンレィス間の不和を煽っていった。

劇中後半、月にやってきたグエン・サード・ラインフォードを技術提供をエサにして抱き込み、地球・ムーンレィス連合に攻撃を開始する。実戦経験が無いギンガナム艦隊の中でも頭抜けた戦闘センスを発揮する活躍を見せたが、最期はロラン・セアックとの一騎打ちに敗れ、眠りにつくターンタイプ2機の繭に閉じ込められてしまった。

この御大将すごいよォ! 流石子安演じる 富野 キャラ!編集

傲岸不遜ながら冷静さは崩さないギンガナムだったが、終盤になると待ち望んでいた戦争にハイになったか、それとも乗機・ターンXの性能に感服したのか、異様なテンションで名言(迷言)を連発するようになっていった。富野由悠季監督の台詞回しを担当声優の子安武人が見事に演じきったこともあり、「ハイな戦闘狂」というイメージばかりが先行しがちなキャラクターになってしまった感がある。

以下、やる夫スレでも改変されて使われやすい台詞をいくつか抜粋する。

  • 「戦場でなぁ、恋人や女房の名前を呼ぶ時というのはなぁ、瀕死の兵隊が甘ったれて言うセリフなんだよ!」ジョセフ・ノットをいたぶりながら死亡フラグを解説する御大将。この時御大将の目は非人間的なまでに血走っていた。
  • 「このターンXすごいよォ! さすが∀のお兄さん!」ハリー達のスモーが放つエネルギーを吸収してしまうターンXに感動しながら。いきなり飛び出たフランクな表現に吹き出した視聴者は多い。
  • 「月光蝶である!!」:吸収したエネルギーを「月光蝶」にして炸裂させた際に言い放った謎の宣言。
  • 「おのれ!!(オ・ノーレ!!)」:∀と共に墜落しながら。発音がネタにされている。

やる夫スレにおいて編集

武人や軍人など「武」のキャラとして描かれることが多い。大抵は原作終盤通りの苛烈な言動で、ギャップ狙いのキャラ崩壊は殆ど起こさない。

ストーリー中での立ち位置は善玉、悪玉とひとくくりに分けられるものではなく、強いて言うなら善悪に関係なく我が道を行くタイプであることが多い。

主な作品編集

脚注編集

  1. わざわざ民兵組織のディアナ・カウンターを新設して地球に下るという、ギンガナム家全体をコケにしたととられても仕方がない行為だった。元はギムが武力侵攻を再三主張していた為だったのだが……。尤も外された一因に彼自身の言動もある為、評価は難しい。