FANDOM


アーマード・コアシリーズは、フロム・ソフトウェアがリリースする3Dメカアクションゲームのシリーズ。

ウィキペディアの項目「アーマード・コアシリーズ」も参照のこと

概要編集

胴体(コア)・手足・内装・武装を自由に組み替えることのできる機動兵器「アーマード・コア(通称AC)」を操縦するカスタマイズメカアクションゲーム。プレイヤーは「レイヴン」や「リンクス」と呼ばれる傭兵パイロットとなり、仲介組織を通して各団体からの依頼をこなしていく。機体修理費や弾薬費は全て自分持ちとなるため、カスタマイズ要素と合わせて一種の傭兵シミュレーションゲームとしての側面も持ち合わせている。

作品によって差はあるものの「国家が衰退して企業体が実権を握った世界(地下都市、火星開拓地、企業管理都市など)」が世界観の基本フォーマットである。演出路線は一貫してリアルロボット寄りで、ストーリーに関しては多くのフロム・ソフトウェア作品と同じく、あえて詳細を語らず、細部はプレイヤー各人の脳内補完に委ねるスタンスを貫いている。キャラクターグラフィックは一切存在せず、主人公の性別すら不明な作品も多い。このため想像(妄想)の幅が非常に広く、重篤なファンは「目についた物を手当たり次第に伏線として考えを広げる」「少ない素材からとても深い考察・創作を行う」といった遊び方を始める(「フロム脳」と言われる)。

高難度ではあるが、一度操作のコツを覚えると抜群の爽快感を味わえ、世界観にものめり込みやすい。コンシューマゲーム機のロボットシミュレーションとしては、世界で最も普及している人気シリーズである。

登場人物・メカ編集

やる夫スレにおいて編集

出典元として編集

前述の通りキャラクター像がこれっぽっちも描写されないため、必然的に出典はメカニックのAAに限定される。ただしACは原作中からして派手に動かず、動きのあるAAも多くないため、戦闘に使うには工夫が必要。大規模な戦闘シーンではMTと呼ばれる雑魚メカのAAが引用されることもある。

また、ファンの創作によって生まれたキャラクターも密かな人気を集めている。

作品の動向編集

ゲームとしての人気は高いが、やる夫スレにおいて完結に至っているものは4系の2作品のみと非常に少ない。

自由な想像が楽しめるということは、やる夫スレ化に際しては作者にもそれなりの技量が求められるということである。シリーズでは珍しくストーリーの軸がはっきりしている4系はまだしも、それ以前の作品はどれも作者の自由裁量面が大きく、イメージに反して手を出しにくい事情がある。

スレッド一覧編集

アーマード・コアシリーズスレの一覧
元作品スレッド名作者URL備考連載期間
3 積層地下都市のワタリガラス ◆AC3.hePeo2 エター 2012/09/21 -
サイレントライン やる夫がレイヴンになるようです。 X ◆Cy/9gwA.RE やる模 エター 2009/12/05 -
ラストレイヴン やる夫は24時間を生き抜くようです。 ゴミナント ◆EuIEJpojhY エター 2011/05/05 -
4 やる夫がアナトリアの傭兵になるようです ◆kfkPGx2ozU 俺とやる夫の理想郷 完結 2010/02/11 - 2010/10/10
ラストレイヴン・アナトリアの傭兵 ◆lVxLWcrCdY やる模 エター 2010/03/05 -
やる夫はロケットで衝きぬける ◆n36yo0..CE やる模 エター 2010/09/12 -
ナイン・ブレイカーズ ◆QYW/6Vkr5Q エター 2011/09/01 -
フォーアンサー やる夫がリンクスになるようです ◆ACfA//l7ic [1]
(文字化け未対応)
エター 2008/11/22 -
やる夫がリンクスになるようです ◆ARirpFs2Fs エター 2009/07/03 -
やる夫は首輪で繋がれるようです ◆kfkPGx2ozU やる模 完結 2010/12/23 - 2013/02/08
VERDICT DAY やるやらとほむらの叛逆の物語 ゲイヴン" ◆TUQBwFbAp2 やる夫エッセンシャル エター 2014/05/11 -
オリジナル やらない夫は鴉殺しと呼ばれるようです ◆kfkPGx2ozU やる夫が人生でいいじゃない エター 2015/02/26 -

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki