Fandom

やる夫 Wiki

エリオ・モンディアル

5,793このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
               /: :レ‐: '' :_ ∠ ___
          _{: :/: : : :´ : : : : : : <
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
         /: :/:. : :.| : : : : : : : : : :、 : : <⌒
     ∠: -ァ: : : : : :∧: : : : : : : : : : :\ : : \
       /: :/: : : :/: ∧:. : :.|: :l :、 : :.| : V :x- ゝ
        |: / : : : r≧<ヽ : |>≦V:.|_: :「 ̄
        |∧: : :|: { Vzリ \{ Vzソ |: | }: |
          ヽ: :|:∧   ' _    |/イ: /
          ∨ハ: > 、   _ .イ:/ V
            _ >‐{_` ´ ト、′
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ./:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.∧
     ./:.:.:.:.:.:..:.:.:∨:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.∧
   /:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.∧
  〈―‐ x:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.∧
    \:::| \:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:..:ノ
エリオ・モンディアル
原作・出典元 魔法少女リリカルなのは
性別
愛称・呼び名 エリオ
一人称
性格 素直で礼儀正しい
特徴 赤いツンツン頭
口調 丁寧語
備考 保護者:フェイト・テスタロッサ
  

エリオ・モンディアルは、アニメ「魔法少女リリカルなのはシリーズ」の登場人物である。

ニコニコ大百科の項目「エリオ・モンディアル」も参照のこと

概要編集

第3期「魔法少女リリカルなのはStrikerS」から登場。本編登場時は10歳。真面目で礼儀正しい常識人。フェイト・テスタロッサが保護責任者になっている少年。

使用デバイスは槍型のアームドデバイス「ストラーダ」。フェイトと同じく電気の魔力変換資質を持ち、電撃系の魔法を主に習得している。その他特技として感覚が非常に鋭敏で、地上から地下水道の異音を聞き取れるほど。

ミッドチルダの富豪・モンディアル家の子息。ただし本物の「エリオ・モンディアル」は既に病死しており、彼はそのクローン体である。違法に造られたクローンである事実を突き止めたどこかの研究機関の人間によって両親に捨てられるような形で引き離されたこと、囚われた研究機関によって非人道的な扱いを受けたことから重度の人間不信状態に陥り、荒んだ心になっていた。後にフェイトによって救出された時、フェイトの身体を張った説得をきっかけに徐々に立ち直り、今の優等生的な性格が形成されている。キャロ・ル・ルシエとはフェイトに保護された者同士の兄妹のような関係ではあるが、前述の経緯から「StrikerS」本編開始まで直接の面識はなかった。

スバル・ナカジマと同じくかなりの大食い。また、ラッキースケベの素質を持ち、キャロと初対面の時に転倒したキャロを受け止めようとしてうっかり胸を触ってしまったり、ドラマCDなどではまだ子供なので女性陣と一緒にお風呂に入れられたりする。

続編「魔法少女リリカルなのはVivid」「魔法戦記リリカルなのはForce」では大きく身体が成長し、青年と呼べる体格になっている。

主な作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki