FANDOM


                             ____
        _                   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     __|:.:.:|__    /\        _二二/:./_
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    \/   /\  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     二二l:.:.:.:l二二. ___     ./:.:.:.:/   ̄ ̄/:.:.:./ ̄ ̄
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|├:.:.:.|. _/:.:.:.:/      _|:.:.:.:|          __   __
      ̄ ̄|:.:.:| ̄ ̄ ├:.:.:.| |:.:.:.:.:.:./      |:.:.:.:.:.:. |       ,  ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶:.:.:.:.:.ヽ
           ̄        ̄    ̄ ̄          ̄ ̄      /:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.|
                                         /:.:.:.:.:.:./|:.:.;ハ:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:..'.:.:.:.|
     二二二  │                        }:.:.:.:i:./ |:/ |/__}:.:.i:.:.:.:.:.:.:l:.:.:|
      ── ─┼─                        ヘ从|/二  __ト:.|;イ:.:.:.:.l:.:.:|
      ──   │                             ¦:.| し   し |V:.:|_:.:.:/ :. |
     ┌─┐  │                             |:.|        .|:.:.:.| ;レイ :.: |
     └─┘  │                             |:.ト、      .|:.:. |´ :|:.:.: |
       ──┬──                     . ´ ̄ ̄ ̄`ヽ ̄__. イ|/Ⅵ__ |:.:.: |
     │  ┌┼┐  │                    ∠ --   -―-  \   __r='::::: `ヽ:.:|
     │  ├┼┤  │                   / , --、    , --、   ヽ´ :::::::::::::::::::::: '.|
     │  └┴┘  │                   ,  凵     凵     '::::::::::::::::::::::::::::::l
     └─────┘               |  `¨イ    ヾ¨¨´    !::::::::::/:::::::::::::::〉
       ____                 !   (_,、 _)      ト、_L::-―イ
      \ \  /                 '_.   └─┘    _∠r<⌒ーへ:::|
      ┐|二|二二|                 ノ  `ヽ__.. -―イ./   V  丶:::::::::::/
      │|─|──|                {__ヽン:::}       _LLl_//ノ_,ノ_:/
      │|  | \_|                /::::::::::::ゝ._ .. -― ´:::::::::::::::::ヽ_rハ
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                  |::::::::::::::::::::::|:O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::L_| |ノ\
          ─┐                 |::::i:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::}:::::::::::::::ヽ
      | /  |                    ,j::::|::::::::::::::: |:O::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::l
      l/      |                    }:::::|::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::|:::::::::::::::::::ト、
              /                    !:::::|::::::::::::::: |:O:::::::::::::::::::|:::::::::::::::: |:::::::_r 、:ノ }
       ──‐′                  !:::::|::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::: | ̄    /
キョン子計画通り
作者 3ping ◆YQkiyJtWFQ
ジャンル 恋愛 ホラー
原作 オリジナル
投下日 2013年3月16日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2013年4月6日
話数 3話
主な登場人物 キョン子やる夫
関連項目 佐々木計画通り
備考 ヤンデレ
  

キョン子計画通りは、オリジナルの中編やる夫スレ

作者は3ping ◆YQkiyJtWFQ。2013年3月16日から4月6日にかけて連載された。

概要編集

一見すると、少女の幼馴染の少年への想いを描いた恋愛作品。だがその実体は、少女が恋愛感情を原動力に異能の力で周囲の人達を次々と手にかけていく不条理ホラー作品である。登場人物や命名は「未来日記」に由来するものが多い。

タイトルの由来はもちろん夜神月の名シーン「計画通り」。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki