FANDOM


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > カテジナ・ルース
                   _____
                   /  .>´   ̄二ニ=ュ、
                  / .>'´   _  -‐  ̄ `'ー―一 、
                  /  , '   >'´               ヽ
            /   ./  /                  `丶、
              /    i.>'´                    \``
          /    /                         ヽ,
.          '    / .,イ     / / i  / /  ./ l       i. ム
         ,'     l / ,   , /l/ーャ.、l/l/,l  / .!l! .l    :i lヽ. .i
         /    /l/l/l   l l `丶 壬ヘi>‐`ー l ./ -‐i l  l    ハ l  l l
          /     .ム'"` l   l l´ ̄ ` ー′   .l// rャ、.l ./ / , l レ'  l'
.         /     .i < ヘlヘ.  lヘl             ∨ ヾソ,l/ / ./
        /      ヽ. >-‐ <ャ、ヘ              > <ィ.'´l/
.       /       / l  。O.l  `         ´    l
     , '         ,/i 人__.ノ      ヽ ー .、     /
    /        /i/ .l    i  .、      ` 一 ’  / i
-‐≦        // /i.    ',__ \          /ーt'’
.  ____ /./ /. l    ∨  ̄ ̄ハ     /  i:ハ.
 ̄>'´ ̄  ̄`丶、〈  !     ∨    i≧‐- イ,‐ャ   ヽヘ
/           ヽ. iⅥ    ∨   ハ  /  /  l     \
             'マ∨     ∨     Ⅷi /  ∧     ヾ` ___
`ヽ、              i: ∨    ∨i℡ュ、∨:/  / ∧    \       ̄ ヽ.
   `ヽ、         r'´i  l .ハ   ムl三三三三三三iヘ     \    ,. -- ヽ
 __  `ヽ、      l .l ノi/ l    l ̄ヽ三三三三三ヽ,  、  \ /  `<ハ
    `丶、 ヾ    l /     l    l   ∨三三三三r'’\ \  \     ハ
カテジナ・ルース
原作・出典元 機動戦士Vガンダム
性別
愛称・呼び名 カテジナさん、カテ公[1]
一人称
性格 潔癖症、苛烈
特徴 金髪
口調 丁寧語、時に乱暴
  

カテジナ・ルース(Katejina Loos)は、アニメ「機動戦士Vガンダム」の登場人物。

ウィキペディアの項目「カテジナ・ルース」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「カテジナ・ルース」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「カテジナ・ルース」も参照のこと

概要編集

主人公ウッソ・エヴィンのペンフレンド。地球のウーイッグという特別区に住む、上流階級のお嬢様。

登場当初はウッソが熱を上げている優しいお姉さんという立場にあったが、その実家庭を顧みない父親と浮気をしている母親への反発から、潔癖症な性格をしていると共に鬱屈した思いを抱えている。故郷ウーイッグがザンスカール帝国の攻撃を受け、避難の過程でレジスタンス組織「リガ・ミリティア」に保護されるが、そこで子供を戦場に送る大人たちにも嫌悪感を抱く。そうした感情はクロノクル・アシャーに囚われの身となったことでザンスカール帝国の主義に染まるという形で発露し、パイロットとしての適性を見出されてからは完全にウッソ達の宿敵としての立場を確立してしまう。

しかし、慕っていたものの次第に幻滅するような面を見せていくクロノクルや、敵として何度も立ちはだかり邪魔をするウッソらによって感情をかき乱され、徐々に情緒不安定になっていき[2]、乱暴な口調や冷酷で高慢な態度が目立っていく。その例として「ウッソとクロノクルが殺し合うのを笑いながら眺めて煽る」「ウッソを動揺させるため水着の女性兵士に特攻をかけさせる」「降伏したフリをしてウッソを刺す」など、狂気がかった活躍をしていった。

最後までウッソの敵として戦いを繰り広げ、敗北。命だけは助かるものの、全ての立場、記憶とほとんどの視力を失い、一人故郷ウーイッグへと帰っていった。

やる夫スレにおいて編集

原作での狂気がかった言動から恐妻役、ヤンデレなどで起用される。または戦争狂などの戦闘を行う立場で登場することも。

彼女本人は出なくとも、スレでおかしな事態が発生した時に主人公ウッソの台詞を取って「おかしいですよ、カテジナさん!」という合いの手が入れられることがある。

主な作品編集

脚注編集

  1. ことぶきつかさのギャグ漫画「いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!!」内で「カテ公」呼ばわりされたことから。
  2. 本編では特に言及されていないが媒体によっては強化人間となる処置をされていると描写され、こうした言動・行動は強化の影響であるとする説もある。