FANDOM


            __ .____
           , ‐´:::::::,`',,''     `‐、
         /;;;;;:::::;;, /';'     ,゙゙'::::::::\
       /:::;;;;;ミミ; /      `゙';;:::::::::::ヽ
       /;;;;;';ミミミツ/;;;';';'';'';;''ヾ,'::::`::::::::::::::::}
      /:; ;::,__、,_____,:;:::. ;::::::::::::;'i
      i::; ;;::i          ゙|::'::. ;__;,-',‐;
      /;; ,: :{──────‐‐{;;;::, ;:ヽ‐'´::::ヽ
     /:. ;;':{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:::: ::::`;::. `::::;゙i
      i;;, '' ,;:|____,..、____゙l;;,_ :::::. :::, :::::i゙       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /,,;'::';:l;`‐゜‐';i ;;;;;`ー゜‐';;;;;|:: `; `;;;::::`:::゙i    < ん?間違ったかな?
      'Y ;:::::゙i  ::::::l        {;;;_ ゙'゙゙:::::,';:: ::゙-,    \_______
.      / ,;; ';:゙i ::::::l         |::゙'';;;;.:.::::`;::.`::;;ゝ
      `'i;; ';:::゙i :::{__,,,ゞ ,    ,|;, ::;;;;`''::;':::`::::;;ゞ、_
.     _,‐´`ー!、 ;゙i, ¨ニニ ̄   ,‐':{:::';::::'::::::::',,,'''';;;;'    ̄ ̄
.   /   /`i; ;::゙、 '''    _,‐'::::::{;;;;:`;::.:::::::::;;ヾ_,,゙
  /    / / `i;:::゙;,_  ,,/:::::::  /`'';;:. ;;;;:ヾ ''''
       /  |  ゙ ソ;;''' ̄:::::::::::   i゙::::::' .::::'''ヾ
アミバ
原作・出典元 北斗の拳
性別
一人称
性格 自称天才
特徴 ヤブ医者
備考 関連人物:トキ
  

アミバは、漫画「北斗の拳」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「アミバ」も参照のこと

概要編集

「もう一度言う、おれは天才だ!」

南斗聖拳の元修行者。どんな拳法でも誰よりも早く習得できる「天才」だと自称するが、誰からも奥義を授けられず、様々な流派を渡り歩いていた。ある日、北斗四兄弟の次兄・トキが癒し手として活躍する「奇跡の村」を訪れた彼は、治療を待つ老人に無理やり秘孔術を施すが逆に悪化させ、トキに張り倒される。

ちっぽけなプライドを傷つけられたアミバはトキを逆恨みし、彼の名を貶めるため、トキに成りすまして他人を拉致し、捕虜を「木人形(デク)」と嘯いて秘孔研究の人体実験に供した。実際に幾つかの新秘孔を見つける成果も上げたが、遭遇した木人形狩り部隊からトキの変貌を聞きつけたケンシロウに追い詰められる。トキの名を出したり人質を取るなどする汚さで立ち回るが、最期は両手を吹き飛ばされて秘孔を押せなくなり、「北斗残悔積歩拳」で勝手に動く自身の体を止められないまま爆死(北斗無双では転落死)した。断末魔は「うわらば」。

流石にケンシロウには及ばなかったとはいえ、拳法家としては水準を超える戦闘能力を持ち、独力で北斗神拳の技を習得するなど、確かに「天才」の素質は備えていたとも言える。惜しむらくは本人の性根が腐りきっていたことか。外道悪役でありながらファンのハートをがっちり掴み、人気は高い。

ネット時代以前、アニメ中心読者参加型の闇鍋創作雑誌「ファンロード」において、長らくネタキャラとして語り継がれてきた歴史がある。定着した理由については諸説ありよくわからないが、冗談めかして「アイタタタな天狗ぶりが、絵描き中心の創作者たちの琴線に触れた[1]」「自分の渾身の投稿ネタをボツにされた気持ちがリンクしたため」などとも言われる。

やる夫スレにおける扱い編集

戦闘役としての起用は少ない。むしろ自信満々で施術に失敗し、苦しむ患者を診ても「ん?間違ったかな?」の一言で流すシーンからヤブ医者として起用される場合が多い。稀に本当に腕の良い場合もあるが、木人形として扱われる場合もあるため、いまいち彼の治療は信用がおけない。ある意味、そういう(ネタ)キャラとして愛されているとも言える。

登場した彼はトキに成りすましていたため、トキの暗黒面として起用されることもある。

わかりやすい北斗キャラコンビとして、ジャギと一緒に登場することがある。この両名は原作では(設定上は拳王配下となっているが)共に登場したことは無い[2]

主な作品編集

やる夫Wiki内で「アミバ」を検索

脚注編集

  1. 自分を天才と思うなら、まず原哲夫先生の画力と比べてみるがよい、みたいな。
  2. ファンの推測混じりとなるが、「ジャギに南斗聖拳を教えた人物」が明らかになっておらず、そこにアミバ説がある。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki