FANDOM


Fateシリーズ > Fateシリーズの登場人物一覧 > キャスター (Fate/Zero)
 `ヾ: : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :. ヽ,_
: /: : : : : : : : : : : :-======≪: : ‘:, : : :}: : .  \
`ヾ: : : : : : : : : : ィ彡'"´      \ : ‘; : :j: : : : : '.
/: : : : : : : : : : : ニ=-           \:}: :./: : : : : :'.
: : : : : : : : : : : 彡″             \/: : : : : :  〉
: : : : : : :/⌒ヽ: :/    |       :、  、    `ー―‐┐: : :/
: : : : : :.:/ ,ハ V/   ┴- 、     \ ヽ         |: : ハ
リ : : : : : {  (} リ  冫´ ̄ `ヽ      \}   /   {: :> ´
:|: : : : : ハ       { ,仔ハ   :,      ゝ '' / ´   リ
‘,: : : : : :ハ      、乂;ツ  } ゝ   / /       '.
:.:|: : : : : : ゝ      ヽ.,_,.ィ / /    〈_,,.. -‐ヽ/.:ハ
/:ヽ: : ://:/ |         /   {    / /   ,.rァ:.:!.:.:.:.l
: : :‘:,: / j/   i|                /  :,  {;ツ:.:.:i.:.:.:.:|
: : : :.:ヾ′ |   .! 、   \       、  /  /   `¨/> .,i.:.:.:.:|
: : : : : : :\     i  :,     ヾ::、    \__/     /: : : : :j`ヾ:.!
: : : : : : : : :.\  j   ′     \:≧ュ..,__     /: : : : : :,′: :j   
: : : : : : : : : : :.:\   \     `<__,::ア´/: : : : : : : /: : : .′ 
: : : : : : : : : : : : : :\   ヽ   \__   /: : : : : : : : :/: : : :.,
: : : : : : : / ̄ ̄ ̄`ヽ   丶      /: : : : : : : : : :/: : : : /、
: : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   \__/―- 、: : : : : : :/: : : : /:::::\
: : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\: : /: : : : イ:::::::::::::\
: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\: : : /:::::::::::::\::::::\
キャスター
原作・出典元 Fate/Zero
性別
愛称・呼び名 青髭の旦那
一人称
性格 正気を失っている
特徴 蛙顔
口調 貴族的だが残虐
備考 マスター:雨生龍之介
  

キャスターは、Fateシリーズのスピンオフ小説「Fate/Zero」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「ジル・ド・レェ」も参照のこと

概要編集

第四次聖杯戦争において、イレギュラーなマスターである雨生龍之介に召喚された「魔術師」のサーヴァント。カエルめいた風貌をした長身の男性。英霊の中でも英雄などに打ち倒される側である反英雄。

真名はジル・ド・レェ元帥。ジャンヌ・ダルクと共にフランス王国を救った英雄だが、ジャンヌが魔女として処刑されたことで発狂、何百人単位の子供殺しを始めとする数々の残虐行為を行うようになった。シャルル・ペローの童話「青髭」のモデルと言われている。

女性騎士のセイバーをジャンヌと誤認識しており、聖杯そっちのけでセイバーを追い求める[1]。龍之介と共に子供の誘拐殺人を繰り返した事で、聖杯戦争の監督役からマスター達に対して褒賞付きの討伐依頼が出された。

作中では龍之介の価値観にキャスターが感銘を受けたりして息の合ったコンビを組んでいるように見えたが、実際のところはまるで噛み合っておらず、ほんの少しの認識のズレで龍之介を殺していたかもしれなかったらしい。活字の原作Zero、グロ演出控えめのアニメZeroに比べ、特に漫画版Zeroでは彼と龍之介の残虐行為のえぐさが増している。

宝具「螺湮城教本(プレラーティーズ・スペルブック)」により魔術の行使や異界の魔物を無尽蔵に召喚することができる[2]。本来、生前は神秘とほとんど縁が無く、キャスターとして不適格な彼が召喚されたのはこの本のお陰[3]。他にも彼のキャラクターデザインにはクトゥルフ神話の要素が採り入れられている。

正気を失っているものの、海魔の無尽蔵の召喚による物量攻撃でセイバーやランサーを苦しめたり、立地的に露見しにくい箇所に拠点を定めるなど、フランス元帥としての軍略は健在。

Fate/Grand Orderにおいては、発狂する前の彼がセイバー枠で登場。やや痩せぎすの色男。まだテンション低い時代。通称「きれいな旦那」。極めて真っ当な好人物であるものの、言動の所々にいずれ魔道に堕ちることが示唆されてる。宝具は防御力が低下する代わり自身の攻撃力を上昇させる「神聖たる旗に集いて吼えよ(セイント・ウォーオーダー)」。

主な作品編集

脚注編集

  1. かと言ってセイバー顔なら誰でも良い訳ではなく、セイバーエクストラには別作品で「清楚さが足らない…と言うか無い」と明確に駄目出ししている。どうやら魂の形が似ているかどうかがポイントとのこと。
  2. 虚淵玄によるアレンジが加えられているものの、「ルルイエ異本でクトゥルフを召喚する」という認識でだいたいあってる。
  3. キャスターとして召喚されるには魔術、あるいはそれに類するスキルがAランク以上で必要。原本と比較したら激しく劣化した写本なのだが、それでもA++と言う破格のランクを持つ。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。