FANDOM


Fateシリーズ > Fateシリーズの登場人物一覧 > アーチャー
                _     ,、lヽ
                ヽ`゙ヾ`゙゛ヾ ヽ ヽ、
               , -‐'"     、   lヽ、
              `゙/     _, 、_ヽ   l //l
               /.     l   `ヽノ_ , '
             ∠,   /`゙゛‐-、_     l l
              / ,-,/ 〈l;d`゙ヽヽ  __`l
             '"/l`i    ̄  `゙ lrr、/
              ヽヽ        l`゙/
               ll'ヽ    __  ' , '
              _l__ ヽ、    /
             /:::::::::├┐ヽ _, '_n
     , -――――,'"`゙‐―┴/ ̄ ̄`l;;;l:l_
    l" ̄ ̄ヽ 、::::ヽ:ヽ::::::::::ヽ:::::::l―-┘ヽ-,:l―- 、
    l:::::::::::::::::::::::::ヽ::ヽ::ヽ::::::::::i'`i:l;;;;ヽ:::ヽ'::::ll:::::::::l:l::`ヽ
.   l::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/::::::,‐-ヽ'"`i======rヽir,ヽl::::::l
   l::::::::::::::::::::::::::::::/::/::::::::::`゙゛i~i'"l;;;;;;;;;;;;l::l;;`ll il':::l:::::l
   /:::::::::::::::::::::-‐、l:/:::::::::::::::::::l l l';;;;;;;;;;;;;;;l:l;;;;;l_lヽ::l::/
アーチャー
原作・出典元 Fate/stay night
性別
愛称・呼び名 アチャ男
一人称
性格 皮肉屋 キザ 現実主義者 お人よし
特徴 白髪 ガングロ
備考 マスター:遠坂凛
  

アーチャーは、TYPE-MOONの伝奇活劇ビジュアルノベル「Fate/stay night」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「アーチャー(Fate%2Fstaynight)」も参照のこと

概要編集

第五次聖杯戦争において遠坂凛によって召喚された弓兵のサーヴァント。イメージカラーは赤[1]

徹底した現実主義者だがお人よしな所を隠しきれない、子供臭く憎めない性格。何かと説教や皮肉が多く堅物であるが、それは相手を思ってのこと。[2]本人は否定したがるが、家事全般が得意。頼れる背中がキラリと光る漢。その背中は彼の送った数奇な人生を物語る[3]

主な武器はその名の通り弓による遠距離攻撃と、視認した剣を登録し、それを複製する固有結界「無限の剣製」、そこから派生した投影魔術を用いた戦術を駆使する。大技としては、イメージから実体化させた剣を弓で砲弾として発射し爆発させる。接近戦もこなし、主に「干将・莫耶(かんしょう・ばくや)」という夫婦剣による二刀流を好んで用いる。他のサーヴァントと比較して基礎スペックに劣る面があるためか、戦いにおいては必勝の策を持って臨む[4]

何かしらの因縁があるのか、衛宮士郎を敵視している。ギルガメッシュからは「フェイカー」と蔑視されている。

『Fate/EXTRA』にも登場しているが、真名がFate本編と異なり「無銘」となっている。そのため別人や平行世界の同一人物と思われていたが、ファンブックで本編と同一人物であると判明している。こちらでは本編で持っていた目的がないためか、性格が丸くなった印象がある[5]。だが用語辞典ではほぼ同一存在(同一人物ではない)ともされている[6]

やる夫スレにおいて編集

原作に近い役割を与えられ、歴戦の戦士や優れた将軍、部隊長と言った役割を担うことが多い。戦士役以外では、鍛冶師としての起用がある。

現実的で比較的常識的な性格な為か、ぶっとんだ性格の面子の中に放り込まれ苦労人ポジを任せられる場合もしばしば。その一方で飯ウマキャラやギャグキャラとして登場することもある。凛とカップリングされることが多い。

また、彼と深い因縁がある士郎が同じ作品に出る場合は兄弟、兄貴分など、何かしらの関係を持っていることがある(士郎が登場しない作品の場合、アーチャーが「衛宮士郎」の名で登場する場合もある)。

彼が仲間を逃がす時間を稼ぐために敗北必至の敵と戦うことになった時の台詞「ああ、時間を稼ぐのはいいが――別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」は、死亡フラグの一つとしてしばしばネタにされる。

主な作品編集

やる夫Wiki内で「アーチャー」を検索

脚注編集

  1. マスターである凛と同じ。
  2. ただし、男女の関係に関しては「法律に反しないかぎり、男女交際は積極的に行うべきだ。 人間だって動物なんだから、そこは仕方ないだろう」とか「可愛い子なら誰でも好きだよ、オレは」 などイケメンでなければ許されないであろう台詞を天然で吐くギャルゲ主人公気質。そのためか派生作品では何かと女難の相が絶えない。
  3. 背面のみと言う、他のゲームではあるまじき立ち絵を持ち、AAにおいても背中を向けたものが多数存在する。
  4. 具体的に言うと士郎がマスターなせいでワンランク能力が落ちているセイバーより、更にワンランク以上格下。英霊としても、才能に欠ける反面の器用貧乏を努力で錬磨したタイプの戦士とされている。
  5. 本編において憎しみを吐露していた自分の過去に対して「アレはアレで楽しかった」と述べるなど、原作を知る人が驚くような発言をしている。
  6. 元となった人物は同一であるも、Fate本編は固有の真名持った英霊の座にある英霊で、EXTRAのアーチャーは人々のために戦った無名の正義の味方の代表格と言う側面で現界している。例えるなら全く同じ機能を持つプログラムであるが、ファイル名とインストールされているPCが異なるようなもの。

関連項目編集

  • 遠坂凛 - マスター。
  • 岸波白野 (男)岸波白野 (女) - 『Fate/EXTRA』シリーズにおけるマスター。
  • アチャ子 - 衣装の似た派生キャラクター。元々は女版アーチャーとして描かれた一発ネタ(後に別人と設定された)。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki