FANDOM


          r--、_
        r´<ヽ、)
        `「 '  /
        `!  ヘ
.           l   !
          l   l
            l   ヽ、.._
           l   ヽ ヽ、
             lヽ、_   !  l`i         ,..---、
            `!. `ヽ....ソ´ !        _,ィ´`ー、 `ヽ
.             l          l       /ツ ......  ゝ.  !
             l       l    /` - '``  .!   .!
           l       l-‐、 ,!⌒ヽ l   ./   ,!
             l      /_ ノY `ー‐' '   '⌒) ノ
             l    ,../ ./´ ,ゝ、_    _,.=ニ´ l´
             l   r'-、ヾ,/  l_,..ニ=‐'´.    ̄!
              l r´`   li,r'"´       _,...-‐┤
               ! ヽ.   ,!     _,.-‐''´     ヽ、
                 l.l/ヽ  ,!、__,.r '´           ヽ
               i´,∧ /  `ー、              l
               ll l. ∨      `'´          l
               l'´  /                     l
                 /l ,ィ´                  l
            (/ l'´                     /
アントニオ猪木
原作・出典元 実在の人物
性別
愛称・呼び名 イノキ
一人称 俺、私
性格 体育会系
特徴 しゃくれ顎
口調 「ッシャア!」、「~だコノヤロウ」等
  

アントニオ猪木(アントニオ いのき)は、実在の人物。日本のプロレスラー。本名「猪木寛至(いのき かんじ)」。

概要編集

故・ジャイアント馬場と並ぶ、日本を代表するプロレスラー。横浜で生まれ育つが、幼少期に一家をあげてブラジルへ移民。そこでブラジル遠征中の力道山の目にとまってスカウトされ、プロレスラーとしてデビューする。

プロレスを引退してからも、その強烈なキャラクターで露出を続けている。特に「元気ですか~!」「元気があればなんでもできる」という挨拶、「迷わず行けよ、行けばわかるさ」で締められる引退スピーチ[1]、そして、「1,2,3」と数えた後に拳を突き上げ「ダーッ!!」と叫ぶ決めポーズはよく知られている。

正統派のプロレスを堅持する馬場に対し、猪木は異種格闘技戦などの奇抜なアイデアで世間にアピールを続けた。また、プロレスのみにとどまらず、様々な事業に手を広げており、「スポーツ平和党」なる政党を結成し参議院議員になったこともある。政治資金規正法違反、脱税疑惑等で再選を逃したが、2013年7月の参院選で、日本維新の会から出馬して当選。再び政界に返り咲いた。

非常に有名な人物であり、プロレスに興味がなくても、その名前と持ちネタだけは知っている、という人も多い。有名人であるだけに、様々な漫画でパロディキャラが作られており、『浦安鉄筋家族』の国会議員、『バキシリーズ』のアントニオ猪狩、『餓狼伝』のグレート辰巳等がその代表格。本人のAAが少ない時は、それらパロディキャラのAAが代用される。

主な作品編集

脚注編集

  1. このスピーチは、清沢哲夫の詩を引用したもの。猪木自身は一休さんの言葉と誤解していた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki